平成23年7月25日カトリック主税町教会の信者会館、司祭館、煉瓦塀の3件が国登録有形文化財に指定され、この程門柱右にプレートが取り付けられました。
 このカトリック主税町教会は平成4年に礼拝堂、司祭館が都市景観重要建築物に指定されていましたが今回、国の文化庁より登録有形文化財として新たに煉瓦塀が加えられ、信者会館、司祭館と3件が指定されました。残念ながら礼拝堂は登録文化財からはずされました。
「文化財として見た場合、外装や内装が改装されており、創建時の外観や内装を損ねていることによる」という理由からです。
(名古屋市教育委員会文化財保護室への問い合わせによります)
★登録された3件については3月26日発信のこのブログをご覧下さい。

DSC00110主税町教会縮小 DSC00130登録有形文化財
DSC00136信徒 DSC00134司祭館縮小
           現信者会館
  昭和40年頃の道路拡幅で右側が三分の一程
  切り取られています。
               現司祭館
    平成19年まであった聖母幼稚園の園庭
      から写す。
     右後ろは名古屋都市高速道路  
DSC00133煉瓦塀縮小 主税町に沿って29m続く煉瓦塀
この道を東に行くと「旧豊田佐助」となります。