「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

東区の偉人・賢人

建中寺の中にある石造物

 今回は、尾張徳川家の菩提寺である建中寺(筒井一丁目(注1))を訪ねてみました。境内にある様々な石造物を見付けながら、草木を見つめる例月とは趣を変え、新たな?出会いに興味を覚えながら散策してみました。総門(創建当時の門)を入り、文字通りの万緑の建中寺公園をゆっくりと三門へ向かいました。三門左に「陳元贇」と書かれた石柱があります。陳元贇は寛永3年(1626))尾張徳川藩主義直に招かれ、儒教、陶芸、菓子、建築、拳法などの異国文化を日本にもたらした方です。寛文11年(1617)没し、建中寺に葬られていましたが、現在、お墓は平和公園に移されています。
 三門をくぐると、本堂の前に二基の石灯籠「春日灯籠(注2)」があり、厳かに出迎えてくれます。その左手に大きな「龍巻奥の院(注3)春日灯籠」が聳え立ち、素晴らしい彫刻に圧倒されます。これは数十年前に寄贈されたものだそうです。左右に目を凝らすと今まで気づかなかった多くの石造物(灯籠は約40基他)の多さにびっくりです。新しい発見にワクワク・・ドキドキの連続、視点を変えると普段見えていなかったものが突然見えてくるという、古からの言葉を実感しました。
 ご住職様から、三門上層には釈迦三尊像と十六羅漢像が祀られているとお聞きしましたが、未公開とのことで残念ながら拝謁できませんでした。各所にある神社への崇拝を忘れないで、関心をもって臨みたいものです。
 当会では、依頼ガイドや種々のイベント等をガイドさせていただいております。詳細につきましては
こちらからどうぞ

CIMG7620本堂、灯籠S CIMG9602植え込みと灯籠S
        本堂と春日灯籠          確かな存在感・・・
PA190741陳元贇墓所S CIMG7613龍巻奥の院縮
      陳元贇の碑  昇竜が彫られている奥の院灯籠
PA190745建中寺碑S PA190753像、縮
建中寺の墓石を活用したと思われる石碑 観世音菩薩と由緒あるお地蔵様・・

注1:慶安4年(1651)に第二代藩主「光友」が父「義直」の菩提を弔うために建立
注2:春日灯籠は、鹿、雲、三上山などが彫刻されているのが特徴
注3:奥の院灯籠は、中台に干支が彫られていることが多い

佐助邸あれこれ

 見渡す限りの新緑に囲まれ、春を楽しむ小鳥や蝶が庭園で遊んでいます。やや殺風景だったひと頃からは見間違うばかりのこの景色、心も和んできます。
 このところ、佐助邸は一寸したブームになっています。先日、トヨタ自動車関係のTVドラマが放映された影響から、「テレビを観て来ました!」「あの俳優さんはどの方ですか?」と、系図の前で普段とは違う会話が弾んでいます。又ある新聞では「車への情熱を燃やした喜一郎氏の特集」があり、別紙ではトヨタに関する連載もあり、マスメディアの影響は予想外の大きさになっています。そんな折、喜一郎氏の胸像が佐助邸に飾られることになりました。何故?佐助邸に喜一郎さんの像?と思われるも知れませんが、喜一郎さんは佐助さんの兄、発明王佐吉翁の長男ですので、叔父と甥の関係になります。兄である佐吉翁とは16歳離れていたこともあり、喜一郎さんの幼少時はよく子守をされており、喜一郎さんはとても慕っていたそうです。そしてまた一つ思いがけない事が起きました。「クラシックカーのパレード(注1)」です。パレードにはトヨタの車も3台走行するとのことで、慌ててカメラを構えました。
 こんな思いがけないことの連続しているここで、佐助邸の歴史、偉人の繋がり、懐かしい縁側を直にご覧になってみませんか。

CIMG0256 CIMG0250
         静かな時を刻んで・・           喜一郎氏胸像
CIMG0258 CIMG0238
           新緑の庭園            彩りを添えて
CIMG0209 CIMG0215
        TOYOTA 2000 GT         フララちゃんも参加

注1:4月18日(金)に開催されました。これはクラシックカーで名所旧跡を訪ねるイベントで、スタンプラリー形式で行われるものだそうです。今年は徳川園も参加されました。
★当会では、「火・木・土」の10時から15時30分まで佐助邸に常駐し、ガイドを行っています。
  また毎週(金)13時から15時30分まで徳川園において定時ガイドを行っています。

水谷忠厚と標柱

 東区矢田町3丁目にある木ヶ崎公園を通り抜け、矢田川沿いの水防倉庫脇に「やたのハはし」と書かれた標柱二つを見つけました。これは、水野忠厚が明治17年10月に東区矢田町の矢田川に36メートルの木橋を完成させた時の親柱だそうです。(忠厚が篤志家から資金を集め、自ら勤労奉仕を率先した)
 彼は旧藩士であったが廃藩後製麺業に失敗し、瀬戸方面から陶磁器・薪などを運び生計を立てていた。運搬に使う今坂(こんざか)峠(赤津—瀬戸)の険しい坂が人々を悩ませていたので、明治12年、勤労奉仕で開削工事を始め、この地方の交通のために尽力した。天爵大臣(注1)と評される水谷忠厚その人である。この他にも先の矢田橋を始め、瀬戸街道・中馬街道・永平寺街道などの開削も行っており、ボランティア活動の始祖、先駆者とも言える人であるが、名古屋ではあまり知られていないのが残念です。『些かの私心もなく、あるのはただ一筋の奉仕の念願と赤心のみだった』の言い伝えが、彼の存在を一層大きくしていると思います。
(文化財叢書第84号、中日新聞、当会資料参照)
【注1】天爵:その人に自然に備わった徳の高さ(広辞苑)

CIMG0793全体@ CIMG0789親柱@
矢田川を背に標柱が立っている(右は水防倉庫) 「やたのハはし」・「明治17年10月」とある

           

東区矢田町3丁目
 

     

  

清沢満之の碑

 梅雨時の晴れた日、清沢満之の足跡を辿ってみました。
 氏は現在の黒門町の生まれで、筒井小学校の1回生(明治5年入学)、昭和27年には50回忌の記念事業として「頌徳記念碑」(注1)が校舎南門内に建てられました。刻まれた文字、清沢満之の像が雨に洗われ、濃さを増した新緑をバックにそびえていました。碑の東側には、筒井町の町名の由来にもなった「筒井づつ」(注2)が置かれていました。
 清沢満之は、「今親鸞」といわれた宗教家でもあり、修行寺として知られる覚音寺には、41才という若さで亡くなった彼の絶筆「我が信念の碑」があり、訪ねる人を静かに見守っていました。時には脇道に入り、往時の風情を保つ界隈を散策してみてはいかがでしょうか。
(参考資料:当会資料、東区の歴史、ひがし見聞録)

CIMG0609満之碑 CIMG0606@
   静かに佇む碑  「我はかくの如く如来を信ず」
CIMG0610アップ@ CIMG0614筒井づつ@
   線刻された満之の像    睡蓮の花が彩りを添えて

注1:碑の前面には「須く(すべからく)自己を省察すべし 大道を見知すべし」の文字と満之の
   像が彫られている。
   背面には満之の履歴が撰せられているとのことだが、風雪を経てはっきり読み取ることは
   出来ませんでした。
注2:江戸期、建中寺の堀から湧いていた清水が水筒先の方へ流れ、その通路に当たる門前の広場
   には、石の桶が埋められていたことが町名になった。(蓬州旧勝録)

石井 垂穂(たりほ) 歌碑 

 新緑に誘われ、東区の東北部、矢田川南岸にある長母寺を訪ねました。長母寺は平安末期、豪族山田次郎重忠が母の菩提の為に創建、その後、無住国師によって再興されました。
 当寺は尾張万歳(注1)の発祥の地と言われています。また無住国師入廷の折りの伝説、「ひのきの芽の寄生木(注2)」があります。山門(注3)を潜り、本堂(注:3)に向かう石畳を進むと左手に荘厳な弘法大師像が飛び込んできました。その手前の木立の中に「無空々々碑」の歌碑が木漏れ日の下に現れました。これは尾張藩士「石井垂穂」の歌碑だそうです。横には碑陰と思われる文字が刻まれていました。「もし娑婆の功徳を 閻魔問ふならば はか糞肥えにしたと答えむ 垂穂」だそうですが、長い風雪を経て「垂穂」の文字しか判読出来ませんでした。この歌碑は当時の位置とは異なっているとのことでしたが、そこにあるのは、それぞれ大変な歴史、伝説のあるものばかりでした。(お庫裏様のお話・当会マニュアル参照)

P5112507国師入廷地碑 P5112482歌碑
  無住国師入廷地碑      無空無空碑
P5112488弘法大師 P5112510本堂 P5112495宿り木
  弘法大師像     本堂  ツバキの木に宿り木

   注1:尾張万歳は無住国師が法華経を分かり易い言葉にして歌えるようにしたもの
   注2:寄生木は、ツバキ(現在のツバキの木は原木ではない)、サザンカなどに着いている
   注3:山門・本堂・庫裏は登録有形文化財

« 1 4 5 6 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.