「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

イベント

特別企画「義直・宗春ゆかりのコース」報告

 「山茶花や 日のあたりゆく 軒の霜(室生犀星)」
 立冬も過ぎ、冬の気配がたち始めました。初候でいわれる「山茶花初めて咲く」に合わせたように垣根や庭先を彩り始めました。

 秋のイベントとして「尾張徳川家ゆかりの見どころガイドツアー」を開催しました。これは令和2年に発行された、尾張徳川家ゆかりの寺院や案内マップを元に企画したものです。「文化のみちあれこれ」の冊子でも歴代藩主をご紹介していますが、今回も大変関心が高く、早い時期に定員に達する盛況振りでした。新生活様式も定着しつつある現在、皆様の学びの姿勢を垣間見ることができ、新たな出会いに、熱気に圧倒される有意義な場となったように感じました。
(さらに…)

文化のみち「パネル展示と散策会」報告

 「静かなる 月日の庭や 石蕗(つわぶき)の花 高浜虚子」
石蕗は秋の終わりを告げ、そして冬の訪れを静かに教えてくれる花だそうです。今、佐助邸の庭では,この黄色の花が落ち着いた風情を漂わせています。

 邸内では、佐助さんの息づかいが聞こえそうな当時の生活実態をお伝えできるよう丁寧に説明するとともにご覧いただきましたが、いかがでしたでしょうか。長引くコロナ禍で対面ガイドは控えさせていただいておりますが、椙山女学園大学の皆さんとロボホンが邸内の案内をしてくれました。老若男女の皆さんが、見て、触れて、お話しする和やかな場となりました。
(さらに…)

お知らせ「東生涯学習まつり再開」

 11月23日は霜降(そうこう)。秋を象徴する季節で日本人の心を揺さぶる時季なのです。規律を守りつつも久振りのフリーを楽しんでみてください。
 昨年はコロナ禍の影響もあって中止となりました「生涯学習まつり2021」が本年は開催される運びとなりました。
 キャッチフレーズは「行ってみよう、見てみよう、やってみよう」です。このイベントは館内で活躍している団体やサークル活動の発表の場でもありますが、相互の交流を深める大切な場ともなっています。
 当会は、‘尾張歴代藩主と建中寺のパネル展’“東区見所写真展”‘東寺町巡り“を予定しています。東区の魅力は満載で、まだまだ知らない世界への探索を進めつつ活動しています。コロナ禍の収束までは制約もありますので皆様のご協力を得ることにはなりますが、秋澄む一日を鑑賞、体験、ふれあいの秋を楽しまれてみては如何でしょうか。

1【生涯学習まつり2021】
 日時:11月13日(土) 9時45分〜17時00分
    11月14日(日) 9時45分〜16時00分
 場所:東生涯学習センター 1階〜3階(当会は3階体育室で展示)
 ☆活動発表、展示、ゲーム内容など詳細は各所配布チラシでご確認下さい)

2【散策会 絵図でめぐる東寺町】
 実施日時:11月14日(日) 13時00分〜15時00分
 集合時間,場所:12時45分 東生涯学習センター 視聴覚室
 解散時間,場所:15時00分 含笑寺
 参加費は無料(保険契約はしていません)
 参加者 定員20名(先着順 定員になり次第受け付け終了)
 申込み方法 ①当会 事前申込みメールアドレス
        info@higashibgv.com 
             
②欠員のある場合 当日受け付けあり
        12時30分〜45分(視聴覚室で受付)

東寺町は江戸時代には大いに賑わいました。絵図を読み解きながら ‘今“を重ね、ゆっくり、まったり散策していただけると嬉しいです。
皆様のお越しをお待ちしています。

 楽しい企画満載      行って、見て体験・・
江戸を想像しながら   以前のガイドの様子(照遠寺)

 

文化のみち「パネル展示と散策会」のお知らせ

 「吹き消した やうに日暮れる 花野かな(小林一茶)」秋の日は釣瓶落としと言われるように、‘秋“を感じるようになりました。10月8日は寒露です。秋の清々しさと趣を感じながらの展示観賞、散策はいかがでしょうか。
 「歩こう文化のみち」は本年も残念ながら中止になりました。そこで当会の「独自企画」として、皆さまに楽しんでいただける「展示と散策会」を開催することと致しました。

 大正ロマンの残る「旧豊田佐助邸」の魅力を、パネル展示で分かり易くご案内致します。大正時代の生活が今、「こ・こ」には残されています。
 また、「文化のみち界隈を訪ねて」の散策会を11/7に開催いたします。
 コロナ禍の影響もあり、対面のガイドは控えさせていただきますが、観て・体感して、ご堪能していただけると幸いです。

1 【旧豊田佐助邸の魅力】パネル展
 日時:11/3(水)〜11/7(日) 10:00〜15:30  佐助邸内

2 【文化のみち界隈の魅力を訪ねて】散策会(午前・午後の2コース)
 ①実施日時:11/7(日) 10:00〜11:30 (午前コース)
 集合場所: 9:45 名古屋市市政資料館(解散二葉館)

 ②実施日時:11/7(日) 13:00〜14:30(午後コース)
 集合場所:12:45 名古屋市市政資料館(解散陶磁器会館)
 ☆申込み ①事前申込みメールアドレス info@higashibgv.com
             申し込み用紙は佐助邸にあります
      ②事前申込みで欠員がある場合は当日受付あり(市政資料館前)
       午前ツアー:9:30〜9:45 午後ツアー:12:30〜12:45
      (詳細はチラシ、HP(行事予定)でご確認下さい)
この頃になると雁が北から渡ってきて、不老長寿の薬効があるという菊の花が咲き始めます。そして、庭先ではコオロギが盛んに鳴き始め秋澄む季節となってきます。町並み保存地区を「今とむかし」に思いを馳せながら秋を感じ、ゆっくり・まったり味わって見ては如何でしょう。有意義な“ひとときを”皆様と分かち合えることを願っています。

 

「特別企画」のお知らせ

 緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ余談を許さない状況が続きそうです。
 恒例の「歩こう文化のみち」は昨年に引き続き、本年も中止となりました。そこで当会では、名古屋市東区役所主催「特別企画」のガイドをさせていただくこととなりました。東区は尾張徳川家との繋がりも深く、歴史や貴重な遺産の宝庫でもあります。藩祖義直・七代藩主宗春に関連する寺院巡り東・西コース、菩提寺である建中寺の3コースをご用意致しました。
 コロナ禍でのルールを充分に考慮しながら、秋の雲や風、木々の移ろいを感じながら旅の気分をお楽しみいただけるといいなと思います。心を込めてご案内致します。徐々に平常の生活へ移行していくことを祈りつつ、皆様と共に「出会い・ふれあい・学び合い」ができる事を願っております。

【コース】
1 10/29(金) 義直、宗春ゆかりの西コース(貞祖院、養念寺など)
         集合:10:00 桜通線「高岳駅」改札出口

2 11/5(金)  義直、宗春ゆかりの東コース(無量寿院、情妙寺など)
                 集合:10:00 桜通線「車道駅」改札出口

3 11/10(水) 建中寺の見どころと 御霊屋屋根修復現場見学)
         集合:10:00 建中寺 三門前(本堂・ 御霊屋など)
         
 【応募方法】
 :定員    各20人(1人1応募、応募者多数の場合は抽選)
 :申し込み  10/20まで 
        電子メールまたは往復はがきで希望するコース番号を記入。
       (複数申し込み可)氏名、住所、電話番号を明記して下さい。
 ☆電子メールの場合;NNPO法人 
           東区文化のみちガイドボランティアの会
           info@higashibgv.com(チラシQRコードが便利です)
 ☆往復はがきで申し込む:〒461-8640
                         東区筒井1-7-74 東区企画経理室宛
☆問い合わせ:東区企画経理室 電話 052-934-1106
注:広報なごや10月号にも掲載されていますので、ご確認下さい。
※旧豊田佐助邸での展示につきましては、ただ今準備中ですので次回お知らせ致します。

« 1 2 3 15 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.