「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

佐助邸あれこれ

佐助邸あれこれ “夏を涼しく”

 梅雨に似合うアジサイが、紫、ピンク、青、白・・色とりどりの花が彩りを変え、人々の目を楽しませてくれます。原種は日本で「ガクアジサイ」と言われ、藍色が集まる「あづさい(集真藍)」から転じたともいわれています。

 佐助邸でも可愛いアジサイが庭の片隅から来邸者に微笑みかけています。大正ロマン漂う佐助邸ですが、住人が過ごした穏やかな日常を連想することもできますし、暑い夏に備えて夏障子や無双連子窓を巧みに使い、涼を取っていた様子なども見ていただけます。「懐かしいわ」「初めて見ました」と年齢層によって印象は様々ですが、時には喧騒を忘れて静かな時を過ごしてみてはいかがでしょうか。
 佐助邸では常駐ガイドを「火、木、土」10:00〜15:30に行っております。
(さらに…)

佐助邸あれこれ 「令和の幕開け」

 5月1日・・いよいよ新元号「令和」のスタートです。「令和」には人々が美しく心を寄せ合う中で、新しい文化、新しい時代を切り開いていくという思いが込められているとのことです。当会は平成に発足、先輩たちの足跡を大切に高村光太郎の「道程」のように着実な道を築いていけることを願いたいと思います。

 佐助邸は大正、昭和、平成を経て、令和へと歴史を紡いでいきます。邸内には大正浪漫が漂い、穏やかな日常生活があった史実を見ることが出来ます。 門にはクロマツ「見越しの松」がそびえ、喧騒の日常から「静」へと誘ってくれます。
(さらに…)

佐助邸あれこれ

 冬至(22日)も過ぎ平成30年、戌年も残すところ数日となりました。冬至は1年で最も日照時間の短い日ですが、「一陽来復」といってこの日を境に運気が上昇するとも言われています。是非あやかりたいものですね。

 当会は、「見つけよう! 見てみよう! 伝えよう!」を合言葉に,会員相互の学びを大切に、研修会、見学会などからも疑問を丁寧に紐解き、共有しながら、ガイドの充実を心がけて参りました。今後もお客様の笑顔を励みに、「日々是好日」を心がけていきたいと思います。1年間お付き合いいただきありがとうございました。そして、どうか良いお年をお迎えください。
☆年末年始のお休みは:12月29日から1月3日まで 
(さらに…)

「歩こう文化のみち」報告1

 去る11月3日(祝、土)に、恒例となった「歩こう文化のみち」が本年も開催されました。この地域には尾張徳川家に由来する寺社や、江戸時代から続く商家、近代産業の担い手となった方々の邸宅、陶磁器発祥の地として今に残るに相応しい会館や遺産などが数多くあります。

 当日は、市工芸の学生さん力作のパンフレットを片手に、スタンプラリーを楽しまれる方、特別公開の寺社や商家を見学される方、芸術の秋にふさわしい体験、展示作品をじっくり観賞される方とそれぞれの楽しみ方で溢れていました。紅葉を始めた木々、季節の花々を愛でながら有意義な一日を過ごされ、皆さんの笑顔が素敵でした。
(さらに…)

佐助邸あれこれ

 今年も余すところ僅かとなりましたが、この一年、皆様にとってどんな年だったのでしょうか。
   当会は会員相互の親睦の場、学びの場として、研修会や各種の会合を開き、更に充実したご案内ができるよう、レベルアップに取り組んで参りました。
  ブログも名古屋大学、同大学院とのコラボレーションにより、若い柔軟な発想や専門的な技術を取り入れ、新しい紙面づくりにも挑戦してきました。ご覧になっていかが感じられたでしょうか。恒例の秋の行事でも、今年は「語り継ごう“東区ゆかりの近代産業”」のパネルの展示を行い、来館された方々との交流もあり親睦を深めました。その結果、「友の会」も発足し、今後は連携を密にしながら、次年度へ繋げていきたいと思っています。一年間お付き合い頂き有り難うございました。どうか良いお年をお迎えください。

(秋のイベントは、ブログのカテゴリー、活動報告からご覧いただけます)

(さらに…)

1 2 3 11 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.