「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

石造物

寺社探訪 3 「自然院とお地蔵さん」

 立夏も過ぎ今が一番、青葉、若葉の美しい季節と言われています。私も薫風に誘われて、今年4月に当会の勉強会で学んだ、古い町名の残る城番公園、自然院(筒井町4)の可愛いお地蔵さんに会いに出かけてみました。その昔、この辺りは同心や御深井丸の番人の住宅地であったから城番町の名が生まれたそうです。今は当時を偲べるものは殆どなく、ただ溢れんばかりの緑が木陰を作っているのみでした。
 自然院(じねんいん)の山門の横、台の上に乗った高さ80センチの地蔵菩薩(出世地蔵)が立たれ、周りを囲むように可愛い6体のお地蔵様が見えました。境内には幼稚園もあり、園内で学ぶ児を優しく見守っているような微笑ましい光景でした。

(さらに…)

寺社探訪2 金刀比羅神社(標識)

 春の終わりを告げる穀雨{注1}の頃になりました。一斉に萌えだした新緑や、百花爛漫の花々が大自然の息吹と逞しさを感じさせてくれます。市民のオアシスとなっている久屋大通公園東側に位置する金刀比羅神社(泉1)に、このたび標識が新設されると聞き訪ねてみました。

 ビルの谷間の小さなお社ですが、狛犬や神馬が出迎えてくれ、神社独特の威厳を感じさせてくれます。大正14年には、現、中日新聞選定の名古屋の十名所であったという石碑もありました。因みに一番は熱田神宮、二番は名古屋城で八番に久屋金刀比羅神社とありました。当時は相当に有名な神社だったのでしょう。「ひさやのこんぴらさん」と呼ばれて親しまれていたそうです。 
注1:立夏の前日までをいう、今年は4月20日から5月4日
(さらに…)

寺社探訪1 ・・狛犬・・

 今年の干支は戌(犬)ですが、神社やお寺の境内を歩いていると、狛犬が鎮座しているのに遭遇します。「これは犬?獅子?それとも獣像?」「どこから来たの?」そんな疑問がわき起こり、じっくり向き合ってみたくなりました。 

 この狛犬 みんな一緒と思いきや、時代や地域によって作り方にも特徴があり、材質も様々な変遷を経ていることを知りました。平安時代には左右別々の霊獣で、向かって右が「獅子」で角はなく、向かって左が「狛犬」と呼ばれ角が生えていたそうですが、幾多の変遷を経てきているようです。

 形式は「阿吽(あうん)」が多く、「阿」は口を開けていて向かって右側、「吽」は口を閉じ左側に鎮座しています。これは仁王像に大きく関わっているといわれ、阿吽の表情は霊力の証しもあったそうです。百聞は一見に如かず、冨士神社(東桜1)の狛犬に会いに出かけてみましょう。
(さらに…)

ひとりある記 5 白山神社

 各地で「観測史上最大量の積雪」の情報も時々伝えられています。名古屋でも数日前には一面の銀世界となり、道端の寒椿や公園の木立も雪をキャンパスに見事な文様を描き出していました。
 今回は、いつもは横目で見ているだけの白山神社(矢田2)ですが、拝殿の欄干に十二支の彫刻を施した板がはめ込まれていると聞き、訪ねてみました。
 はやる気持ちを抑えて、手順を踏みながら真摯な気持ちで拝殿へ参りました。そこに有りました! 本殿中央には見事な彫刻が早速周回してみました。「えっ?数が足りない」と疑問に感じ、おもむろに拝殿の中を見ると重厚な干支の彫刻があり、納得しました。後で宮司さまから「皆さん外だけ見て、足りないとよく言われますよ」と教えていただき少しほっとしました。何時もはお参りするだけですが、ゆっくり味わって見るのも良いものですね。今年の干支の彫刻はどこに嵌められているか、探してみてくださいね。

(さらに…)

徳川園のこのごろ 冬ボタン

 大寒(1月20日)に入り、今から節分までが一番寒いと言われる時です。凍てる空気が頬を射しますが、徳川園では今「冬ボタン(注1)」が極寒の中、彩りを添えつつ、来園者を迎えてくれています。
 冬ボタンは可愛い“藁ぼっち”を被り、園内の各所で散策する人の目を楽しませてくれます。春ボタンの見事さには叶いませんが、寒風に耐え秘やかに咲く可憐な姿に、足を止めゆっくり観賞する人、カメラを構える人、花を愛でつつ談笑する人・・と、それぞれに楽しまれています。
 龍仙湖の鯉も、岩陰でじっと水の温むのを待っているかのようで、その姿も可愛いものです。また、マガモやカワセミなどが羽を休めに訪れ、時には優雅に泳いでいます。鮮やかな色のカワセミにも、運がよれば出会えるかも知れません!
 ゆったりと、時に激しく亘る風が湖面にさまざまに作る波紋、湖面をキャンバスに様々な文様を描き出しています。そんな自然の中で、静かな時の流れを楽しんで見るのは如何でしょうか。
 穏やかな空間を是非お楽しみください。
(さらに…)

« 1 3 4 5 16 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.