「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

花情報

佐助邸あれこれ

 新緑の美しい季節となりました。階書院に「十薬(ジュウヤク→ドクダミ)」階床の間には「スカシユリとススキの葉」が生けられ、佐助邸も季節の流れを感じさせてくれます。
往時もこのように季節の花が飾られ、穏やかなひとときを過ごす暮らしがあったのかと当時の生活に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。そんな生活を偲ぶガス燈が佐助邸にあります。
一度見学にお越しください。(火、木、土、10時〜15時30分まで常駐) 

P6010068.十薬JPG P6010065夏2 

 

 

   



佐助邸あれこれ

P5130881とべら 爽やかな5月の風に誘われて・・・佐助邸に珍しいお客様が訪れました。それは、新緑のお庭に咲く花(とべら)の密を吸いに来た「アオスジアゲハ」と思われるチョウチョでした。どこから見つけて来たのでしょうか?
 大正時代の面影のある屋内は、昔懐かしい風情を楽しむことが出来ます。角度を変えて四季折々のお庭を眺めながら、至福の一時をお過ごしいただけると思います。様々な表情がある佐助邸に是非おでかけ下さい。
 ガイドは毎週(火)・(木)・(土)の10時から15時30分まで常駐し、ご案内させていただいております。(12時から13時までは昼休み)

徳川園のこのごろ

P5080873柳と鯉 百花の王と呼ばれるボタンも終わりを告げ、華麗な庭園から
全園新緑へと変身しています。
 その新緑に映えるカキツバタ、タニウツギ、サワフタギ、
なんじゃもんじゃ等々が彩りを添えています。
 森林浴を楽しみながら、雄大な大曽根の瀧や龍仙湖で
「さつき(五月)」の一時を楽しまれるのも良いのでは
ないでしょうか?是非おでかけ下さい。
    

  

   

  

徳川園のこのごろ2

徳川園のボタンは見ごろとなり、一斉に芽を吹き出している新緑の中でひときわ美しく、目立っています。昨日は海外からのお客様もあり、団体の方・ご家族連れ・ご友人でと、大勢の方々がご来園になりました。一つひとつ丁寧に眺める方、写真を撮る方、散策を楽しむ方と、思い思いの鑑賞を楽しんでおられ、園内は終日、人並みが途切れることの無い状態でした。当園では、しばらくの間、色とりどりのお花で楽しんでいただけると思います。その中で今を盛りと咲き誇る、華麗なボタンに合いにお出かけくださいませ。                               

                           P4230826ボタン@

徳川園このごろ

 今年はここ1週間ほど前からの季節はずれの寒さで牡丹の花の開花が遅れています。
東から順次早咲きの株が植えられていますが、開花状態は3割り程度です。今日は午後から雨になりました
が、咲き始めの牡丹はしっかりした花でとても美しいです。雨にもかかわらず遠方からの団体客31人をご案内
しました。

CIMG9141ボタン縮小 CIMG9135ボタン縮小花のみ

« 1 25 26 27 28 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.