江戸時代後期の建屋で住人が石高500石の記録があります。その改築ですが建築年代は不詳です。
明治19年からは軍の第三師団長の官舎として使用されていました。
内閣総理大臣になった桂太郎も明治24年から同28年まで師団長を務め、ここに住んでいました。
昭和46年に長屋の一部が撤去され、門が残され改築されました。、界隈唯一の江戸時代の建材使用です。
主税町長屋門