「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

徳川園の花

徳川園のこのごろ

2月19日は二十四節気の雨水で(注1)、お雛様を飾ると良い日とされているそうです。由来は諸説あるようですが、一つは日本神話からきているようで、日本書紀に出てくる罔象女神(みつはのめのかみ)は水神(注2)で、地方や地域によっては、子授けや安産の神として崇められていることからのようです。
因みに今、「文化のみち」では、ひな巡りスタンプラリーが行われ、スタンプを集めるとお雛様の台紙が完成します。各所で趣向を凝らしたお雛様が待っていますので、是非お楽しみください。
徳川園に於いても、黒門口、瑞龍亭、四睡庵など・・で可愛いお雛様が、そっと皆さまとの出会いを待っていますよ。見つけてくださいね。
そして、あちらこちらでも、春の息吹が感じられるようになってきました。里山では白梅が見ごろを迎え、福寿草もそっと咲き始めました。四睡庵北側では、白芯卜伴(はくしんぼくはん)、岩根絞りなどの椿が静かに咲いています。気づかずに通り過ぎてしまいがちですが、大曽根の瀧からの階段脇には樒(しきみ)の白い花が楚々と咲いていますし、足元に目を凝らすと、逞しい草花の新芽を見つけられると思います。
最近、“今日はゆっくり散策したくてきました”の言葉を多く聞きます。日常の喧騒から離れたい、自然の中で静かにひとときを過ごしたい、という願望が強いのでしょうか。時には、そんなまったり・・ゆったりの時を過ごされてみてはいかがでしょう。
当会では毎週金曜日、13:00〜15:30まで園内ガイド(無料)を行っております。お気軽にお声かけください。

CIMG3089瑞龍亭雛 CIMG2898スタンプラリー
瑞龍亭のお雛様 スタンプを集めると・・・
CIMG2884青軸 CIMG3084露地
白梅 露地で仲良く紅白梅
CIMG3099白芯卜伴 CIMG2873岩根絞り
白芯卜伴 岩根絞り
CIMG3102福寿草 CIMG3086ゴモジュ
福寿草 御門樹(ゴモジュ)

注1:雪が雨に変わり、春に向かっていく節目。昔は雨水をさかいに農作業の準備を始めた
注2:雪解け水が流れる川は昔、女性たちが炊事や洗濯をしに集まる場所で、その水は「生命を支えて育てる」という根源でもあり、信仰の対象でした。罔象女神は日本の代表的な水の神様で、水=母神と考えられていた

徳川園のこのごろ

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

黒門の前には門松、しめ縄(注1)が飾られ、その圧倒的な存在感は流石と言わせるものがあります。徳川園の門松は、徳川家康が始めたといわれる「そぎ(注2)」の入った竹と笹、そして松(左右に雄松と雌松)、梅結び(注3)というシンプルなものですが、それでいて、思わず襟を正させるものがあります。
園内は、2日から「徳川園のお正月」が開催されましたので、お福分けをいただこうと出かけてみました。2日には福引きとお汁粉が振る舞われ、龍門の瀧では、新春の運試し「難関突破の沢渡り」が行われました。老若男女、とりわけ受験生が果敢に挑戦し、見事に渡り切ると、難関突破証明書が手渡され、周囲からは温かい拍手と歓声が上がりました。
3日には、新春万歳(尾張万歳 注4)が開催され、門付け、御殿万歳、獅子舞、そして今年は新作も披露され、会場は笑いの渦に包まれました。
また2日からは冬ボタンまつりも始まり、例年に無い穏やかな陽ざしの中、藁囲いに抱かれ花の王様は、気高く咲き誇っていました。「冬牡丹 千鳥よ 雪のほととぎす 蕪村(注5)」の一句を思い出しました。雪の中で見る牡丹も風情がありますが、遠からず寒波がやって来るのかも知れませんね。牡丹まつりは2月21日(日)まで開催されています。
この一年が、皆さまにとって幸せな一年となりますようお祈り申し上げます。
☆当会は、1月5日(火)からご案内を始めさせていただきます。皆さまのお越しをお待ちしております。

CIMG2250 CIMG2251 CIMG2286
荘厳に 梅結び 茶室も新春の装い
CIMG2309 CIMG2292 CIMG2279
気品を漂わせ 居並ぶ姿は・・ 難関突破証明書が・・
CIMG2459 CIMG2476 CIMG2516
尾張万歳 獅子舞 勢揃い

注1:注連縄また標縄とも書き、神事に神聖な場所と下界を区別すために張る縄。新年に悪気が入らないよう家の出入り口に張ったりする。万葉集に標縄の例が見られる(言語由来辞典)
注2:金城温古録によれば、家康が唯一敗北した三方ヶ原の戦いで、武田信玄に対して次は斬るという念が始まりといわれている。
注3:梅の花を縄で結んだもの
注4:尾張万歳は、長母寺の住職であった無住国師が、仏教を説いて万歳を作り、分かり易い言葉にして歌えるようにしたのが始まりといわれている。江戸時代から正月や祝い事の席で演じられてきた。当時の尾張徳川家大曽根邸内(現在の徳川園)で演じられたという記録もある
注5:その意味は「冬牡丹が咲き、遠くには千鳥の声も聞こえる。牡丹は本来夏の花であるから、あの千鳥の声も珍しい雪中のほととぎすに聞きなされることよ」

徳川園のこのごろ

園内の木々も日ごとに見事な秋色に装いを変え、それぞれが独自のグラデーションで来邸者の目を楽しませてくれています。それに合わせ、来る20日からは「錦を纆う(まとう)徳川園紅葉祭(注1)」が始まります。
ボタン園では寒牡丹が数輪咲き始めました。その辺りは華麗な佇まいと気品に、思わず足を止める人、カメラを取り出す人、花の話題で会話の弾む人・・と、いつの間にか人だかりが出来ています。
瑞龍亭周辺では、モミジとサザンカが美を競っていますし、茶室の床柱にも使われているツバキが早くも咲き始め、目を楽しませてくれます。龍仙湖を渡る風がさざ波の文様を描き、ロッカクヤナギは、湖面をバックに美しく映り込んでいます。
里山周辺では、足元一面に十両(ヤブコウジ)が赤い実を付け、キチジョウソウが楚々と薄紫の花を咲かせています。この吉祥草、花が咲くことが少なく、稀に咲くと「吉事」があるとの言い伝えから名付けられたようです。生い茂った葉に隠れて、かき分けないと見つけ辛いことも希少価値の一因であるかもしれません。花の少なくなってきた昨今、時にはそんな足元の草花もお楽しみ下さい。良い話題の少ないこの頃ですが、思いがけず吉報が舞い込んでくるかも知れませんよ。
注1:詳細はこちらからどうぞ

CIMG0941寒牡丹 CIMG0944サザンカ
カンボタン サザンカ
CIMG6969モミジとサザンカ CIMG0969キチジョウソウ
モミジとサザンカ キチジョウソウ
CIMG0957真弓の種 CIMG0967ハクサンボクの実
マユミの実 ハクサンボク

徳川園のこのごろ

初秋の園内は、木々のささやき(葉擦れ)、小鳥のさえずり、蝶や蜻蛉が静かに舞う風情が柔らかい陽ざしの中、一幅の絵のようです。思わずベンチに腰を下ろし、その景色に溶け込む方も数多くいらっしゃいます。
自然の不思議さ、お彼岸の時期に必ず突然現れ、鮮やかな単色を誇示する彼岸花がそちこちに見られます。秋の七草(注1)は、寄せ植えもされていますが、園内・外でも秋の風に揺れていると思います、ゆっくり探してみてください。
龍仙湖では鯉、マガモの親子、小鳥、昆虫の乱舞があり足を止めてしまう筈です。運が良ければカワセミも遊びに来ています。水面を滑空する姿は一寸感動ものですよ。
虎仙橋から枝を垂らしている珍しい、枝垂れアサガオは、水のせせらぎの休止符でしょうか。カメラを構える人の姿が目立ちますし、大曽根の瀧に向かう小径では、水引やフッキソウなどが楚々と咲いています。
里山では、今年の夏の暑さに一寸時期を間違えてしまったツバキ、それにサルスベリ、スイフヨウなどに目を奪われると思います。ヤブランの群生は見応えがありますし、少しずつ秋色に変化を始めたモミジからの木漏れ日が、地表に優しい模様を描き、歩く人を楽しませてくれます。
今年の中秋の名月は9月27日(日)です。26,27日には夜間開園も行なわれ、様々なお楽しみのイベントも用意されているようです。虫の音を聞きながらのお月見を楽しんでみてはいかがでしょうか(詳細はこちらからどうぞ)
★皆様のご要望に合わせた依頼ガイドも行っております。お問い合わせ、お申し込みはガイドについてから お願いします。

@CIMG9964彼岸花 @CIMG9945ヤブラン群生
ヒガンバナとロッカクヤナギ ヤブランの群生
@CIMG9972萩のトンネル @CIMG9960シュウメイギク
萩のトンネル シュウメイギク
@CIMG9952枝垂れアサガオ @CIMG9987チョウマメ花と実
枝垂れアサガオ チョウマメの花と実

注1:オミナエシ、ススキ(オバナ)、キキョウ、ナデシコ、フジバカマ、クズ、ハギ
(頭文字「オ・ス・キ・ナ・フ・ク・ハ」

徳川園のこのごろ

7月7日は七夕、園内には可愛い園児たちの願いごとが書かれた短冊が飾られ、そよぐ風に揺れています。そして「小暑」でもあり、本格的な暑さの始まる頃だそうです。雨のしとしと降る中・・・木々の淡い、濃い緑が、目に優しく映り、ゆったりとした時間を提供してくれます。来園された方から「暫くここでゆっくりしていたいですね!」の言葉が発せられ、喧騒を離れた庭園が、心に豊かさを与えてくれることを実感しました。
この徳川園、尾張二代藩主光友が隠居屋敷として造営した大曽根屋敷が起源といわれていますが、13万坪もあったといわれる往時、光友もそんなゆったりとしたひとときを過ごしたのでしょう。龍仙湖に於いては、16挺立ての舟を浮かべて、趣向を変えて遊ばれたと伝えられています。
足元に目をやれば、夏至の頃に咲くといわれる半夏生(注1)が、鮮やかなコントラストで目を楽しませてくれます。春先の華やかさはありませんが、落ち着いた風情が、ここを訪れる人の心を癒してくれます。
最近のことですが、「尾張徳川家大曽根邸/明治末期の風景」のパネルを見つけました。黒門から入り、徳川美術館に向かう途中の右手(メーグルバス乗り場への道)にあります。ゆっくり散策していますと、思いもかけない発見があるかも知れません。そぼ降る雨の中、徳川園で初夏を楽しんで下さい。

CIMG3729 CIMG3701
黒門(三間薬医門) 大曽根邸の変遷
CIMG3633コムラサキシキブ花縮 CIMG5452半夏生
コムラサキシキブ 湖畔で咲く半夏生
ナデシコと石 CIMG3638七夕
そっと寄り添うナデシコ 京都、二条城庭園風 七夕飾り

注1:今年は7月2日、雑節の一つで夏至から11日目のことをいう。この頃花を付けるからという説、葉の一部が白くなり花より目立つので、半化粧と言われる等と、諸説あるようです。

« 1 2 3 4 12 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.