「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

お知らせ

佐助邸あれこれ

  今年の干支は「申」ということで、新春の拙文に干支に事寄せて、大広間の地袋に描かれた絵についてご紹介しました(注1)。これは、あくまでも私見で、願望と推測の範囲のものでしたが、これについて、驚くべき意外な発見がありました。

 なんと、この地袋の絵は隅田八幡神社に伝わる国宝の「隅田八幡神社人物画像鏡(注2)」裏面の人物を抜粋、これを彩色したものだと記されていていたのです。初めて聞く神社名、何処にある?どんな鏡?いつ頃の物?・・・と、未知との遭遇にワクワク・ドキドキ、調べてみました。文献を探している内に、少しずつ絡まった糸がほぐれ始めてきました。神社は和歌山県にあること、この鏡は国宝の「人物画像鏡」であること、紀伊名所図会に模写されていることなどが分かってきました。調べを続けていると徐々に、遙か古からの脈絡、承継が僅かに見えてきたような気がしました。
 佐助邸の襖絵には「好文作」と署名、落款がおされていますが、多くの仲間が手を尽くして調べるのですが、「好文さん」を見付けることができないのです。描かれている別の襖絵は、あの歌川広重の近江八景によく似ていたり、金粉を使った素晴らしい作ばかりです。京都からみえた襖絵師さんのお話では、「これだけ描ける人は凄い人ですよ」とのことでしたが・・・。現在も様々な方面から調べていますが、未だ判明しておりません。もう少しこの解明作業を継続していきたいと思っています。

 今年は、佐助邸洋館が造られてから100周年になります。そんな折り、思いがけない発見や気づきがあったことに、不思議な巡り合わせを感じます。 
 秋には記念の展示会も予定されており、現在準備中です。これからもご来館いただいた皆様にそっと寄り添いながら、少しでも喜ばれるご案内が出来るよう心掛けていきたいと思います。(参考資料:日本の国宝、紀伊名所図会)

☆佐助邸には火・木・土、10時から15時30分まで常駐し、ご案内させていただいております。お気軽にお声かけください。

CIMG4954 隅田八幡神社人物画像鏡 3−2T
地袋に描かれた絵 人物画像鏡(写真,東京国立博物館)
CIMG3831襖、流れ CIMG2217修復された襖
左下には署名、落款 堅田の浮御堂(右端)

注1:こちらからご覧ください
注2:国宝人物画像鏡は東京国立博物館に寄託されている(日本の国宝参照)

折々の花4 徳源寺と桐

東区新出来一丁目にある、蓬莱山徳源寺(注1)では、「東区の名木」にも取り上げられている桐の花がまさに満開です。この寺、臨済宗妙心寺派の七大修行道場の一つということですが、バスの車窓(基幹バス2系統)から見事に咲いた桐の大木2本を見つけ、立ち寄ってみました。
常に掃き清められていると思える境内、訪れた日は風のいたずらか、薄紫の花が地面に様々な文様を描いていました。天高くそびえる大木を見ていると、暫くの間、喧騒を忘れ別世界へと引き込まれてしまいました。三々五々立ち寄る方々は、落ちた花をそっと拾い上げる人、カメラのアングルを探す人、じっくり花と対話するかの様に観賞する人・・と、自分に合った春を楽しまれていました。隣にはクスノキの大木が萌える若葉に包まれ、桐の薄紫と新緑が調和し、一幅の画を思い出させてくれました。
新緑の美しいボダイジュ(注2)も6月頃には綺麗な花を咲かせます。これも「東区の名木」に指定されている大木ですし、秋には紅葉の美しい境内が見られます。
佛殿には銅製の釈迦涅槃像(注3)が安置され、後部には五百羅漢が祀られております。そして、毎年、秋には寺院公開(注4)も行われておりますので、四季折々の徳源寺を是非お楽しみください。
ただし、このお寺は修行道場でもあり、修行僧の皆様が厳しい修行をされています。その邪魔にならぬように、心してお立ち寄りください。(東区の名木、徳源寺パンフ参照)
☆当会では皆さまのご要望に合わせた依頼ガイドも行っております。詳細はガイドについてからお進みください。

CIMG3829桐 CIMG3809涅槃像
格調高く 釈迦涅槃像と五百羅漢
CIMG3795桐 CIMG3800
悠然と・・・ 静寂の中に
CIMG3827クスノキ  CIMG3831文様
保存樹の大木 花びらも一役

注1:織田信雄創建、禅堂は文久3年総見寺から移築。文久2年、藩主徳川慶勝が修行道場開設。
注2:中国原産、シナノキの植物、お釈迦様が悟りを開いたといわれるボダイジュは別種
注3:涅槃像は5メートルを超える大きさ(大正期製作)
注4:日程が決定次第チラシも各所に配付されますが、HPでもお知らせします
(当会もお手伝いさせていただいております)

お知らせ また、貴重な遺産がなくなります

以前、鳥屋筋散策でご紹介しました「蓮池弁財天」が無くなる・・との会員の情報に、早速訪ねてみました。ここは東区と北区の境界線上で、地名上では北区ですが、お隣さんのよしみで取り上げました。江戸時代、この辺りに蓮の咲く大きな池があり、この中に弁財天の祠が祭られていたそうです。その後、埋め立てられて蓮池新田(注1)と呼ばれるようになったが、その後も祠は大事に祭られており、今も大杉南公園の隣に存在しています。
この祠と並んで、加藤清正公の大きな手形石が据えられています。名古屋に於いて、清正公の人気は1,2を争う大変な武将です。この手形の由来は、名古屋築城の折に、岩崎山から石を運ぶのに稲置街道(注2)を通った清正を、村人が労い、手形を押して欲しいと懇願して戴き、その後それを模して彫ったものだそうです。地名も時の流れに逆らえず、由緒ある地名はどんどん少なくなってきています。
古老にその昔のお話を伺う度に“なるほど”と、往時を偲ばせる地名が現れ、そのつど納得して参りました。名前を伺う度に、せめて、何らかの形で後世に残せないものかと、苦悩していました。
最近「文化のみち」においても、江戸時代から続くお宅(注3)や、明治時代の貴重な建築物が取り壊され、とても残念に思います。蓮池弁財天、清正石は4月15日には引き払われるそうです(注4)。大事な遺産です、せめて直にご覧になり、脳裏に刻んでおいてはいかがでしょうか。(地図、文、蓬左84号、沢井鈴一著・名古屋の街道を行く 参照)

蓮池弁財天地図 CIMG3775
蓮池新田・・・ 蓮池弁財天
CIMG3769 CIMG3770
弁財天祠と手形石 加藤清正の手形

注1:元禄のころまで大きな池があった。その後蓮池新田が開発された。
蓮池の名は、現在の蓮池弁財天に残っている
注2:江戸時代、名古屋城下と犬山城下を結んでいた。犬山街道とも呼ばれた
注3: 居住されていた方のご要望でお名前は控えさせていただきます(現在は更地)
注4:ご近所の方にお尋ねしましたが、今後については分からないとのことでした

徳川園のこのごろ 折々の花3”春爛漫”

新たな門出の時期に相応しく、桜も一番の見ごろを迎えています。普段、気づかない所に、思いがけず立派な桜が想像以上にあり、あちこちで存在を知らせています。若葉と一緒に、或いは新芽と前後して一斉に花を付け百花爛漫です。
徳川園も黒門から続く東海桜は満開、枝垂れ桜も咲き始め、園内は急激に明るくなったように思います。愛知県の木「ハナノキ」も鮮やかに咲いています。
山里周辺ではサンシュユ、ミツマタ、キクモモ・・・山のゾーンでは新緑に映える大曽根の瀧が際立ち、人気を集めています。海のゾーンに向かう小径では、ミヤマシキミ、フッキソウなどの可憐な花が語りかけています。龍仙湖周辺では、ロッカクヤナギの新芽が春風に踊っています。ボタン園では春の陽気に誘われて早くも咲き始めたボタン、ウンナンオウバイ、雪柳、枝垂れ桜、子福桜、白山吹などなどが、今を盛りと競っています。茶室からの展望も、最高のローケーションと相まって隠れた見所です。戸を開け放って景色と馥郁(ふくいく)たる香りに、至福の時を過ごされてはいかがでしょう。
4月9日(土)からは、当園一大イベント「ボタンまつり」が始まります。正に春爛漫・・・の今です。詳細はこちらからどうぞ

☆当会では毎週金曜日13:00〜15:30(受付は15:00)、定時ガイドを行っております。

CIMG3587東海桜 CIMG2209胞衣塚
満開の東海桜 胞衣塚も桜に抱かれて
CIMG2252子福桜 CIMG3397花の木
可憐な子福桜 県花、ハナノキ(3月末)
CIMG3615ミツマタ@ CIMG3721ミヤマシキミ
ミツマタ ミヤマシキミも道案内
CIMG3264サンシュユ CIMG2459ボタンと西湖堤27,4
サンシュユ ボタン(昨年の様子)

 

 

折々の花

3月5日は二十四節気の一つ「啓蟄」です。虫だけではなく、さまざまな生き物たちが活動を始める頃とか、心なしか陽射しが強くなってきたように感じます。
高浜虚子の句に「啓蟄に日は降り注ぐ矢の如く」がありますが、この啓蟄が俳句の季語として取り上げられるようになったのは、高浜虚子以降だそうです。幾分和らいだ空気に誘われ、尾張徳川家の菩提寺、建中寺(筒井町一)から、オオカンザクラ並木道(注1)までを散策してみました。
建中寺の紅梅は境内でも一際目をひき、特に鐘楼と松竹梅の組み合わせは、梅の目立つ今の時期が最高で、日本画を彷彿させます。
また東橦木公園では、河津桜(注2)が可愛いピンクの花を付けて、ヒヨドリが密をついばむ姿はまさに「花鳥」、人の目を惹きつけます。春風のいたずらで花びらが舞い落ち、道行く人々に花の存在を印象づけています。
オオカンザクラの並木道でも咲き始め、春の訪れは駆け足で近づいているようです。
文化のみち二葉館では、「桜みちまつり」が3月12日(土)10時から16時に開催されます。昔懐かしい風情の残る各所をご覧になりながら、ゆっくり探索されてみてはいかがでしょう。(当日は当会も館内ガイドをさせていただきます)

CIMG3162河津桜 CIMG3167松竹梅と鐘楼
        河津桜       松竹梅と鐘楼
CIMG3131オオカンサクラ CIMG3139オオカンサクラ
   オオカンザクラ(大寒桜)       桜並木

注1:桜通泉二、三丁目を隔てる南北の道路、芳野二の交差点北まで全長約1.4キロ。(東区HP参照)
注2:東区制100周年を記念して平成20年に植樹。(JR中央線大曽根北側広場と2箇所)
☆河津桜、オオカンザクラは、一般的にソメイヨシノより開花が早い。

« 1 2 3 4 12 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.