去る11月3日(祝、土)に、恒例となった「歩こう文化のみち」が本年も開催されました。この地域には尾張徳川家に由来する寺社や、江戸時代から続く商家、近代産業の担い手となった方々の邸宅、陶磁器発祥の地として今に残るに相応しい会館や遺産などが数多くあります。

 当日は、市工芸の学生さん力作のパンフレットを片手に、スタンプラリーを楽しまれる方、特別公開の寺社や商家を見学される方、芸術の秋にふさわしい体験、展示作品をじっくり観賞される方とそれぞれの楽しみ方で溢れていました。紅葉を始めた木々、季節の花々を愛でながら有意義な一日を過ごされ、皆さんの笑顔が素敵でした。

 当会では、邸内において洋館1階応接間、2階和室、和館1階和室において展示を開催しました。一つの作品を丁寧に咀嚼される方、説明をじっくり聞きながら観賞される方,ご自由に見学される方と、それぞれご自分の時間に合わせて楽しんでおられました。
「豊田紡織廠訪問報告」では、「初めて知りました」と、熱心に案内に耳を傾けておられ、説明する会員にも熱が入ったようです。ここにも素敵な出会いと学びの場がありました。
 「魅力ある文化のみち・・」をご覧いただいた方からは、「今から○○に行ってきます」と嬉しい言葉も聞かれました。
 また「まち歩きイベント」では、2コースでのガイドを実施しましたが、折からの好天にも恵まれ、興味を持たれた大勢の方々に参加をいただきました。実際に建造物や歴史を紐解きながら辿る散策は、とても好評であったように思われました。これも当会のチームワーク、人海戦術が成功した賜でしょうか?今後も皆様に、より楽しんでいただける企画にしていきたいとの思いを強くしました。館内ガイドと合わせて秋の一日・・楽しいふれあいが出来ました。

 二葉館では、桃源郷をテーマにしたステンドグラス展が行われており、「これは裏に和紙を貼って・・・ね」などと、手順を詳細に教えていただきました。また、可愛い五條流子ども踊りにはホッと和みの瞬間をいただきました。 橦木館では、剣舞や二胡の演奏を楽しまれる方々で溢れていました。
 大正浪漫着物道中や人力車体験などもあり、晩秋の一日を満喫されたのではないでしょうか。出会い・ふれあい・学びの場がそこには広がっていました。
尚、洋館1,2階の展示は11月10日(土)まで開催しています。皆さまのお越しをお待ちしております。

    佐助邸展示案内    パネル展示ガイド
   主税町公園ガイド  大正浪漫着物道中,教会出発
    春田邸ガイド    橦木館、剣舞
  華やかに子ども踊り   尾張万歳(佐助邸和室)