「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

イベント

東区の山車まつり(筒井町・出来町天王祭)

 初夏の風物詩東区「天王祭」が3年ぶりに64,5(土・日)に開催されました。現状を鑑み宵祭りや徳川園の山車揃え、出会い等は行われず、筒井町2輌、出来町3輌が、それぞれの町内を曳行する形でした。天候にも恵まれ地域の方々の規律を守りながらの曳行は、穏やかな中にも活気が見られました。祭事役員を先頭に宰領や綱頭の指揮の下、町内各戸の無病息災、家内安全を願い法被姿の粋な若者や浴衣姿の子どもたちが力を合わせて曳行されていました。お囃子(はやし)は山車ごとに伝承されているそうで、曳行時と、からくり時などで数種類あると聞きました。見事なからくりは、所定の場所で奉納されるそうです。

 天王祭とは「牛頭天皇(ごずてんのう)」を祭ることにより疫病を鎮めようとする祭礼です。コロナ禍の早い収束もお願いしたいですね。
(さらに…)

報告「20周年を迎えて」

 去る4月18日(月)、当会設立「20周年」を迎え記念式典を開催する事が出来ました。当会の発足は平成13年に遡りますが、平成12年に講座を受講した18名の先人のたちによって発足したのが、「東区文化のみちガイドボランティア会」です。当時は様々な準備も殆ど手作業で進めたと伺っていますが、時代の変遷と共に情報手段も日進月歩、現在はインターネットの時代となり、YouTubeなどによる動画などの見る楽しさも増えてきました。時代の趨勢、速さ便利さも貴重ですが、時にはゆっくり丁寧な手作りガイドも大切ではないかと経験、研鑽を積み重ねながら活動をし、20年という長い年月を積み重ねてきました。この度の式典では充分なコロナ対策を考慮しつつ、先輩たちの貴重なお話を伺い、身の引き締まる思いをしました。
(さらに…)

桜みちまつり報告

 「桜咲く 前より紅気 立ち込めて(山口誓子)」      
 例年と比較すると開花は少しゆっくりで、俳句の如く今は咲き始めです。華やかな桜を待ち焦がれた皆様は、ちょっと戸惑われたようです。道ゆく人に見頃は?と幾度か尋ねられました。春光の柔らかな風を味わいながら、かわいいピンクの花々との会話やシャッタチャンスを探して楽しんでいました。総意工夫された展示やイベントに挑戦する家族連れ、ゆっくり散策される人、数輪の桜にカメラを向ける人たち、それぞれの春を満喫されていました。様々なことを思い出すよき日となったことでしょう。
(さらに…)

お知らせ「早咲き!桜みちまつり」と雛巡り

 二十四節気の雨水も過ぎ、日に日に春の息吹も強まり、足元の草花や樹木の枝先に薄緑に色づく芽が見られるようになりました。
 名古屋で最も早く咲くといわれる「オオカンザクラ」の並木道が近くにあります。コロナ禍で暫く中止されていましたが、今年は「桜みちまつり」が開催されます。老若男女を問わない全員参加型の楽しい企画です。
日時:3月12日(土)10:00〜15:00 雨天決行(詳細は各所配布のチラシでご確認下さい)

 この雨水に雛人形を飾るのには良い日とされているそうで、文化のみち(注1)雛巡りも(シールラリー)3月6日(日)まで開催されています。もうすぐ本格的な春・・ゆっくり、まったり散策してみてはいかがでしょう。
(さらに…)

「生涯学習まつり」報告

 「小春日や 木菟(づく)をとめたる 竹の枝(芥川龍之介)」

 11月13.14日(土・日)両日とも,穏やかな小春日和の中での開催でした。気候も良く街路樹の紅葉も始まり人々の目を楽しませてくれますが、反面、行楽にも良かったのでしょう、過去と比較すると訪れる方は少し寂しく感じました。新生活様式で活動の自粛も多かったのかもしれません。それでも体育室では、参加されている団体でのイベントや展示、ゲームなどで歓声があがっていました。また当会での東寺町散策は盛況で、みなさんが熱心にメモをとりながら楽しんでおられました。
(さらに…)

1 2 3 15 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.