「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

石造物

文化財を訪ねて 「愛知県庁本庁舎」

 大寒(1月20日)も過ぎ一年でも一番寒い頃となり、冷気のみでなく肌を刺す伊吹おろしが厳寒を印象づけています。そんな寒波に負けまいと、当会の熱気溢れる見学・研修会を国指定重要文化財でもある「愛知県庁本庁舎」で行いました。

 県庁舎は、名古屋城、市役所(注1)と共に観光客の人気スポットで、これらが隣接し建ち並ぶ景観は見事で、思わずシャッターを押したくなると思います。

 この愛知県庁本庁舎、外観は城郭風の屋根を載せた帝冠様式で一際目を引き、外壁は白の花崗岩貼、黄褐色のタイルの使用は愛知県が陶磁器どころであるいうことを示しているのだそうです。何気なく見ていた建物が、本当は愛知県を象徴するに相応しい格調高い建物であったことを知り、感銘を受けつつ納得しました。
 正面玄関には一般的に見られる中央階段はなく、一瞬目を疑いましたが、これは執務の利便性に重きを置いたもので、「日の字」になっているということでした。整然と置かれているものの細部に目を向けると、どれもが一工夫されていることを実感出来るのではないでしょうか。ご案内してくださる職員の方からの濃やかな説明の一つ一つを噛みしめながら、「ここにはどんなことが隠されているのだろう?」と期待は膨らみ、いつしか必死に聞こうとしている自分がいました。
 議場では議長や議員の気分を味わい、正庁の今昔(注2)の詳細を知り、その昔を想像してしまいました。知事室は竣工当時からこの場所にあり、天井や柱上部には花や植物などの装飾が施されていました。また防災対策本部では、県民のための様々な取り組みを丁寧に説明いただき、今問題提起されている「東南海沖地震」への不安も少し軽減したような気がしました。県民の安心、安全を考え、目立たない所で続けられている真摯な努力を垣間見た思いがしました。
 創建当初から変わらぬ外見、その中で新たなものへ懸命に取り組む姿がある美しい建造物であることを実感しました。

@CIMG6815正面 @CIMG6871屋上から @CIMG6869市庁舎、県屋上から
  愛知県庁舎    屋上から  屋上から(市庁舎)
@CIMG6909知事室 @CIMG6825議場 @CIMG6845防災対策本部
  知事室   議場    防災本部
@CIMG6897創建当時の丸窓と窓飾り @CIMG6887壁の彫刻飾り文様 CIMG6920正面玄関から
 丸窓と窓飾り   彫刻飾り  正面玄関から

注1:市庁舎の様子はこちらからもご覧いただけます
注2:創建当時は正庁でしたが、平成14年から26年は災害対策本部として使用、その後自治センターにその機能が移され、平成27年に正庁へ復活した

東区にある日独友好の碑

 立秋もいつの間にか過ぎ、蝉時雨が虫の音に、先日までの入道雲に替わって、刷毛で掃いたような秋の雲が見え始めました。そんな雲を追いながら歩いていると、愛知県立旭丘高等学校(東区出来町3)正門北の塀ぎわ(道路沿い)に「日独友好の碑」と書かれた銘板を見つけました。
 その碑の「由緒」に、この地には1915年にドイツ人名古屋収容所が置かれ、第1次世界大戦の折りに総勢519名の人々が5年間生活したと記されています。俘虜収容所として日本で最初に設計施工されたもので、収容所での生活はかなり自由で音楽やスポーツなどによる地域住民との交流も頻繁に行われ友好関係を深めたようです。

  またドイツ人の勤勉な生活態度に感銘を受け、優れた職業技能に触れ産業復興に役立てたとも記されています。小麦粉を日本人の食事の一つにと考えた盛田善平は、俘虜の中に製パンの優秀な技術者のいることを聞き、パン製造の事業を考えました。その技術者を招きパンの製造に成功し大正9年に敷島製パン(株)を設立しました。
 この技術者は、解放されてからも日本に留まりシキシマパンの増産と技術の改善につとめたとのことです。この収容所は、1920年(大9)に閉鎖され、今はその存在を知る人は少ないようですが、現在の県立旭丘高校がある一帯が収容所跡地だそうです。そして碑には、歴史の事実を後世に伝えるため建立したと記されています。

  ちょうど夏休み中で、校内から聞こえてくる楽器の音や、スポーツに興じる活気ある声が、往時の友好関係を彷彿とさせてくれるようでした。東区にはこのような歴史的遺産がまだまだ残されていることでしょう。道草の際でも、片隅に置かれている銘板や標識をじっくりご覧になると、思いがけない発見があるかも知れません。
(ひがし見聞録、名古屋広小路物語、東区文化のみちあれこれ他当会資料)

CIMG5146旭丘脇の碑 CIMG5325旭丘高校
    友好の証し  愛知県立旭丘高等学校
CIMG5314コミュニテイ道路 CIMG5148
近くにはコミュニティ道路   日比野 寛像(注1)

注1:旭丘高校内にある愛知一中第11代校長日比野 寛(ひびのゆたか)像。生徒にマラソンを通して心と体を健全にして優れた人物を育てるという日比野流教育方針を行い、「マラソン校長」の異名が付けられた。今も生徒を優しく見守っている

折々の花 (灼熱の太陽の下に)

 4年毎に開催される、五輪大会が始まりました。何とか完成にこぎ着けた会場で、熱い戦いが歓声に包まれることでしょう。真夏の名古屋、灼熱の太陽の下、猛暑にもめげず時を得た草木は我が世を謳歌しています。緑を濃くした木々は、道行く人々に緑陰を提供していますし、道路脇では酷暑を象徴するように真っ赤なモミジアオイ(豊前バス停前など)、民家の庭先では、色とりどりの花々が今を盛りと競って咲いています。

 通りを歩いていましたら、出来町通りの徳源寺沿いに、可愛いツユクサの間にちょっと変わった石標が立っていました。これはお地蔵様??よく見てみると正面に徳源寺(徳源寺を向いている)、矢印は「←」建中寺、徳川美術館「→」となっています。今まで幾度となく通っているのに全く気付きませんでした。そして下には、徳川ゆかりのルートと書かれています。矢印を頼りに歩いてみると・・足下にモザイク模様の可愛い表示があり、それをゆっくり辿ると目的地に到達!なるほどと感心しました。
 美術館に向かう広場(蓬左文庫前)では、満開のサルスベリが咲き誇り、写真を撮る人、木陰で観賞を楽しむ人が集い、来館者を歓迎しています。何気ない視線が、思いがけない発見を生むかもしれませんよ。

 当会では、毎週金曜日13:00〜15:30(受付は15:00)、定時ガイドを行っております。
またご要望に併せた日時に依頼ガイドも行っております。この検索はガイドからお進み下さい。

@CIMG5252石柱 @CIMG5270路面標示
     道案内を・・  足元にはモザイク模様で
@CIMG5278サルスベリ @IMG_0123
    天に向かって     人待ち顔に
@CIMG5248ケイトウ @CIMG5237カンナ
 炎のような赤(ケイトウ)     カンナ(注1)

注1:コロンブスがアメリカ大陸を発見した際に見つけた花として有名

二葉館の歴史 「銘板を訪ねて」

 新しい銘板を発見しました。以前、遺跡調査(注1)が行われていた場所「旧川上貞奴邸(二葉御殿)」に豪奢なマンションが建ちました。その南西の角に銘板が建てられていることに、ある日会員が気づきました。さりげなく建つ銘板は、余程注意していないと見過ごしてしまいそうです。今も周囲にはまだ昔の面影を残す建造物もありますが、この地を訪れる度に周辺の様子が変わっており、少し残念な気もします。あまりの変貌に近づくことが躊躇(ためら)われていた一方、何処かで昔を愛おしむ気持ちが強かったのかも知れません。

 歴史を忠実に紐解くには、先ずは現況を確認することと思い出かけてみました。ありました、ありました、ひっそりと申し訳なさそうに据えられていました。想像していた貞奴さんのイメージとは、大きくかけ離れていますが、ここにその昔「二葉御殿」と呼ばれた2000坪以上の建物があったことが記録に残されており、少し安心しました。そして、現在「文化のみち二葉館(注2)」として、町並み保存地区の一画に、当時の面影を残した建物が残されています。洒落た建物は道行く人々を振り返らせ、一歩中に入れば当時の生活が目の前に浮かんでくるようです。この辺りは縄文時代から脈々と歴史を紡いでいること、そして場所は若干移動しているものの、当時を偲ばせる生活空間がそこにはあります。その時代に思いを馳せ、どうぞ「今とむかし」をじっくり味わってみて下さい。(写真①、②、③、④:名古屋市発行「旧川上貞奴邸復元工事報告書」から転載)
☆当会では、「火・木・土」の午前10時45分からと午後1時20分からの2回、ガイドを行っております。お気軽にお声かけ下さい。

@創建当時写真 T 二葉報告書 2旧二葉館
①創建直後の外観 ②旧二葉荘(円形部分が応接室)
二葉報告書 1創建当時の煉瓦塀 二葉報告書 3庭T
③創建当時の煉瓦塀 ④旧二葉荘(庭)
@CIMG4132 #120511b_2ガイド二葉
「旧川上貞奴邸跡」銘板 ガイドの様子

注1:こちらからご覧ください
注2:文化にみち二葉館の詳細はこちらからご覧下さい

銘板を訪ねて (御下屋敷、カトリック布池教会)

前回の東寺町散策研修会の帰途・・地下鉄新栄駅前(ヤマザキマザック側)に銘板を見つけました。この周辺は江戸時代、尾張徳川藩の別邸で、6万4千坪もある広大な御下屋敷(注1)があった場所です。そして今、東生涯学習センター南の道路際に標識が残されています。

吉宗との対立で、この屋敷に蟄居となった宗春は、在任中からこの屋敷を好んで使用していたようです。明治以後、大正期までは畑や小山として残されていたようですが、今は道路も整備され近代的なビルが建ち並ぶようになり、様変わりになっています。銘板の直ぐ横には大きなクスノキがそびえ、100年以上にわたって、この町の変遷を見続けるかたわら、道行く人々に爽やかな木陰を提供してきています。

 

少し足を延ばして芸創センター、東生涯学習センターの道路脇の「御下屋敷跡」の標識を見ながら東へ向かうと立派な尖塔(注2)が見えてきます。ここは、市の都市景観重要建造物等に指定されている「カトリック布池教会(注3)」です。戦後の建造物で指定されているのは、名古屋大学豊田講堂とこの教会のみです。現在の聖堂は、昭和37年に建てられたゴチック様式の建物で、毎週日曜日には鐘が鳴らされミサが行われるそうです。結婚式場としても利用されおり、ちょうど出会った方は、「娘もここで結婚式を挙げた」と懐かしそうに話されていました。様々な方々の思い出を受け継ぎながら「今」に続いていることを実感しました。銘板や標識と正面から向き合うと、意外な一面が垣間見られ、その驚きが、また別の世界へと誘ってくれることでしょう。(銘板、ひがし見聞録、東区の歴史参照)

 

☆当会では、皆さまのご要望に合わせた依頼ガイドを行っております。詳細はガイドについてからお進みください。 ​

 @CIMG3989銘板 CIMG4795
銘板 100年の時を経て
@CIMG4791明治と今 @CIMG4802御下屋敷標識
明治と今の様子 そっと語りかけ・・
@CIMG4801教会 @CIMG4799布池教会
聳え立つ尖塔 標識

注1:延宝7年(1679)尾張二代藩主光友が造った別邸 注2:尖塔は二本あり、高さは50㍍、コンクリートの塔の高さは30㍍ 注3:正式名称は「聖ペテロ・聖パウロ司教座教会」

« 1 2 3 11 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.