「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します

ブログ

ひとりある記6「白山神社(どんど焼き)」

 「どんど焼き どんどと雪の 降りにけり(小林一茶)」
 1月14日に白山神社(矢田2)において、日本の伝統行事である「どんど焼き」が行われると知り出かけました。前夜は雪が舞い銀世界を想像しましたが、午前からうららかな日和でした。道路や陰地には雪が残っていたものの、境内は綺麗に掃き清められ、行事は氏子さんたちによって厳粛に執り行われました。

 神社の祭神は菊里姫命(きくりひめのみこと)と天照皇大神(あまてらすおおみかみ)です。白山神社は愛知県に30社以上あると言われ、日本でも1位だそうです。愛知県神社名鑑に創建は明らかではありません。古くは隣の漸東寺境内に鎮座していましたが、神明社の現境内に遷し合わせ祀られ、明治5年、村社に列格したと記されています。
(さらに…)

徳川園の新年

 明けましておめでとうございます。

 今年の干支は壬寅(みずのえとら)で、干支は十二支のほかに10種類の十干を組み合わせたものです(六十干支)。今年の干支の寅は、寅に生まれる前は夜空の星だったのではないかと考えられていたそうです。決断力や才知、才覚の象徴で「始まり」の意味もあって、縁起の良い動物とされています。成長、年の始まりに相応しい寅年ですから、今年は平穏な年となると良いですね。因みに徳川家康も「寅年(壬寅)」生まれだそうです。
 1月2日、徳川園では「射初め式」が開催されており、新たな年の始まりを感じつつ、神聖なひとときを共有出来ました。
(さらに…)

門松いろいろ

 「万年青(おもと)の実 赤しと思う 冬至かな(山口青邨)」

 12月22日は冬至で,一年中で最も昼間の短い日です。そしてこの日から日照時間が延びていくことから「一陽来復」ともいわれます。俳句にある「万年青」は縁起の良い植物として引越祝いに贈る日本の文化があり、家康にまつわる伝説もあります。
 また徳川家といえば12月13日は“正月事始め”で徳川園黑門に家康の伝説にまつわる門松が毎年飾られます。今回は尾張徳川家にまつわるお話し(聞き書き)や、家康の伝説を紐解いてみたいと行脚??してみました。そして意外な事に東山植物園まで辿り着きました。皆さんも、今だからこその出会いを楽しんでみませんか。
(さらに…)

町歩き「オアシス21・文化のみち百花百草」

 早くも師走・・12月7日は大雪(たいせつ)です。「雪いよいよ降り重ねる折からなればなり」と江戸時代の暦便覧にあり、本格的な冬将軍の到来といわれます。そんな時期、爽やかな青空に誘われて区内の散策をしました。
 栄の銀河の広場には“氷ではないスケート場”がオープン、早朝から長い列ができていました。コロナ騒動も少し落ち着き、人々の心も解放されたのでしょうか、オアシス周辺は大変な賑わいを見せていました。

 また途中で立ち寄った「文化のみち百花百草」では、名前の通り見応え十分な冬の花々の庭園と、飾り付けの終わったクリスマスツリーに安らぎの時を過ごしました。皆さんも時には心に栄養を摂り込んではいかがでしょうか。
(さらに…)

徳川園のこのごろ

 「鳩立つや 銀杏落ち葉が ふりかぶり(高浜虚子)」
今、園内は紅葉が見頃を迎えましたが、園外では銀杏の落ち葉が黄色の絨毯を敷きつめ、カサカサと心地よい音を奏で、時には踊っています。また、黑門脇でも見事な色調で建物を際立たせ、通りがかりの人の足を一瞬引き留めています。
 園内に目を向ければ、今…あちらこちらで、赤・橙・黄・黄緑・・・と様々な色合いで、小春日和の中、その豪華さを競っています。そんな一つ一つを確かめながら、ゆったりまったりの散策はいかがでしょうか。
☆12月、3,4,5日(金、土、日)には、夜間開園(入園は午後7時まで)が行われます。こちらは幽玄の世界をお楽しみいただけると思います。
(さらに…)

1 2 3 100 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.