「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

町の話題

長久寺 庚申まつり

 長久寺の「庚申まつり」は、8月28日(土)午後6時から長久寺境内において行われるようです。
 このおまつりは、庚申の日に行われる信仰行事で、「庚申の日の前夜、山戸(さんし)という虫が、人が寝ている間に身体から抜け出し、その人のおかした悪事を天帝に告げ、天帝はその悪事に応じて寿命を縮める」という道教の山戸の説からおこったもの。(ひがし見聞録から引用) 

P8240522 P8240512
  「庚申まつり」の案内が・・・   境内にある庚申塔は「市指定文化財」

カトリック主税町教会

 この地方最古のカトリック教会として、明治20年に造られた「カトリック主税町教会」。
 その鐘の音は以前、正午を知らせるために鳴り響いていましたが(テープで流していたそうです)今はミサの時と結婚の門出を祝う鐘(新郎新婦が二人で鐘をつく)として、静かにそして厳かに鳴り響きます。教会の前を通る国道41号線と高架の名古屋高速の騒音で、かき消されがちですが、「文化のみち」を散策された折、ちょっと立ち止まって耳を澄ませてみてください。100年以上も前に、フランスのマルセイユで産まれた音色です。また礼拝堂には、これも100年以上前のアメリカ製オルガン(オルガンカンパニー)が健在(7〜8年前に修復されました)です。

4 IMG_4133主税町教会 5 オルガン
     カトリック主税町教会      礼拝堂・100年前のオルガン

アンリ・デュナンの胸像

1 IMG_6649デュナン アンリ・デュナン・・・赤十字の創始者として、第1回ノーベル平和賞を受賞し「赤十字の父」として有名な人物ですが、その胸像が愛知県白壁庁舎(白壁1−50)の前庭にあります。
 これは、日本赤十字社愛知支部が庁内にある為であり、以前は道路を背にした位置に置かれていました。この胸像は現在、玄関脇に移され道行く人々を静かに見守っています。ここには、以前は献血ルームもあり、献血に訪れられた方もいらっしゃるかもしれませんが、2年前に閉鎖されてしまいました。

« 1 19 20 21

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.