「梅雨明けの10日間」と、いわれるように連日の真夏日です。涼を求め「町並み保存地区」の木陰を探し求めながら、歩いてみました。そうすると、普段は何気なく通り過ぎていた所に大木がある事が分かりました。くっきりとした陰を、道路に、歩道に、家屋に残し安らぎの場を提供してくれています。
 国道41号線、東片端の交差点付近では、道路の真ん中に堂々と聳え立つクスノキ(注1)を発見しました。この木、江戸時代からご神木として崇められ、道路拡幅の際にもこの思いが受け継がれたそうで、しめ縄が張られ大切に保存されています。車も遠慮がちにスピードを緩めて走っています。
 そして出来町通り金城学園高校の歩道沿いには、ムクの大木が車道にはみ出し、そこを通る車は、何ごともないように迂回して走行しています。この木は個人の所有だそうですが、やはりご神木として大事に保護されているようです。神様?である白ヘビが棲むとの言い伝えがあると伺いました。また昔は、幹と幹の間に空洞があって、缶などを入れて遊んだそうですが、いつの間にか空洞が無くなり幹がくっついてしまったとか!!。その缶は何処に行ってしまったのでしょうか。自然の営みの摩訶不思議さ、強烈な生命力を感じました。
 この僅かな一帯だけでも、そちこちの歩道、駐車場、寺院、垣根越しに、濃い陰を落としている大木を見ることが出来ます。自然と語り合いながら、そんな町歩きを、しばし楽しまれては如何でしょうか。熱中症には呉々もご注意のうえ・・・
★当会では、町並み保存地区のガイド(依頼ガイド)も行っております。お申込み、お問い合わせはこちらからお願いします。

CIMG7623クスノキ縮 CIMG7657ムクノキ@
      静かに見守るクスノキ       優しく木陰を作るムクノキ
CIMG7653しめ縄拡大 CIMG7626イチョウ木陰で一休み
       しめ縄が厳かに    歩道のイチョウの下で一休み

注1:このクスノキは「東区の名木」に取り上げられています