「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

佐助邸あれこれ

行事中止のお知らせ

 毎年恒例の11月3日に開催されておりました、「11・3歩こう文化のみち」は、昨年に引き続き中止となりました。 
 遠くで僅かな光が見えるようになって参りましたが、これもコロナと一緒の生活のようです。一日も早いコロナ禍の収束を願い、恒例行事の再開を願いたいと思います。

【予告】
 毎年、佐助邸での展示を楽しみにお待ちいただく方もおいでです。
 そこで現在「ガイボラ独自企画」を計画中です。日程は11月3日(水)から11月7日(日)を予定しておりますが、詳細は確定次第HPやチラシでお知らせさせていただきます。
 新生活様式への変更を求められる中、安心してご来館いただけるよう配慮しながら、実施出来るよう精鋭努力中です。現況を鑑み、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

佐助邸・橦木館」再開日のお知らせ

 佐助邸は、安全確保のため行って参りました塀の改修工事を、当初2月末迄とお伝え致して参りましたが、諸般の事情により日延べさせて頂くことになりました。この度、最終確認もほぼ終わり、下記の日程で再開することになりました。
 尚、再開後も検温、マスク着用などと共に三密にもご配慮頂き、コロナウイルス対策にご協力のほど宜しくお願い致します。

1、旧豊田佐助邸(旧春田鉄次郎邸は引き続き開館しております)
 令和3年3月9日(火)〜 (10:00から15:30まで)
 現在はコロナ禍での再開ですので、ガイドは出来ませんが、音声案内や説明版設置、案内書など資料での充実を図って参りたいと存じますので、どうぞ大正ロマンをご堪能下さい。

2、文化のみち橦木館(詳細は橦木館HPをご確認下さい)
 令和3年3月16日(火) 10:00から開館(予定)です。
 こちらも併せてよろしくお願い致します。

旧豊田佐助邸「臨時休館」のお知らせ

 ご予定いただいておりました皆さまには大変申し訳ございませんが、佐助邸の塀に老朽化が目立ち、このたび改修工事をすることになりました。安全対策のためですので、ご協力とご理解の程よろしくお願い致します。
 尚、この期間中は、旧春田鉄次郎邸(西隣)1階和室を仮事務所と致します。
 この間、佐助邸の見学は出来ませんので御了承下さい。

休館期間:2020年12月1日(火)〜2021年2月28日(金)までの3ヵ月間

佐助邸あれこれ

 「秋深き 隣はなにを する人ぞ(松尾芭蕉)」と詠われ秋、この時期を書に親しむのはいかがでしょう。
 佐助邸で、「尾張歴代藩主と建中寺」の特別パネル展示が11月1日(日)から始まりました。
 ここ佐助邸は大正5年に白タイル張り、陸(ろく)屋根の洋館風を造り、その後、大正12年に豊田佐助(佐吉の弟)が和館を増築し家族と共に居住した、大正時代を彷彿とさせる貴重な建物です。
 この洋館の1・2階に、渾身の力を込めて作成した!「ガイドの目から見た」お薦めスポットや、新しく見つかった事実等を満載したと自負しております。学びの秋、歴史を紐解く一助としてじっくり観賞され、ご参考になさってはいかがでしょう。
 ☆展示は11月1日(日)〜11月7日(土)10:00〜15:30迄です(月、休館)

(さらに…)

「佐助邸の今」と「防災訓練」

 「紫陽花や 藪を小庭の 別世界(松尾芭蕉)」
 梅雨入り宣言と同時に、しとしと降る雨と一体化した紫陽花は、佐助邸にも独特の雰囲気を醸し出し楚々と咲いていますので、見つけてください。
 新緑の樹々に加え、クチナシ、サツキ、クローバーなどが前庭や中庭を彩り、小鳥のさえずりと葉の音が合唱しています。そっと耳を澄ませてみてはいかがでしょうか。

 この地で、去る6月10日(水)に「防災訓練」を行いました。三密などでガイドには多少の制約もありますが、防災面にも十分配慮しながら開館しております。皆様のお越しをお待ちしております。
(さらに…)

1 2 3 12 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.