師走という文字どおり12月は、あっという間に過ぎようとしています。恒例になった、一年の世相を漢字一文字で表す漢字は「金」が選ばれました。オリンピックでの金メダルラッシュやアメリカ大統領の「金」髪、首都の金銭をめぐる話題などからだそうです。

 私どもの身近にある「金」からの連想で最初に浮かんだのは、佐助邸の襖です。見事な襖絵が各部屋に設えられており、佐助邸の見所の一つです。豪華絢爛ではありませんが、落ち着いた佇まいは往年の佐助さんを彷彿とさせてくれます。奇しくも今年は洋館築後百年を迎えた年でもあり、記念展示も開催されるなど、節目の年でもありました。特に洋館二階にある襖絵には多くの方々が関心を寄せられ、時に感嘆の声も聞かれました。洋と和の織りなす微妙な調和が、独特な空間をつくり出し、それぞれの思いを拡げているように思えました。

 また和館にある襖と取っ手、欄間の調和などを、時にはじっくりとご覧いただくのはいかがでしょう。年齢層ごとに「懐かしいなあ」と正座してゆっくり味わう人、側に寄って「すごいねえ」とじっくり観賞する人、それぞれの感慨も違うようですが、想いは古き良き時代へと繋がっているようです。

 そんなことを考えながら、当会の今年の漢字は何だったろう?「超、挑、進、・・?」と思いを巡らせています。当会も時代の波に乗り遅れないように学びの場の充実、新たなITへの挑戦など・・に取り組み、切磋琢磨し、たとえ僅かでも前進したいと思っています。

☆佐助邸では、「火・木・土」10時から15時30分まで、ガイド係が常駐し、ご案内をさせていただいております。お気軽にお声掛けください。

cimg3835%e6%b4%8b%e9%a4%a8%ef%bc%92%e9%9a%8e cimg6593%e5%8f%96%e3%81%a3%e6%89%8b
  欄間との見事な調和   重厚さを演出
cimg54752%e9%9a%8e%e8%a5%96 pb290648%e5%9c%b0%e8%a2%8b
  部屋を際立たせて   地袋(楚々と・・)
cimg5910 cimg5913%e8%b1%8a%e7%94%b0%e5%ae%b6%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%9f%e3%83%aa%e3%83%bc
  築後百年展示(建物)   歴史を紐解いて
cimg6480 cimg6580
  ピラカンサの花と実   庭園の装い