当会の常駐する旧豊田佐助邸は、佐吉の弟の住まいで、兄佐吉を側面から支えた豊田綱領の一つ、「華美を戒め、質実剛健たるべし」の言葉の如く、決して派手さはないが、良い材料を使い入念な仕事がされており、至る所に佐助さんの人柄が偲ばれる建物です。
 来邸者をご案内するときは、当然の如く発明王である長兄、佐吉氏のお話をすることがしばしばあります。そこで今回は「佐吉生誕150年」という節目でもあり、しっかり学ぶには相応しい機会と捉え、生家でもある湖西市にある「佐吉記念館」と、名古屋市西区にある「トヨタ産業技術記念館」での研修・見学会を実施しました。

 去る3月中旬に訪問した生家では、有名なことば「障子をあけてみよ 外は広いぞ」のモデルとなった立派なお庭を拝見させていただくこともでき、当時を垣間見られた思いがしました。展示室での発明の過程や、失敗を恐れずに夢を追い続けた強い信念に胸を打たれました。特にこのご案内がとても素敵で、丁寧で分かりやすい説明に「なるほど!」と感心することしきりで、多くの「気づき」をいただけたことでも大変意義ある見学会となりました。

 また4月19日には、トヨタ産業技術記念館で特別展が開催されており、佐吉氏の志と努力の足跡、そしてそれを支えた多くの人びとを知る貴重な場となっています。
 さらに、歴史的に評価された赤煉瓦の建物を遺産として保存していること、自動織機の発明に取り組んだ豊田商会事務所、豊田グループ館等などをご案内いただきました。初めて見聞きすることも多く、また「そうだったんだ!」と感銘を受ける場面もあり、学ぶべきことの大切さを痛感させられることばかりでした。この特別展では、日頃は見られない愛用の鞄などゆかりの品々の展示もあり、佐吉氏の人となりを知る良い機会となりました。
 一つ一つの積み重ねが、今後のガイドの一助になるといいなあと思った貴重な一日でした。

 ☆「東区・街並み 今とむかし(注1)」・「トヨタグループを支えた人たち」“グレートファミリー豊田家の歩み”の展示も同時に行います。皆様のお越しをお待ちしています。
注1:日時 4月25日(火)〜5月7日(日)10:00〜16:00
   場所 市民ギャラリー矢田 (こちらからもご覧いただけます

   佐吉記念館を訪ねて  佐吉の生家(復元)   
産業技術記念館見学会の様子    豊田商会事務所
   150年特別企画展   佐吉の志を辿って・・・