「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

タグ : 橦木館

お知らせ 旧春田鉄次郎邸見学とランチ

 7月16日は「海の日」です。早朝からのエネルギッシュな蝉の鳴き声、例年より早く夏本番になっているように感じます。猛暑の中、大正浪漫溢れる春田邸の見学と、豪華なフランス料理でひとときを過ごそうという企画です。
 この度、陶磁器貿易商として成功された春田鉄次郎邸において、“旧春田鉄次郎邸見学と「レストランデュボネ・ランチ」を楽しむ会”が開催されます。普段はお食事をしないとご覧になることが難しい1階洋間でのフランス料理と邸内ガイド、そして、その後は、町並み保存地区にある「旧豊田佐助邸、文化のみち橦木館、文化のみち二葉館」までの散策を企画しております。暑さに負けず、心身ともにリフレッシュしながらそれぞれの名所を楽しんでみるのは如何でしょうか。
★8月24日(金) 午前11時から、定員20名
★参加費5千円、申し込み期限8月17日(定員に達し次第締切,お早めに)
★申し込みなど詳細はこちらからご確認下さい。

(さらに…)

ひとり歩き 星祭り

 7月7日は五節句の一つ七夕ですが、別名「笹の節句、星祭り、乞巧奠(きこうでん)」とも言われます。七夕と言えば、織姫と彦星の物語を思い浮かべますが、中国古来の行事「乞巧奠」が、中国から日本に伝わり、朝廷の年中行事として取り入れられるようになったようです。その後、宮中行事が武家に移り江戸幕府は五節供(せっく)の一つと定め、詩歌や裁縫の上達を願って星に祈りを捧げ梶の葉(紙の原料)に和歌をしたためお祀りしていたそうです。民間行事となるのは江戸中期以後のようで、七夕飾りにつけられる「五色の短冊(注1)」やその他の飾りにも意味があるそうで、その由来を紐解いてみると奥深い文化が浮かび上がって来るのではないでしょうか。ご一緒に遙かなる旅に出かけてみませんか 

(さらに…)

お知らせ「高岳福祉会館 オープン講座」

 「夏草や 兵どもが 夢の跡」松尾芭蕉の俳句は有名ですが、東区にも貴重な夢の跡と素敵な歴史が残されています。この度、高岳福祉会館(東区2)において、「輸出陶磁器のまちー東区」と題してオープン講座が開催されることになりました。講師を当会が担当させていただき、東区の知られざる、また隠れた遺産や歴史を紐解きたいと、ただ今準備中です。時代の移り変わりと共に変遷していく事象も多々ありますが、記憶に留めておきたい事柄もあるのではないでしょうか。ご一緒に古を探索する、静かな旅に出かけてみませんか。
(福祉会館利用証が必要です。会館案内または会館にご確認下さい)

日にち:平成30年7月18日(水)
時 間:午後2時〜午後3時半(開場 午後1時から)
場 所:高岳福祉会館 3階 
テーマ:〜東区の歴史を学びましょう〜
    「輸出陶磁器のまちー東区」
(さらに…)

〔桜みちまつり〕2018

  立春も過ぎ、冷たい風の中にも来たるべき陽春に備えている草木があります。これを見ていると「春=(イコール)桜」の図式が目に浮かんできました。 
 名古屋市内で最初に咲くと言われる「オオカンザクラ」の並木も、春に向けての準備を始めました。三寒四温の中、僅かずつ強さを増す陽射し、早まる日の出を確実に感知して反応しています。大自然の揺るぎない流れには驚嘆するばかりです。
 今年も[桜みちまつり] が、3月10日(土)10時から15時まで、桜並木道周辺で開催されます。会場毎に、様々な工夫を凝らしたイベントが企画されています。
 当会も旧豊田佐助邸、文化のみち二葉館、橦木館でガイドをさせていただきます。
さあ、文化のみちを歩いてみませんか・・・
(さらに…)

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.