「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

活動の様子

文化財を訪ねて 「愛知県庁本庁舎」

 大寒(1月20日)も過ぎ一年でも一番寒い頃となり、冷気のみでなく肌を刺す伊吹おろしが厳寒を印象づけています。そんな寒波に負けまいと、当会の熱気溢れる見学・研修会を国指定重要文化財でもある「愛知県庁本庁舎」で行いました。

 県庁舎は、名古屋城、市役所(注1)と共に観光客の人気スポットで、これらが隣接し建ち並ぶ景観は見事で、思わずシャッターを押したくなると思います。

 この愛知県庁本庁舎、外観は城郭風の屋根を載せた帝冠様式で一際目を引き、外壁は白の花崗岩貼、黄褐色のタイルの使用は愛知県が陶磁器どころであるいうことを示しているのだそうです。何気なく見ていた建物が、本当は愛知県を象徴するに相応しい格調高い建物であったことを知り、感銘を受けつつ納得しました。
 正面玄関には一般的に見られる中央階段はなく、一瞬目を疑いましたが、これは執務の利便性に重きを置いたもので、「日の字」になっているということでした。整然と置かれているものの細部に目を向けると、どれもが一工夫されていることを実感出来るのではないでしょうか。ご案内してくださる職員の方からの濃やかな説明の一つ一つを噛みしめながら、「ここにはどんなことが隠されているのだろう?」と期待は膨らみ、いつしか必死に聞こうとしている自分がいました。
 議場では議長や議員の気分を味わい、正庁の今昔(注2)の詳細を知り、その昔を想像してしまいました。知事室は竣工当時からこの場所にあり、天井や柱上部には花や植物などの装飾が施されていました。また防災対策本部では、県民のための様々な取り組みを丁寧に説明いただき、今問題提起されている「東南海沖地震」への不安も少し軽減したような気がしました。県民の安心、安全を考え、目立たない所で続けられている真摯な努力を垣間見た思いがしました。
 創建当初から変わらぬ外見、その中で新たなものへ懸命に取り組む姿がある美しい建造物であることを実感しました。

@CIMG6815正面 @CIMG6871屋上から @CIMG6869市庁舎、県屋上から
  愛知県庁舎    屋上から  屋上から(市庁舎)
@CIMG6909知事室 @CIMG6825議場 @CIMG6845防災対策本部
  知事室   議場    防災本部
@CIMG6897創建当時の丸窓と窓飾り @CIMG6887壁の彫刻飾り文様 CIMG6920正面玄関から
 丸窓と窓飾り   彫刻飾り  正面玄関から

注1:市庁舎の様子はこちらからもご覧いただけます
注2:創建当時は正庁でしたが、平成14年から26年は災害対策本部として使用、その後自治センターにその機能が移され、平成27年に正庁へ復活した

やっとかめ文化祭「まち歩き」報告

 文化を旅する秋のイベントもいよいよ大詰めを迎え、11月20日(日)「やっとかめ文化祭」は大取を務めることとなりました。

 1回目は、時代のロマンを感じながら町並み保存地区をゆったり歩く、まち歩きでした。折からの好天にも恵まれ、秋風を感じながらの心地よいスタートとなりました。2回目は名古屋城の東の砦?となった東寺町めぐり、遙か昔に思いを馳せながら、今とむかしが交錯した歴史ある町を、ゆっくりと謎を解くように歩を進めました。そして3回目の今回は、だんだんと少なくなっている武士由来の地名や、尾張徳川家の菩提寺の歴史を踏みしめながら巡り、「今とむかし」を旅してみました。

 日を追う毎に秋色を深めた路面は、落ち葉の絨毯で敷きつめられていました。細い路地を進みながら古の生活を思い、現在との違いを想像してみました。「えっ?そうなんですか」「初めて知ったわ、参加して良かった」と感想があったり、楽しい会話があちこちで交わされました。初めて参加される方、再び挑まれる方とさまざまでしたが、一様に疑問は直ぐに質問されていました。見聞きするもの一つひとつに興味津々の方も多く、ガイドにもかなり熱が入ったようです。参加された皆さんの満足された顔や、笑顔で帰路につかれる姿が印象的で、この光景にガイドする疲れも飛んでいきました。

 いずれの会も「来年も是非参加したい」、「次回は他の場所へ参加を申し込みます」と嬉しい言葉も聞かれました。当会にとっても素敵な出会いであり、学び合いの場となりました。
 ☆当会では皆さまのご要望に合わせた依頼ガイドも行っております。「ガイド」からお進み下さい。

dsc08664%e3%81%be%e3%81%a1%e6%ad%a9%e3%81%8d dsc08658%e8%b3%87%e6%96%99%e9%a4%a8
  心地よいまち歩き     ここは公園?
cimg6379%e5%ae%89%e6%96%8e%e9%99%a2%e7%b8%ae cimg6357%e3%81%b8%e3%81%a1%e3%81%be%e8%96%ac%e5%b8%ab%e7%b8%ae
   興味は尽きず・・    へちま薬師って?
img_0154%e6%ba%80%e4%b9%8b%ef%bc%83 img_0182%e5%85%89%e5%8f%8b%e5%bb%9f
    清沢満之は・・  光友廟も黄葉に守られて

歩こう文化のみち 報告

 今日(11月7日)は立冬です。東北・北海道からは雪の便りも聞かれるようになり、大自然は猛威をふるう傍ら、着実に四季を刻んでいきます。
 去る11月3日(木・祝)に開催された「歩こう文化のみち」は、久しく無かった雲一つ無い好天にも恵まれ、大勢の人々がスタンプラリーや、各所で開催されたイベントを心ゆくまで楽しまれたようです。
 当会でも「旧豊田佐助邸洋館築後百年記念」「東区の見所」の展示を行いましたが、老若男女、数多くの方々がお越しになり、去りゆく秋のひとときを、ゆっくり過ごされていました。会員にご質問をいただく場合もあり、会員の説明に納得される光景もあちらこちらで見られました。真剣な眼差しは、見学より必死に勉学される姿そのものでした。
 大正浪漫を懐かしんでおられるような年配の方、豊田家の系譜に関心を深めて見えるような方、東区の貴重な建造物に接して、やっぱり“大切に保存して欲しいわ”と共感してくださる方と、思い入れや見方は人それぞれのようでしたが、活気あふれ笑顔いっぱいの会場でした。素敵な出会いから発展し、楽しい交流の場となったようでもありました。
 アンケートにも快く応じてくださり、この企画をして良かったなとしみじみ思った一瞬でした。この場で頂いた一つひとつのご意見を大切に、今後の活動に活かしていきたいと思います。
 小学生のお子さんからは、「お家の中が迷路みたいで面白かったよ」と意外な感想があったり、縁側で休憩される方もおられ、それぞれの方が気の向くままに過ごされた楽しいひとときでした。
 毎年、和室で繰り広げられていた尾張万歳は前評判も高く、先刻ご存知の方々は開始するずっと前に座って待機されていました。更に太鼓の音に誘われて詰めかける方で、たちまち満員御礼!「門付万歳」「御殿万歳」「三曲万歳」での太夫と才蔵の掛け合いに拍手と笑顔、時々起こる爆笑に“福”をいただけたのではないでしょうか。
☆旧豊田佐助邸洋館築後百年記念展示は12日(土)まで開催しております。当時の建築に触れてみられてはいかがでしょうか。会員一同、皆様のお越しをお待ちしております。

%ef%bc%a0cimg6000%e5%ba%83%e9%96%93 cimg5964%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88
   記念展示ガイド    アンケート協力・・
%ef%bc%a0cimg5934%e6%98%a5%e7%94%b0 %ef%bc%a0cimg6014%e5%a4%a7%e5%ae%ae%e6%95%99%e4%bc%9a
   旧春田邸ガイド      教会ガイド
cimg6020%e7%99%be%e8%8a%b1%e7%99%be%e8%8d%89%e5%a4%a7%e6%a9%8b %ef%bc%a0cimg6032%e6%9e%97%e4%ba%8c%e8%91%89
   百花百草ガイド    二葉館ガイド
cimg6070%e5%b0%be%e5%bc%b5%e4%b8%87%e6%ad%b3 %ef%bc%a0cimg5954%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%b3%e3%83%93%e3%83%aa%e3%82%a2150%e5%b9%b4
笑いの渦が・・(尾張万歳) 150年のブーゲンビリア

”生涯学習まつり2016”報告

 去る10月22(土),23日(日)に「行ってもみよう、見てみよう、やってみよう」を合い言葉に、【ときめきの風は東から】が開催されました。晴天に恵まれたこともあり、センターで活動している人同士、体験コーナーでの来館者との軽妙な言葉のキャッチボールがあり、ときめきの風はあちらこちらで快く吹いていました。
 新たな情報交換から会員へと転身される人、「○○のクラブはどこですか?」とお目当てのコーナーを探す方や、一角の体験コーナーでは老若男女が、活発な会話の中で楽しまれ、時々発生する順番待ちも恰好な交流の場となり、一種独特な「話」の場に発展しておりました。
 当会で担当した「東区の見所写真展」では、一つひとつを丁寧に鑑賞される方、「ここは何処にありますか?一度行ってみたいです」と興味を持たれる方、「ここは知ってるわ・・これはね・・」と新情報の提供をしてくださる方もおられ、私どもにとって嬉しい学びの場となることもありました。
 また、旧豊田佐助邸洋館築後百年記念展では、「以前訪ねたけれど気がつかなかった」と仰る方には、“歩こう文化のみち(11月3日開催)”を紹介したり、いろいろな質問に対し説明すると、これに納得され満足げな表情をされると、こちらまでほっこり嬉しくなる場面もありました。鑑賞方法はさまざまですが、皆さんの笑顔が展示作品を手掛けた苦労を忘れさせてくれました。
 昨年好評のチラシやカレンダーを使ったミニバック造りは、コーナーを拡大して行いましたが、いつも満員御礼の状態で、担当は嬉しい悲鳴を上げておりました。そこには手作りに参加する楽しさもあり、飛び交う会話で一段と活気あふれる場となっておりました。出来上がった袋にはお土産を入れて持ち帰っていただくご褒美もあり、お土産袋を大切に持ちながら見学される姿が散見され、会話のきっかけ作りにも一役買っていたようです。
 東寺町巡りも予約者が続出、担当者の気合いも入り爽やかな秋空の下、出発しました。この出発地点東生涯学習センター、江戸時代には、あの「徳川宗春」も住んだ「御下屋敷」だったこと、東寺町が「清須越し」のお寺だったことご存知ですか?さあ江戸の歴史を紐解いてみましょう。巡る神社の謂われから歴史を辿り、まさに温故知新!です。参加された方々の熱心な眼差しに負けじとガイドにも熱が入ったようです。

 学びの秋に真正面から取り組んだ企画、きっと有意義な場となっただろうと自負しています。この経験を次世代に活かし、更なる発展を願っています。
 当会では、皆さまのご要望に添った依頼ガイドを行っております。詳細は「ガイド」からお進みください。

cimg5792%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0 cimg5801%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af%ef%bc%a0
   オープニング     賑わう手作りコーナー
%ef%bc%a0cimg5756%e7%af%89%e5%be%8c%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%90%e5%b9%b4%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%89 cimg5843%e6%9d%b1%e5%8c%ba%e3%81%ae%e8%a6%8b%e6%89%80%e5%b1%95%e7%a4%ba%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%89
  築後100年展示ガイド     東区の見所ガイド
%ef%bc%a0%e6%9d%b1%e5%af%ba%e7%94%ba%e7%a2%91 %ef%bc%a0%e5%90%ab%e7%ac%91%e5%af%ba
  法華寺町碑ガイド       寄席文字の寺標
%ef%bc%a0img_1155%e8%a5%bf%e8%93%ae%e5%af%ba%e5%ba%ad%e7%b8%ae %ef%bc%a0cimg9478%e8%bf%a6%e9%99%b5%e9%a0%bb%e4%bc%bd
  二河白道浄土庭園(注1)   迦陵頻伽(かりょうびんが)(注2)

注1:東寺町、西蓮寺内庭園(通常は非公開)
注2:東寺町、浄蓮寺本堂内(通常は非公開)

体験と知識拡大の秋!

 今まで、秋の行事を幾つかご紹介してきましたが、11月3日(木・祝)「歩こう文化のみち」では、各所で工夫された催しやスタンプラリーが開催されます。当会でも皆様との素敵な出会いを期待し、さまざまなご案内が出来るよう懸命に準備を進めています。

 同じ地域にある「名古屋市役所本庁舎」も一般公開されます。これに先立ち「知りたい、見てみたい」の会員の熱い要望と、佐助邸に立ち寄って下さる皆様との間にも共有すべき話題があるはずと、見学・研修会を実施しました。いつもは外から眺めるだけの庁舎内の「今とむかし」を、内部に入る初めて体験、職員方の丁寧で興味深い説明に・・ワクワク・・ドキドキの連続でした。その中から幾つかをご紹介したいと思います。

 まずは玄関ホールにある柱や階段手すりは大理石、国会議事堂の余材を使用していること、そして上を見上げれば20メートルもある吹き抜けに圧倒されました。テレビや映画の撮影に幾度か使用されたという長い廊下を進みながら屋上へ、屋上から見る名古屋城は威風堂々と聳え立ち、遙か江戸時代へと誘(いざな)ってくれました。また間近に見る時計塔の偉大さ荘厳さに圧倒されました。時計台の内部も見せていただき、普段は外から見るだけの時計の動きに感動・・、その先に見える県庁庁舎も、視野が変わると普段見られない趣のある情景でした。

 そこから、議場でちょっと傍聴者気分を味わい、貴賓室の荘厳さには圧倒されてしまいました。正庁の天井は、竣工当時のままの格天井で威厳が感じられ、壁に掛けられている絵画の中には「今でしょ!」で評判になった、あの先生のおじいさまのものもあるとの説明があり、思わず再確認する一コマもありました。歴史を刻み続ける庁舎の重厚さを感じ、一市民として、より親近感を持つ機会になった訪問でした。

 当日は、本庁舎の今昔の写真パネルや東日本大震災支援などのパネル展示、こだわり市場が企画されているようです。何となく入りづらく敷居の高さを感じた、今までと違う身近な市役所がそこにあるかもしれませんよ。
 「百聞は一見に如かず」是非皆様もこの機会に見学されてはいかがでしょう。

%ef%bc%a0cimg5590%e6%ad%a3%e9%9d%a2%e7%8e%84%e9%96%a2 %ef%bc%a0cimg5693%e8%b2%b4%e8%b3%93%e5%ae%a4 %ef%bc%83cimg5705%e8%ad%b0%e5%a0%b4
品格漂う玄関ホール 荘厳な貴賓室   珍しい円形の議場
%ef%bc%a0cimg5658%e6%9e%97%e6%b0%8f%e7%94%bb %ef%bc%a0cimg5620%e6%99%82%e8%a8%88%e5%8f%b0%e8%a6%8b%e5%ad%a6 %ef%bc%a0cimg5612%e6%99%82%e8%a8%88%e5%a1%94%e3%80%81%e5%b1%8b%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%89
 飾られている絵は・・  時計塔見学 屋上から時計塔 
%ef%bc%a0cimg5600%e5%b1%8b%e4%b8%8a%e3%81%8b%e3%82%89%e5%90%8d%e5%8f%a4%e5%b1%8b%e5%9f%8e %ef%bc%a0cimg5613%e7%9c%8c%e5%ba%81 %ef%bc%a0cimg5722%e3%83%86%e3%83%a9%e3%82%b9%e5%be%8c%e3%81%ae%e5%b1%8b%e6%a0%b9
名城の眺めは圧巻 雄大な県庁  古のテラス跡の屋根 

 

« 1 2 3 4 17 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.