「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

佐助邸あれこれ

西川秋次と旅した鞄・・展示のお知らせ

【西川秋次邸見学】

 本年6月某日、西川秋次邸の見学会が行われました。「西川秋次邸が解体される?!」との報に接したことがきっかけで、折衝を重ね、お孫さんのご好意により実現しました。

 当日は西川邸の歴史や解体になった経緯、西川家に伝わる「炎のピアノ」の由来などのお話を丁寧に説明していただき、普段の秋次氏の人となりを知る大変貴重な時間となりました。
 今後の解体予定は判然としていないようですが、当時を偲ばせる門はそのまま残ると伺いホッとしました。貴重な建造物は、将来に残して欲しいと願うばかりです。

 西川秋次氏の人生は豊田佐吉翁との出合いから始まり、豊田家の繁栄を目指す生涯であったと思われます。佐吉翁を大将と呼び常にそばに寄り添い、佐吉翁からは絶対の信頼を得ていた方です。また、佐吉翁の兄弟(平吉・佐助)や、佐吉翁の子ども(喜一郎・愛子)の良き相談相手でもあったようです。発明王佐吉をひたすら支え、陰ひなたなく尽くす温厚な人柄が目に浮かびます。
 晩年は、佐吉翁の美挙にならい、自分自身の力で奨学会「財団法人西秋奨学会」を設立し、若者の育成にも貢献しています。佐吉翁から秋次氏へと以心伝心、静かに引継がれた善意の証しでもあるのでしょう。 

 お話しをいただいた後、邸内の見学をさせていただきましたが、往時を偲ばせる重厚な家具、多岐に亘る書物、そのほか数々の貴重品があり、佐吉翁ご夫妻の写真には、秋次氏が思いを寄せられた深さが感じられました。それらは、30余年の上海時代をも思いおこさせるに十分な品々でした。
 そして、最後に今なお健在の「炎のピアノ」での素晴らしい演奏があり、見学会の最後は懐かしい童謡の大合唱となりました。

 数多くの遺品の中に、秋次さんと共に旅をしたイニシャル入りの旅行鞄がありました。この鞄、幾つもの認可を経て佐助邸に置くことに決定、現在は「旧豊田佐助邸」2階洋館和室に展示されています。是非当時に思いを馳せ、秋次さんと一緒に世界の旅を楽しんでみてください。(西川秋次の生涯、当会資料参照)

    西川秋次邸門   佐助邸に展示された鞄
  若き日の佐吉ご夫妻     玄関でお出迎え
  100余年前のピアノ   素晴らしい音色と共に
     鬼瓦   モダンなアーチも・・

イベントのお知らせⅢ

 梅一輪 一輪ほどの 暖かさ 旧豊田佐助邸(注1)の前庭にも紅白の梅がほころび、メジロやスズメなどが戯れ、長閑なひとときが出現しています。
 縁側を少しだけ強くなった陽射しが照らし、ポカポカの陽だまりが「何とも懐かしい」と来邸の方々からの声も聞かれるようになりました。
 でも時には、冷暖房になれた小学生たちの社会科見学の際に、「当時、今のような冷暖房設備はなかったんだよ」の説明には「えっ!」と一瞬は驚きの表情になるのです。そこで「無双連子窓(注2)、夏障子(注3)、蚊帳を使った当時の生活の知恵に、興味津々で目が輝き始めるようです。この子らの熱心にメモをしたり質問したりする姿を見ると、当会が少しは役立っているのかと、嬉しくなってきます。こんな機会を通して、貴重な地域の歴史や、建造物の存在が将来に引き継がれていくことは嬉しいことです。

 そんな大正浪漫の残る佐助邸ですが、遂に洋館築後100周年となり、昨年11月3日「歩こう文化のみち」の企画では、100周年記念展示を開催させていただきました。大変好評でしたので、現在高岳福祉会館(泉2)3階廊下において、3月10日(金)まで再展示をしております。
 去る2月10日(金)には「旧豊田佐助邸洋館築後100周年記念展 グレートファミリー豊田家の人々」と題して講演会を行いましたが、大勢の方々にご参加いただき、その関心の深さを知りました。見逃された方は、是非展示をご覧いただき、当時の貴重な建物やグレートファミリーの歩みを佐助邸で体感してみてください。今までとちがった豊田家ファミリーの一面が見えてくるかもしれません。

 また、3月11日には「早咲き!桜みちまつり2017」も開催されます。当会では「文化のみち二葉館」「橦木館」のガイドをさせていただきます。

 そして、「名古屋お屋敷巡り 4館スタンプラリー」が、3月8日(水)から3月26日(日)まで開催されます。旧豊田佐助邸もその内の一つに含まれていますので、貴重な遺産でもある建造物のスタンプラリーを楽しみながら、一昔前の鼓動を感じてみて下さい。

    春の足音?!            波型無双連子窓
    真剣な眼差し   夏障子って?・・
     講演の様子   展示を興味深げに
     高岳展示の案内 御屋敷めぐりのお知らせ

注1:認定地域建造物資産に認定されている
注2:換気を目的として、雨戸の一部や和風建築の台所の欄間などに用いられる
注3:夏場の日差しを遮ると同時に、通風を得るという我が国の高温多湿気候に対処した建具「簾戸、葦度ともいう」(注2,3は木造建築用語辞典参照)

佐助邸あれこれ

明けましておめでとうございます。「時告げ鳥(注1)のしじまに響く鳴き声から新しい年が始まりました(昔の懐かしい原風景が蘇ります)。

 昨年は常駐している旧豊田佐助邸「洋館築後100年記念」「グレートファミリー豊田家の人びと」の展示を行い大変好評を博しました。このため来る2月10日から1ヵ月間、高岳福祉会館(注2)で再展示することになっています。
そんな折り、今年は佐助さんの兄で発明王と言われる「豊田佐吉翁」の生誕150年だそうです。生誕地の静岡県湖西市では、偉大な業績を顕彰する祭りが開催されると報じられています。何か不思議な繋がりを感じました。「雀の巣も構うに溜まる」のことばのように、積み重ねていく大切さを改めて痛感した年始でした。

 佐助邸をじっくり見てみると、所々に兄弟の絆が見えてくると思いますよ。
 ご案内すると必ず「おお〜!」と歓声があがるのは「とよた」の文字と縁起物の鶴亀で表された自然換気口です。このマークは、襖絵やその他にも隠れていますので、上下左右を丹念に探しながらお楽しみ下さい。「トヨタ」のマークの変遷等、興味深いものもまだあると思います。

 今年の酉年に因んで佐助邸の「とり・トリ・鶏・鳥」探しに挑戦してみました。庭には雀、白セキレイ、ツグミ、鳩・・時には飛び込み?でインコが舞い込むこともあり、何とも平和な区域になっています。

 室内では、中国古代の想像上の瑞鳥(ずいちょう)鳳凰(嘴は鶏)が飛び、襖の中で優雅に羽ばたく鶴、見逃しそうな取っ手にも数種類のトリが描かれています。佐助さん達の息吹が感じられるかもしれませんよ。小寒に入った今、時には穏やかな陽光と静寂を求めて、楽しんでみて下さい。

佐吉翁のことば「障子を開けて見よ 外は広いぞ」を実感しながら、大空を悠然と舞い、俯瞰出来たらいいなぁと思います。そして、実りある紙面作りを心掛けたいと思いますので、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

img_0126%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af cimg6591%e9%b3%b3%e5%87%b0
  鶴亀のマーク(天井)     鳳凰(欄間)
image257%e8%a5%96 cimg6596%e9%b3%b3%e5%87%b0%e3%81%a8%e9%a3%9b%e9%9b%b2
    襖の中に    鳳凰と飛雲?
pb290645%e9%b3%a5 pb290639%e3%83%88%e3%83%aa
     飛翔・・     見守って

注1:鶏(酉)のこと
注2:名古屋市東区泉2丁目  2月10日〜3月10日まで3階廊下にて展示

佐助邸あれこれ

 師走という文字どおり12月は、あっという間に過ぎようとしています。恒例になった、一年の世相を漢字一文字で表す漢字は「金」が選ばれました。オリンピックでの金メダルラッシュやアメリカ大統領の「金」髪、首都の金銭をめぐる話題などからだそうです。

 私どもの身近にある「金」からの連想で最初に浮かんだのは、佐助邸の襖です。見事な襖絵が各部屋に設えられており、佐助邸の見所の一つです。豪華絢爛ではありませんが、落ち着いた佇まいは往年の佐助さんを彷彿とさせてくれます。奇しくも今年は洋館築後百年を迎えた年でもあり、記念展示も開催されるなど、節目の年でもありました。特に洋館二階にある襖絵には多くの方々が関心を寄せられ、時に感嘆の声も聞かれました。洋と和の織りなす微妙な調和が、独特な空間をつくり出し、それぞれの思いを拡げているように思えました。

 また和館にある襖と取っ手、欄間の調和などを、時にはじっくりとご覧いただくのはいかがでしょう。年齢層ごとに「懐かしいなあ」と正座してゆっくり味わう人、側に寄って「すごいねえ」とじっくり観賞する人、それぞれの感慨も違うようですが、想いは古き良き時代へと繋がっているようです。

 そんなことを考えながら、当会の今年の漢字は何だったろう?「超、挑、進、・・?」と思いを巡らせています。当会も時代の波に乗り遅れないように学びの場の充実、新たなITへの挑戦など・・に取り組み、切磋琢磨し、たとえ僅かでも前進したいと思っています。

☆佐助邸では、「火・木・土」10時から15時30分まで、ガイド係が常駐し、ご案内をさせていただいております。お気軽にお声掛けください。

cimg3835%e6%b4%8b%e9%a4%a8%ef%bc%92%e9%9a%8e cimg6593%e5%8f%96%e3%81%a3%e6%89%8b
  欄間との見事な調和   重厚さを演出
cimg54752%e9%9a%8e%e8%a5%96 pb290648%e5%9c%b0%e8%a2%8b
  部屋を際立たせて   地袋(楚々と・・)
cimg5910 cimg5913%e8%b1%8a%e7%94%b0%e5%ae%b6%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%9f%e3%83%aa%e3%83%bc
  築後百年展示(建物)   歴史を紐解いて
cimg6480 cimg6580
  ピラカンサの花と実   庭園の装い

佐助邸あれこれ

  今年の干支は「申」ということで、新春の拙文に干支に事寄せて、大広間の地袋に描かれた絵についてご紹介しました(注1)。これは、あくまでも私見で、願望と推測の範囲のものでしたが、これについて、驚くべき意外な発見がありました。

 なんと、この地袋の絵は隅田八幡神社に伝わる国宝の「隅田八幡神社人物画像鏡(注2)」裏面の人物を抜粋、これを彩色したものだと記されていていたのです。初めて聞く神社名、何処にある?どんな鏡?いつ頃の物?・・・と、未知との遭遇にワクワク・ドキドキ、調べてみました。文献を探している内に、少しずつ絡まった糸がほぐれ始めてきました。神社は和歌山県にあること、この鏡は国宝の「人物画像鏡」であること、紀伊名所図会に模写されていることなどが分かってきました。調べを続けていると徐々に、遙か古からの脈絡、承継が僅かに見えてきたような気がしました。
 佐助邸の襖絵には「好文作」と署名、落款がおされていますが、多くの仲間が手を尽くして調べるのですが、「好文さん」を見付けることができないのです。描かれている別の襖絵は、あの歌川広重の近江八景によく似ていたり、金粉を使った素晴らしい作ばかりです。京都からみえた襖絵師さんのお話では、「これだけ描ける人は凄い人ですよ」とのことでしたが・・・。現在も様々な方面から調べていますが、未だ判明しておりません。もう少しこの解明作業を継続していきたいと思っています。

 今年は、佐助邸洋館が造られてから100周年になります。そんな折り、思いがけない発見や気づきがあったことに、不思議な巡り合わせを感じます。 
 秋には記念の展示会も予定されており、現在準備中です。これからもご来館いただいた皆様にそっと寄り添いながら、少しでも喜ばれるご案内が出来るよう心掛けていきたいと思います。(参考資料:日本の国宝、紀伊名所図会)

☆佐助邸には火・木・土、10時から15時30分まで常駐し、ご案内させていただいております。お気軽にお声かけください。

CIMG4954 隅田八幡神社人物画像鏡 3−2T
地袋に描かれた絵 人物画像鏡(写真,東京国立博物館)
CIMG3831襖、流れ CIMG2217修復された襖
左下には署名、落款 堅田の浮御堂(右端)

注1:こちらからご覧ください
注2:国宝人物画像鏡は東京国立博物館に寄託されている(日本の国宝参照)

1 2 3 10 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.