「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

花情報

徳川園のこのごろ

「あかあかと 日はつれなくも 秋の風(松尾芭蕉)」

 二十四節気の処暑も過ぎ、虫の声や赤とんぼに秋の気配を感じるようになってきた昨日、小さな秋を見つけに徳川園に出掛けてみました。
 池の水の色や風のそよぎ、雲の形や動きなどに初秋(はつあき)を体感することが出来ました。

(さらに…)

徳川園のこのごろ「七夕伝説」

「落ちてきて 露になるげな 天の川(夏目漱石)」

 7月7日は七夕で、乞巧奠(きこうでん)ともいいます。1年間天の川を隔てて会うことのできなかった牽牛・織女の二つの星が7月7日の夜に願いが叶いようやく会うことができるという伝説に基づいています。
 徳川園では、毎年保育園の子どもたちの可愛い短冊や来館者の短冊を笹竹に飾っています。長引くコロナ禍の収束を願う短冊が目立っているようでした。
 里芋の葉にある露で墨をすって、梶の葉に書くと書道が上達するとの言い伝えがありましたが、今はそのような光景(風習)は見なくなりましたね。こんな時期に、昔を手繰り寄せながら園内を散策してみました。

(さらに…)

”伝説の足跡”を訪ねて2「大幸八幡社」

 「紫陽草(アジサイ)や 藪を小庭の 別座敷(松尾芭蕉)」
 アジサイは花の色が度々変わることから七変化、萼片が4〜5個あるので四葩(よひら)とも言い“しぶく雨”との語らいはいかがでしょうか。
 雨が似合うアジサイの時期ですが、雨にまつわる伝説が今も息づいている大幸八幡神社(東区大幸4)を訪ねてみました。
 その昔、矢田川の堤防下にありながら、水の恵を受けられないまま田畑が枯れ、当地の住民は困っていました。そこへ旅の途中、通りがかった八幡太郎義家が内情を知り、ある場所に矢をさすと水が湧き出したという話が伝承されています。今でも本堂の東側には水の湧き出た跡が留められています。丁度アジサイと寄り添うように置かれていました。「水は天下からもらい水」と昔の人の心も偲んでいきたいものですね。
(さらに…)

”伝説の足跡”を訪ねて「長久寺」

 「天蓋の ごとく菩提樹 咲きにけり(那須茂竹)」 
 長久寺には境内にある大きな菩提樹に包まれるように「庚申塔」があります。その昔「三尸(さんし)の虫」にまつわる伝説があり「庚申待(庚申会)」という会を庚申の日に行う風習がありました。毎年8月28日に行われる庚申祭の謂われは、災厄を避けようという道教の教えで、無病息災を祈るということです。以前(2010年頃まで)は夜店なども出て盛大な行事でしたが、今は行われていないそうです。残念ですね。
当時の様子はこちらからもご覧いただけます。
http://higashibgv.com/町の話題/1568
http://higashibgv.com/町の話題/1576   
(さらに…)

二葉館、橦木館、旧佐助邸 合同展示会のお知らせ

 名古屋地方は統計史上2番目の早さの梅雨入りとなりました。在宅時間が多い昨今、雨に打たれて生き生きと輝く青葉、若葉や花々にほっと安らぎを感じつつ、展示会会場へのお誘いです。

 コロナ禍の今ですが、文化のみち3館を巡る「産業の歴史パネル展」を開催出来る運びとなりました。毎年の展示会を“楽しみにお待ち頂いている方”も“そうでない方”にも、ひとときの和みと学びの時を共有したいと、ただ今完成に向け追い込み中です。(社会情勢に鑑みガイドは控えさせていただきます)
 町並み保存地区の中にある「文化のみち二葉館」・「文化のみち橦木館」・「旧豊田佐助邸」合同での展示会は初めての企画ですが、それぞれに関連した歴史、関わった人々を丹念に掘り起こしながらの作品です。講演会(要申込)、クイズラリーも用意しました。頭の体操を兼ねての参加はいかがでしょうか。
期 間:令和3年6月16日(水)〜6月27日(日)(月曜日休館)
時 間:10:00〜17:00(佐助邸は15:30まで) 
(二葉館、橦木館は有料(割引共通券あり)、佐助邸は無料)
(さらに…)

1 2 3 39 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.