「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

活動の様子

二葉館の歴史 「銘板を訪ねて」

 新しい銘板を発見しました。以前、遺跡調査(注1)が行われていた場所「旧川上貞奴邸(二葉御殿)」に豪奢なマンションが建ちました。その南西の角に銘板が建てられていることに、ある日会員が気づきました。さりげなく建つ銘板は、余程注意していないと見過ごしてしまいそうです。今も周囲にはまだ昔の面影を残す建造物もありますが、この地を訪れる度に周辺の様子が変わっており、少し残念な気もします。あまりの変貌に近づくことが躊躇(ためら)われていた一方、何処かで昔を愛おしむ気持ちが強かったのかも知れません。

 歴史を忠実に紐解くには、先ずは現況を確認することと思い出かけてみました。ありました、ありました、ひっそりと申し訳なさそうに据えられていました。想像していた貞奴さんのイメージとは、大きくかけ離れていますが、ここにその昔「二葉御殿」と呼ばれた2000坪以上の建物があったことが記録に残されており、少し安心しました。そして、現在「文化のみち二葉館(注2)」として、町並み保存地区の一画に、当時の面影を残した建物が残されています。洒落た建物は道行く人々を振り返らせ、一歩中に入れば当時の生活が目の前に浮かんでくるようです。この辺りは縄文時代から脈々と歴史を紡いでいること、そして場所は若干移動しているものの、当時を偲ばせる生活空間がそこにはあります。その時代に思いを馳せ、どうぞ「今とむかし」をじっくり味わってみて下さい。(写真①、②、③、④:名古屋市発行「旧川上貞奴邸復元工事報告書」から転載)
☆当会では、「火・木・土」の午前10時45分からと午後1時20分からの2回、ガイドを行っております。お気軽にお声かけ下さい。

@創建当時写真 T 二葉報告書 2旧二葉館
①創建直後の外観 ②旧二葉荘(円形部分が応接室)
二葉報告書 1創建当時の煉瓦塀 二葉報告書 3庭T
③創建当時の煉瓦塀 ④旧二葉荘(庭)
@CIMG4132 #120511b_2ガイド二葉
「旧川上貞奴邸跡」銘板 ガイドの様子

注1:こちらからご覧ください
注2:文化にみち二葉館の詳細はこちらからご覧下さい

町なみ保存地区3{主税町}

 以前、主税町筋にある朝日文左衛門の銘板(注1)をご紹介しましたが、今回は、国道41号線から東(杉村老松線→桜並木)へ向かって歩いてみました。
 私たちがガイドをする際、しばしば「主税町(ちからまち)」の読みを尋ねられますが、「税務署があるから?」と“税”繋がりの連想をされる方が多いように思います。真相は、由緒ある方のお名前からなのです。この辺り、江戸時代中級武士の御屋敷があった場所で、義直に仕えて勘定奉行となった「野呂瀬主税(のろせちから)」が当地に屋敷を構えたことから、その名が町名の起源になっているそうです。その場所には、現在カトリック主税町教会があります。この教会は明治20年に建てられた名古屋で最初のカトリック教会で、明治33年建設の礼拝堂は野呂瀬家の長屋が利用され、その当時は畳敷きであったということです。この地方の中心的教会の役割を果たしていましたが、現在は「主税町記念聖堂」が正式名称となりました。

 梅雨空を見上げて、皆様お気づきでしょうか?主税町筋には電線が1本もありません。ちょっと鬱陶しい電線が見えないのです!“何かゆったり感じていました”と述べておられたのが実感ではないでしょうか。現在、電線の代わりに優しい街灯が林立しており、幻想的なガス灯が思い浮かぶようです。
 電線の埋設は、町並み保存地区に指定され進められているのですが、タイムスリップしたように感じ、非常に新鮮に思ったのは私だけではないでしょう。この地には、佐助邸を始めとする貴重な歴史的建造物が残されています。最近は近代的な建物が建造され、足元には歩行者に優しいコミュニティ道路(注2)も造られ、モザイク模様に寄り添って可愛らしい草花(今はジャノヒゲ)も植えられています。そんな“昔といま”が混在する不思議な空間を作り出しているのが主税町です。少し目線をかえて散策すると、思いがけない出会いが待っているかも知れませんよ。
☆当会では皆様のご要望に合わせた依頼ガイドも行っております。「ガイド」からお進み下さい。

@CIMG5090街灯アップ @CIMG5122春田邸から東
佐助邸から西へ  街灯も一役 
@CIMG5111教会から東 CIMG5123教会から西を 
静寂の町並み?!  コミュニティ道路 
@CIMG8644教会縮 @CIMG5118花
教会ガイドの様子  古民家の路地で 楚々と

注1:こちらからご覧いただけます。
注2:歩行者に優しい道路(住宅地の道路整備の手法の一つで、車道をジグザクにしたことでできた歩道空間に植樹や花壇を造るなど空間を有効利用)

活動の様子 東寺町散策研修

梅雨時でも晴れとなった貴重な1日、研修日和に恵まれ「東寺町研修会」が行われました。当会ではより良いご案内が出来るよう、定期的に研修会や学習会を行い、共に学び合うことを心掛けております。今回はこの一環として現場実習を行いました。

いわゆる清須越しで、名古屋城と城下町が造られたとき、城の東の守りとして置かれたのが東寺町(南は大須一帯の南寺町)です。寺院は、城下防衛の見地から街道筋で重要な地点に配置され、東寺町は飯田街道(駿河街道)の守りを固めていました。一番東側が日蓮宗、真ん中が曹洞宗、一番西側が浄土宗と40ヵ寺が配置されました。その後、戦災、墓地移転、道路の改修などで変化を遂げてきていますが、未だに昔の面影があちこちに残り、貴重な門や建物、庭などを見ることが出来る場所です。

先輩の懇切丁寧な案内に「へえ、そうだったの?」、「これは何処にあったの?」など必死にメモを取る新しい仲間や「新情報だ!知らなかったな」と新たな知識に感動、確認しながら納得する人も多くいました。あるお寺では、思いがけず開けられていた、「身代わり薬師如来様」を初めて見て興奮しました。庭園に本物のサギが飛来してくる幸運もあり、和みのひとときも楽しく、充実した研修会でした。ここは何度も訪れていますが、そのつど新しい発見や出合いがある不思議な場所です。

まだまだ埋もれた遺産が眠る東区の探索はこれからも続きます。是非一度、温故知新よろしく、古き歴史の眠るこの地を歩いてみませんか。
当会では、皆さまのご要望に合わせた依頼ガイドを行っております。ガイドについてからお進みください。飯田街道についてはこちらからもご覧いただけます。

@CIMG4808高岳院 CIMG4811冨士神社
高岳院(資料を確認・・) 冨士神社
@CIMG4817本堂 @CIMG4846安斎院
西蓮寺(ご住職様のお話) 安斎院
CIMG4878照遠寺 @CIMG4891法華寺
照遠寺二天門(多聞天、持国天) 法華寺(学び合い・・)

折々の花2 ”桜みちまつり”報告

弥生三月の異称に「桜月、夢見月、早花咲月、花見月、・・」などの花にまつわる名前があります。「夢」「桜」イメージ・響きともに、新年度からの出発に向けてぴったりですね。当会でも4月からは新しい仲間(注1)が増えます。新たな出会いそして学び合う中で、探してこられた夢を実現されることを願っています。
3月12日開催された「桜みちまつり」の場所は、名古屋市内で最初に咲くといわれる早咲きの桜(注2)の並木道ですが、まさに今を盛りと咲き誇っています。桜みちでは、マスコミの紹介もあってか、カメラを据えてじっくり撮る人、桜と赤ちゃんとの画像に恰好なアングルを探す人、ゆっくり愛でながら散策する人々で大変な賑わいでした。一方、人の動きは何処吹く風とばかりの、ヒヨドリの悠然とした食餌風景に見とれる人も・・・・。少し足を延ばせば、市政資料館でも早咲きの桜が見頃を迎えていますし、区の木「モクレン」も咲き始めました。これから次々と、春を待ちかねた花が咲き、あちこちで目を楽しませてくれるでしょう。
文化のみち二葉館では、早朝から老若男女が長い列を作り、開館を待ちわびていました。お子さんたちは昭和の遊び体験にみえたとのことでしたが、あまりの人の多さにびっくりされたようでした。館内では落語やコンサート、市民の発表会、有名人の握手会も行われるとあって、いつもとは違う雰囲気でした。どの会場も満員で、立ち見をする人が出る有様でした。好天の一日、館内は笑顔が溢れていました。

@CIMG3333並木 @CIMG3217並木、寒緋
桜のトンネル 桜みちが続いて
@CIMG3274待つ人 @CIMG3216寒緋アップ
待ちわびる人・・人 カンヒザクラ
 @CIMG3298落語 @CIMG3317ガイド
大きな笑いが・・ ガイドの様子
@CIMG3195市政 @CIMG3258モクレン
市政資料館の東海桜 ハクモクレン

注1:27年11月から養成講座を開催、これを完了した新たなメンバーが加わりました。
注2:オオカンザクラ、カンヒザクラ(寒緋桜)140本の桜の並木道。昭和36年に、「名古屋で一番最初に咲く桜」との地元の希望から16本が植樹されたのが始まりです。(東区役所HPより)

ふたばの日

2月は雪解月とか梅見月という異称もあり、冷たい空気の中に漂う梅の香りが春の訪れを優雅に伝えてくれます。そんな中、今年も訪れました「ふたばの日」・・・語呂合わせから、毎年2月8日に開催されています。当日はオープン前から長蛇の列ができ、今年は大須が発祥といわれる大正琴で巡る世界旅行と、南米のハープ(アルパ)の哀愁ある音色が大広間に響き渡りました。双方の音色に集う人で大盛況、螺旋階段から、2階まで人、人、人・・立錐の余地もないほどでした。
館内1階では、貞奴さん直筆のお雛様の羽織・愛用の梅文様の名古屋帯、大切にされていた雛人形などが展示され、当時が偲ばれました。とりわけ、ずらり並んだお雛様は圧巻で、一つひとつを丹念に確認しながら見入っている方の姿がとても印象的でした。
また2階和室では、“福よせ雛”の展示が行われていました。各家庭で不要となったお雛様を救うため、主婦によって立ち上げられた「福よせプロジェクト」の製作で、地域や施設の振興に寄与することを目的とし、取り組まれているとのことです。これらは人形供養をされたものの中から、第二の活躍の場として寄贈されたものだそうです。今年はお雛様の「転職フェアー2016」と題し、見事に蘇っていました。顔を近づけて入念に見る人、なるほどと感心する人、思わず笑いを誘う雛人形もあって、見ている方同士で顔を見合わせるという微笑ましい光景もありました。これらの展示は福よせ雛が14日(日)、二葉館展示は21日(日)まで開催されています。詳細はこちらからどうぞ
当会では、火・木・土の午前10時45分からと午後1時20分からの2回、定時ガイドを行っております。お気軽にお声かけ下さい。

CIMG2941貞さん雛 CIMG2949自筆雛 CIMG2968梅。奴帯
貞さんの雛人形 自筆のお雛様 愛用の帯
大正琴3大正琴 CIMG2919ハープ演奏 CIMG2938人。人
大正琴演奏 南米のハープ 人・・人・・人
CIMG2934福ひな CIMG2971福雛 CIMG2964ガイドの様子
福よせ雛、勢揃い 観賞も様々 ガイドの様子

« 1 2 3 4 15 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.