「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

徳川園の花

徳川園のこのごろ

7月7日は七夕、園内には可愛い園児たちの願いごとが書かれた短冊が飾られ、そよぐ風に揺れています。そして「小暑」でもあり、本格的な暑さの始まる頃だそうです。雨のしとしと降る中・・・木々の淡い、濃い緑が、目に優しく映り、ゆったりとした時間を提供してくれます。来園された方から「暫くここでゆっくりしていたいですね!」の言葉が発せられ、喧騒を離れた庭園が、心に豊かさを与えてくれることを実感しました。
この徳川園、尾張二代藩主光友が隠居屋敷として造営した大曽根屋敷が起源といわれていますが、13万坪もあったといわれる往時、光友もそんなゆったりとしたひとときを過ごしたのでしょう。龍仙湖に於いては、16挺立ての舟を浮かべて、趣向を変えて遊ばれたと伝えられています。
足元に目をやれば、夏至の頃に咲くといわれる半夏生(注1)が、鮮やかなコントラストで目を楽しませてくれます。春先の華やかさはありませんが、落ち着いた風情が、ここを訪れる人の心を癒してくれます。
最近のことですが、「尾張徳川家大曽根邸/明治末期の風景」のパネルを見つけました。黒門から入り、徳川美術館に向かう途中の右手(メーグルバス乗り場への道)にあります。ゆっくり散策していますと、思いもかけない発見があるかも知れません。そぼ降る雨の中、徳川園で初夏を楽しんで下さい。

CIMG3729 CIMG3701
黒門(三間薬医門) 大曽根邸の変遷
CIMG3633コムラサキシキブ花縮 CIMG5452半夏生
コムラサキシキブ 湖畔で咲く半夏生
ナデシコと石 CIMG3638七夕
そっと寄り添うナデシコ 京都、二条城庭園風 七夕飾り

注1:今年は7月2日、雑節の一つで夏至から11日目のことをいう。この頃花を付けるからという説、葉の一部が白くなり花より目立つので、半化粧と言われる等と、諸説あるようです。

徳川園のこのごろ 〜マガモの親子〜

五月晴れの徳川園・・・、今年もマガモのひなが孵り、龍仙湖で子育てをしています。爽やかな風と穏やかな水面、2羽のひな鳥が自由に波紋を描きながら泳ぎまわっています。遊びに夢中な余り母鳥から離れると、すぐさま母鳥が傍に寄り、危険から回避させようとしています。この親子、縦横無尽に場所を変えていますが、亀島周辺か西湖堤の東側で姿を見ることが多いようです。成長するに従い、鯉との共演も見られるかも知れませんよ。昨年は、来園者の与える鯉の餌に反応し、餌取り合戦を繰り広げていました。(大抵は素早く反応する鯉の勝ちでしたが・・・)
この時期、そよ風に揺れるロッカクヤナギや新緑の木々が、緑の濃淡を演出しています。里山では淡い色のセンダン(注1)の花が、散策を楽しむ人々を見守っていますし、大曽根の瀧は新緑を背景に、一幅の名画になっています。小鳥のさえずり、トンボや蝶が優雅に舞い、水辺はまさに初夏そのものです。自然の中に入り込み、静かな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。
※当会では毎週金曜日、13時から15時30分(受付は15時)まで定時ガイドを行っております。
また、ご要望に合わせ依頼ガイドも行っております。
お問い合わせは Eメール:aoi2hanai9@io.ocn.ne.jpまでお願いします。

マガモの親子@ 競争?@
気持ちよさそう・・・ 鬼ごっこ???
CIMG2856@ CIMG2786
優しく見守って サワフタギ
CIMG2836@ CIMG2839@
新緑の中で・・(依頼ガイドの様子) 黒門ガイドの様子

注1:「栴檀は 二葉(双葉)より 芳し」の栴檀は白檀のことをいう。香木のビャクダンを、原産地インドではチャンダナと呼ばれ、中国に渡りチャンタン(栴檀の字を充てていた)となり、日本に伝わったときに、これをセンダンと読み違えたとの説もある。(現在中国では檀香と書く)

徳川園のこのごろ

柔らかな陽ざしと春風が、園内をキャンパスにして、水彩画を描き始めました。龍仙湖畔では、新緑をバックにロッカクヤナギが静かに揺れ、鯉と戯れています。また、ボタンまつり(4月11日(土)〜4月30日(木)まで)の始まった園では、55種1000株が、白・ピンク・赤・紫色・・と、彩りと気品と華麗さを競っています。さすが「花の王」、見る人の目を釘づけにしています。現在は5分咲きくらいですが、程なく豪華絢爛なその姿で多くの人を魅了するでしょう。
「立てばシャクヤク 座ればボタン 歩く姿はユリの花」とは女性の美しさを形容する言葉ですが、シャクヤクはすらりと伸びた茎の先端に付ける華麗な花で、ボタンは枝分かれした横向きの枝にあでやかに付ける花で、ユリは風を受けて揺れる風情が美しいことからと言われています。
「牡丹花は 咲き定まりて 静かなり 花の占めたる 位置のたしかさ(木下利玄)」と詠まれるように、丁度美しい女性が座っているようだから、座って見るのが一番美しいから・・など諸説あるようです。そんなことを考えながら様々な角度から観賞してみると、また違ったボタンに出会えるかも知れませんよ。園内に溢れるグリーンシャワーを浴び、種々の花の香りに浸りながら、散策されてみては如何でしょう。(諺辞典参照)
※当会では、毎週金曜日13時から15時まで園内ガイド(無料)を行っております。お気軽にお声かけ下さい。

CIMG2471 CIMG2445
奈良時代に渡来・・・ 上品な佇まい
CIMG2464 CIMG2453
風雅に 気品に満ちて
CIMG2509シャガの群生 CIMG2494ドウダン
シャガの群生 大津垣に寄り添って

徳川園のこのごろ

三寒四温・・の言葉の如く、春への装いも急ピッチで園内は心なしか華やいできたようです。今年は園内各所に飾られた花餅(注1)とお雛様が早春の園を優しく案内してくれ、例年とは違う雰囲気になっています。
里山への散策道では、水仙の群生と早春の花マンサクが競っていますし、四睡庵周辺では幾種かの椿が目を楽しませてくれています。時には四睡庵の窓から、じっくり珍しいツバキを愛でてみてはいかがでしょう。
龍仙湖周辺では、思いがけない出会いがあるかも知れません・・・。穏やかで暖かな日には、住所不定??のカワセミも来園して活躍します。湖面に描かれる一瞬の波紋!この鳥の特技を観賞するのも一興かも知れません。西湖堤辺りに飛来していることが多いようで、お見事の一語につきます。
瑞龍亭へと歩を進めますと、紅白のウメやゴモジュ、有楽ツバキがお出迎え、瑞龍亭で一服しながらの眺望も優雅なひとときとなることでしょう。瑞龍亭(お茶室)は貸出も行っておりますので、呈茶を楽しみながらの園内観賞は格別ではないでしょうか。日増しに暖かさを増す陽光に、また普段は気づかずに通り過ぎてしまう足元の草花の息吹に、待ち焦がれた春を実感してみて下さい。
自然の営みの確かさ、素晴らしさを体感できるかも知れませんよ。ただ関守石(注2)等が置かれた場所には入らないでくださいね。

CIMG1724 CIMG1727 CIMG1745天が下
マンサク アセビ 天が下
CIMG1373有楽椿 CIMG1701ウンナンオウバイ CIMG1690紅梅
有楽椿 オウバイ ミチシルベ
CIMG1675茶室から灯籠 P2221444関守石 CIMG1296
茶席から有楽灯籠 関守石 カワセミ・・一休み

注1:選定された六角柳を使用した手作りのもの
注2:日本庭園や神社仏閣において、立ち入り禁止を表示するために 用いられる石。

徳川園のこのごろ

 あけましておめでとうございます。
 万葉集に「桜田へ鶴(たづ)鳴きわたる 年魚千潟(あゆちがた) 潮干(しほひ)にけらし 鶴鳴きわたる」と、鶴の群れの様子を詠った和歌が載っています。これから、<愛知>の名が生じたとも言われていますが・・・。当会としましても鶴亀等の縁起ものに因み、鶴のように大空を飛翔し、亀のように一歩一歩確実に進む年になることを願っています。また、羊の如く穏やかな一年でありたいと念じる年頭でもあります。
 初夢で、縁起の良いものとして、「一富士、二鷹、三茄子」とよく言われますが、夢を見る日(注1)も地方によって違うようです。この説も徳川家康にまつわるもの(注2)、縁起を担いだ語呂合わせ(注3)などなど様々なようです。家康に関係するといえば、徳川園は尾張徳川二代藩主光友の御隠居所であり、門松も家康の思い(注4)がこもっている形があります。そこで年始めの寿ぎを求めて、徳川園を散策してみました。
 フユボタン祭も始まり、ボタンは藁がこいに抱かれて優しく来園者を出迎えてくれます。開園初日(1月2日)には福引きの他、お汁粉が振るまわれ、思いがけないおもてなしに舌鼓をうち、福引きにハラハラ、ドキドキしながら今年の運勢を占う姿があり、幸先の良い年明けとなりました。折から粉雪も舞い「おめでとうございます」の挨拶が自然と交わされる、心穏やかな庭園散策を堪能しました。
 本年もどうぞよろしくお願いします。
☆毎週金曜日の13時から15時、定時ガイドを行っております。お気軽にお声かけください。

CIMG1053鶴亀島とマガモ縮 CIMG1108鯉滝登り縮  
     亀島でマガモが一休み            鯉の滝登り・・  
CIMG1106灯籠と雪縮 CIMG1060ボタン観仙楼縮  
         灯籠も雪化粧          仲良くお出迎え  
CIMG1080瑞龍亭ロッカクヤナギとツバキ縮 CIMG1099里山縮  
ロッカクヤナギと御殿五色ツバキ(注5)   里山では華麗な立ち姿?!  

注1:1月1日の夜から2日の朝に見る。1月2日の夜から1月3日の朝に見るなどなど。
注2:①家康に縁のある駿河国の高いものの順(富士山、愛鷹山、初物の茄子の値段)
    ②家康の好きなものの順(富士山、鷹狩り、初物のなす・・・)
注3:冨士=無事、鷹=高く、なすび=事を成す
注4:こちらからご覧ください
注5:剪定されたロッカクヤナギ とツバキ(初春のごあいさつに再登場、茶室の花は園内の花々が楚々と飾られています)

« 1 2 3 4 11 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.