名古屋市東区、橦木町筋と鳥屋町筋(注1)が交差する角に山吹谷公園があります。この公園の南西の片隅に「名古屋市立第三高等女学校ここにありき」などと刻まれた、3個の石碑が木立に抱かれてひっそりと建っています。碑陰大正12年4月開校、昭和20年1月23日学徒42名爆死、と記されていました。当時大曽根の三菱航空機に勤労動員されていた女生徒42名が米軍の空襲に遭い爆死したそうです。戦後67年を経て、薄れがちな戦争に対する意識、命の大切さを再確認するためにも、末永く残したいモニュメントです。静かに目を閉じると、葉ずれと秋の虫の音が、優しく碑を守ってくれているようでした。
 なお、名古屋市立第三高等女学校は、昭和23年の第一次高等学校編成により愛知県立第一高等学校に統合され、愛知県立旭丘高等学校として発足しました。(東区の歴史、ひがし見聞録、旭丘高校の沿革参照)
注1:白壁4丁目、主税町筋、橦木町2丁目を南北に通る道 

CIMG1279碑@ CIMG1281
 CIMG1275@ 上段左は校碑

上段右は公園に静かに佇む碑
右手後方にみえるのは山吹小学校 

下段左は学徒の死を悼み刻まれている