無人探査機ニューホライズンズが冥王星の初観測に成功・・・(米航空宇宙局)の報道。今後はそのデータから、謎に包まれた冥王星の姿が少しずつ明らかになりそうです。広大な宇宙の神秘が解き明かされる日も近いかも知れませんね。子どもの頃「水・金・地・火・木・土・天・海・冥」と覚えたことを思い出しました。一方では身近な出来事でも、地球の温暖化・三つの台風の発生、各所で火山の爆発と、大自然の営みの凄さに唖然とするばかりです。
そんな梅雨空の元、モミジアオイが真っ赤に咲き始め、傘をさして通り行く人々の足を止めさせていました。このモミジアオイ(注1),文化のみち二葉館(注2)大広間にあるステンドグラスに鮮やかな色彩で飾られ来館者を出迎えてくれます。
今回は貞奴さんが好きだったと言われる「モミジ」に焦点を当ててみました。大広間の他にも「龍田川モミジ」のステンドグラスが二階に嵌められています。古今和歌集(在原業平)にも「ちはやぶる 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは 」と詠われたように、古から紅葉の美しさは愛でられていたようです。他にも座布団、食器などに「モミジ」の文様が描かれ、小さくて見逃してしまいそうな電気の笠にも、モミジの意匠が施されており、ただならぬ愛着振りに驚かされます。館内でモミジ巡りをしてみるのも面白いかも知れません。
四季折々に展示替えされる貞さん愛用の着物や帯も見どころです。今は珍しい長襦袢が展示されています。うっとうしい天候を片時忘れ、ご見学下さい。
「火・木・土」の午前10時45分からと、午後1時20分から、定時ガイドを行っております。お気軽にお声かけ下さい。

CIMG3897直筆の帯 CIMG3872座布団
貞奴直筆のモミジの文様(帯) 座布団
CIMG3902龍田川モミジ IMG_0038モミジアオイ
龍田川モミジのステンドグラス モミジアオイ
CIMG3874カップ CIMG3910電気の笠
貞奴、愛用の食器 電気の笠にも・・・

注1:こちらからもご覧いただけます
注2:詳細はこちらからどうぞ