「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します

名所案内

  • HOME »
  • 名所案内
徳川園 徳川園(東区徳川町) 二代藩主徳川光友が隠居所として造営。園内には茶室が造られ、海・山・里の風景を取り入れた池泉廻遊式の大名庭園。
IMG_2070 建中寺(東区筒井1丁目) 二代藩主 徳川光友が初代義直の菩提を弔うため建立。境内に壮大な三門(山門)・本堂・経蔵などと21代までを祀った御霊屋(ごれいや)が在ります。
CIMG9953切り抜き 名古屋市市政資料館(東区白壁一丁目) 市政資料館は、名古屋市市役所の東にあり、赤い煉瓦と緑の銅板の組み合わせが美しく重厚で厳かな雰囲気が感じられる建物です。
DSC_0202 旧豊田利三郎邸門・塀(東区白壁四丁目) 豊田佐吉の娘婿であった豊田利三郎の旧邸宅跡。大正7年の建築だが、昭和60年にマンションとなる。門は格式のある薬医門、塀には武者窓が見られる。
DSC01891 文化のみち百花百草(東区白壁四丁目) 大正9年に建てられた邸宅を平成19年書院、茶室、土蔵などを改修し、新たにホールを設けて開設。各種の展示やお茶会に利用されている。四季を通じて楽しめる庭園が素晴らしい。
CIMG1334 主税町教会(東区主税町三丁目) 明治20年(1887)フランス人宣教師テュルパン神父によって名古屋に初めて造られたカトリック教会である。東海三県下では最も古く当時は天主公教会と呼ばれていた。
旧豊田佐助邸 旧豊田佐助邸(東区主税町三丁目) 佐助氏は、豊田佐吉氏の末弟です。600坪の敷地に白いタイル貼りの2階建て洋館と豪壮な2階建て和館からなっており、大正12年上棟の棟札が兄弟の両親の写真と共に掲示されています。
CIMG9541縮小 主税町長屋門(東区主税町四丁目) 中級武士が屋敷を構えた長屋の一部を門とした形式の建築物。江戸期より当時の位置のまま残る武家屋敷門。
CIMG9576 文化のみち橦木館(東区橦木町二丁目) 大正15年、陶磁器輸出商井元為三郎によって建てられた和洋折衷の邸宅。和館、蔵、色鮮やかなステンドグラスに満たされた洋館がある。平成8年市指定文化財となる。
CIMG9803縮小 山吹谷公園(東区橦木町二丁目) 那古野山の谷合にあったこの地は、江戸時代より山吹の花の名所として人々が花見に訪れた花の名所であった。現在でも起伏に富んだこの地は山吹谷公園として親しまれている。名古屋第三高等女学校の校碑と昭和20年爆死した女生徒を偲ぶ碑がある。
DSC01338文化のみち二葉館 文化のみち二葉館(東区橦木町三丁目) 電力王 福沢桃介と国際女優 川上貞奴が旧所在地 東二葉町で大正9年から大正15年頃まで居住した旧川上貞奴邸。平成17年2月よりこの地に復元移築。

朝日文左衛門宅跡
「太閤本店」の交差点あたりに屋敷があった。尾張藩の初代御畳奉行であったが、17才より27年間書き続けた日記「鸚鵡籠中記」の作者として有名である。

旧西川秋次邸
豊田佐吉に仕え、絶大な信頼を得る。佐吉が上海に設立した「豊田紡織廠」の責任者となり活躍した。晩年、私財にて「西秋奨学会」を設立する。門、塀は大正末の面影が偲ばれる。

料亭 か茂免
明治44年(1911)建築。名古屋の中心的紙問屋、中井巳次郎の旧邸であり、賀陽宮などが師団長時宿舎になるが、戦後売却され、昭和23年より料亭「か茂免」として営業している。

文会書庫跡
安永3年(1773)、河村秀穎により設立された。河村家は代々尾張藩随一の学者の家柄で、三代にわたって収集した蔵書2万巻を一般公開した。私設図書館のはしりである。

桜井邸
明治38年(1905)建築。帝国撚糸専務桜井善吉が自ら設計して建てた洋館であり、明治時代の個人住宅としては名古屋でも最古の邸宅に属する。桜井家は尾張藩の重臣として明治まで仕えた。都市景観重要建築物

カトリック主税町記念聖堂
明治20年(1887)、東海地方最古のカトリック教会として士族屋敷を購入し、長屋を聖堂として改造する。明治37年、現在の聖堂の原型となる礼拝堂が建てられた。明治42年ルルドの洞窟を再現。平成27年、教会機能が布池教会に移される。

料亭 香楽
明治34年(1901)建築。30~100石未満の武家屋敷の門構え(棟門)が偲ばれる。戦後中区より移転した料亭が営業している。

旧春田鉄次郎邸
大正13年(1924)建築。陶磁器の輸出貿易商でニューヨークなど海外にも多くの支店をもった鉄次郎の自邸として建てられた和洋折衷の住宅である。設計者は武田五一。洋館1階部分は現在レストランが営業中。

森村組工場跡地
森村組(現ノリタケ)は明治28年(1895)にこの地に画付け作業場を集約し、千人規模の工場を作る。 東区は多くの画付け工場や貿易業者が軒を連ねる日本の輸出陶磁器の最大生産地、集積地となった。

金城学院高等学校
明治22年(1889)この地方3番目の女学校として創設された。榮光館(礼拝堂兼講堂)は都市景観重要建築物。敷地内に牛馬用水(車を引く牛や馬のための飲み水)が残されている。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.