「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

タグ : 二葉館

お知らせ 旧春田鉄次郎邸見学とランチ

 7月16日は「海の日」です。早朝からのエネルギッシュな蝉の鳴き声、例年より早く夏本番になっているように感じます。猛暑の中、大正浪漫溢れる春田邸の見学と、豪華なフランス料理でひとときを過ごそうという企画です。
 この度、陶磁器貿易商として成功された春田鉄次郎邸において、“旧春田鉄次郎邸見学と「レストランデュボネ・ランチ」を楽しむ会”が開催されます。普段はお食事をしないとご覧になることが難しい1階洋間でのフランス料理と邸内ガイド、そして、その後は、町並み保存地区にある「旧豊田佐助邸、文化のみち橦木館、文化のみち二葉館」までの散策を企画しております。暑さに負けず、心身ともにリフレッシュしながらそれぞれの名所を楽しんでみるのは如何でしょうか。
★8月24日(金) 午前11時から、定員20名
★参加費5千円、申し込み期限8月17日(定員に達し次第締切,お早めに)
★申し込みなど詳細はこちらからご確認下さい。

(さらに…)

ひとり歩き 星祭り

 7月7日は五節句の一つ七夕ですが、別名「笹の節句、星祭り、乞巧奠(きこうでん)」とも言われます。七夕と言えば、織姫と彦星の物語を思い浮かべますが、中国古来の行事「乞巧奠」が、中国から日本に伝わり、朝廷の年中行事として取り入れられるようになったようです。その後、宮中行事が武家に移り江戸幕府は五節供(せっく)の一つと定め、詩歌や裁縫の上達を願って星に祈りを捧げ梶の葉(紙の原料)に和歌をしたためお祀りしていたそうです。民間行事となるのは江戸中期以後のようで、七夕飾りにつけられる「五色の短冊(注1)」やその他の飾りにも意味があるそうで、その由来を紐解いてみると奥深い文化が浮かび上がって来るのではないでしょうか。ご一緒に遙かなる旅に出かけてみませんか 

(さらに…)

文化のみち二葉館 報告

 去る2月8日(木)、文化のみち二葉館において、「ふたばの日13th」が開催されました。移築開館されたのは2005年(愛知万博開催の年)2月8日、愛称の「2月8日=ふたば」に因んで毎年記念行事が行われ、今年は13回目となります。
 毎年、魅力あるイベントが開催されていますが、今年は「津軽三味線」と民謡のコラボで、大広間、階段はおろか、室外までも立ち見となる大盛況でした。大広間でのイベント「津軽三味線〜津軽旅響〜」は小気味よいテンポと優しい歌声に魅了され、一瞬館内は劇場と見紛うほどの盛況さを呈しておりました。参加型イベントに皆さんの満足げなお顔が印象的でした。張りのある歌声と三味線の力強い音色が、いつまでも響いているような錯覚を覚えました。
(さらに…)

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.