「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

イベント

「ふたばの日」の二葉館

 本日2月8日(金)は、会館の愛称「二葉」と語呂が合うことから「ふたばの日」とされています。本年は開館8周年、趣向を凝らしたイベントが開催されました。これを見ようと玄関前は長蛇の列となり、オープニング時には大広間に入りきらず、螺旋階段も溢れんばかりの人、人でした。こうした中、三味線・朗読・唄・舞や名妓連の目を見張る伝統芸を堪能されていました。また貞照寺の尼僧様の優しい語り口のお話には、静かに耳を傾けられていました。
 館内には貞奴の愛した「雛人形」や「福よせ雛」が展示され、華やかさと荘厳さで独自の存在感を示していました。因みに、季節先取り「雛人形展」は2月15日(金)まで開催されています。一足早いおひな様との出会いを楽しまれては如何でしょう!

CIMG2979列 CIMG3030尼僧
          長い列が・・・       記念講演「貞奴と貞照寺」
CIMG3014花子 CIMG3046踊り
     記念朗読公演「貞奴と花子物語」           伝統芸を披露
CIMG2993 CIMG2999
      勢揃いした「福よせ雛」   書道パフォーマンス甲子園 「福よせ雛」

「ギャラリーでの展示」 報告

 去る11月20日から12月2日まで、名古屋市民ギャラリー矢田において、「東区・戦後 今とむかし」の展示会が催されました。一般ギャラリーでの展示会は初めてでしたが、「今とむかし」って?・・と興味を持たれた方、つい立ち寄ってみたと仰る方々などと、有意義な交流ができました。気づいてみれば、大勢の方々との出会いがあり、時にはお教えいただくことさえありました。
 一箇所、一箇所を丁寧に見ていただく方も多く、懐かしそうに見つめる人、当時の思い出話しに花を咲かせる方と、それぞれ自由なひとときを過ごされていました。また若い方からは「初めて知ったよ。そうだったの!」と興味津々で、その変遷に驚かれたり、「これはもう無くなってしまったの?残念だなあ!」と寂しがられる言葉も印象的でした。
 文化財や貴重な建造物を保存していく大変さと重要性を感じ、その時々の小さな力の積み重ねを大切にしなければならないと感じた催しでした。

CIMG2383矢田 CIMG2122矢田@
         懐かしい場所を探して            資料で確認?!

 

秋の寺院特別公開と文化財建築物ガイドツアー報告

  去る10月、11月に4回にわたって「ゆっくり じっくり 文化のみち」ツアーは開催されました。行楽にも絶好の季節となり、文化財建築物や寺院めぐりにも多数の方が参加され、賑やかな見学会となりました。寺院特別公開は、この期間に限り貴重な宝物や修復現場を直に見られ、古の匠の技に驚きと感動を味わうことが出来ました。また文化財建築物ガイドも好評で、人数制限もされ、ついには抽選となる盛況さでした。
  脈々と続く歴史を証明する大切な建物や書物等々、今後も末永く受け継がれなければならないものばかりでした。その中の幾つかを写真でご紹介したいと思いますが、撮影禁止の箇所もありましたのでその点は御了承下さい。

IMG_2372 CIMG2031美術館、山の茶屋 CIMG2138禅堂 CIMG2225貞祖院本堂
真剣な眼差しで・・ 徳川美術館山の茶屋 徳源寺 禅堂 貞祖院 本堂
CIMG2201烏ヶ池縮 CIMG2186聖観音菩薩 CIMG2179滝見観音画像 CIMG2223炉開き椿
養念寺 烏ヶ池 禅隆寺 聖観音立像 情妙寺 滝見観音画像 炉開きツバキ

★炉開きツバキ:今、可憐なピンクの花が貞祖院の庭園で咲いています。
茶道で5月に炉を閉じ、11月に炉を開く「炉開き」の頃に花が咲くのにちなんで命名されたと、
ご住職様に教えていただきました。

【東区・戦後 今とむかし】展・・お知らせ3・・

 秋も本番となり澄み渡る青空をバックに、それぞれの草木が個性豊かな色合いで自己主張しています。
 私たちの活動する東区は、名古屋における歴史、文化、芸術、産業、教育の原点であり中心地といわれています。「文化のみち」(注:前回報告と合わせてご覧下さい)には貴重な建造物が多く残されていますが、残念なことに、時代の変遷と共に変貌を余儀なくされています。そんな中、今年度は活動の一環として「東区・戦後今とむかし」展を、「東生涯学習センターまつり」や「歩こう文化のみち」で開催してまいりました。このおかげで、多くの皆さんとの交流を深めることが出来ました事、この場を借り深く感謝申し上げます。 
 そして、この度「名古屋市民ギャラリー矢田 第5展示室」でも、11月20日(火)から12月2日(日)まで、同様の展示会の開催をすることになりました。また[東区文化のみちガイドボランティアの会]も11年目を迎えますので、「10年の歩み展」を同時に紹介させていただきます。
 幼い頃の思い出や、懐かしいあの道・あの場所の記録をご覧になったり、変貌の流れを確認されるために、展示室へお越しになりませんか。お待ちしています。

CIMG2089
東区大幸南1-1-10
「東区 戦後今とむかし展」 第5展示室   名古屋市民ギャラリー矢田 カルポート東3階

歩こう文化のみち報告

 「歩こう文化のみち」は、11月3日(土・祝)副題 〜呼びさまそう まちの宝〜 と名付け開催されました。天候にも恵まれ、名古屋城から町並み保存地区、徳川美術館や徳川園、さらに貴重な文化遺産の残るお寺めぐりなど、30箇所近くの広大な地域で繰り広げられました。老若男女がパンフレット片手に、スタンプラリーや景観を楽しみながら、自分のペースで歩を進められていました。
 旧豊田佐助邸では、展示や東区クイズに挑戦される方、和室やお庭でゆっくり元贇焼きと呈茶に舌鼓を打つ方と、それぞれが穏やかな秋の一日を満喫されたようです。また、白壁ロードガイドも好評で、左右の白壁を見つめながら、ゆっくりと散策される姿が印象的でした。そして、人と町を繋ぐさまざまな企画が、新たな出会いを創り出していました。
 この行事は毎年11月3日に開催されていますが、来年はどんな催しが企画されるのでしょう。お楽しみに・・・。

CIMG1889今むかし CIMG1926二葉館
  「今とむかし」を懐かしむ人・・人    二葉館 貞奴の衣装に見入り
CIMG1879白壁ロード CIMG1824教会
   白壁ガイドを楽しみ散策      主税町教会

« 1 6 7 8 10 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.