梅雨に入ったものの、この地方は真夏を思わせる暑い日が続いています。尤も中部地方を除いては、天候不順のようですが。さて今回は、園内でマイナスイオン浴び?と菖蒲の花を愛でての心身のリフレッシュを案内します。
 園では和傘の貸し出しを行っており(注1)、和傘の優しい色合いに癒されながら、優雅に園内を散策する人の姿が目に付きます。菖蒲も見頃を迎え、江戸系の花1700株が色とりどりに咲き競っています。こんな時に和傘も一役買い、大勢の方のシャッターの音が聞こえてきます。花のアップを撮る人、和傘とのベストポジションを探す人、家族写真を撮る人・・と様々ですが、どなたも和の世界を求め、浸って居られるようです。その他、紫陽花・スイレン・ミズカンナ・シモツケ・半夏生などなど、競って咲く姿はまさに日本庭園の風情です。半夏生は数カ所で観られますが、この植物についてのロマンチックなエピソードを教えていただきました。龍仙湖東側(山側)で鯉が産卵する時季に、偶然、半夏生が流れ着きそのまま自生したそうです。龍仙湖の亀島の尻尾辺りにも、地味な色ながらしっかり存在感を示す姿がありますので、探してみてください。鯉(恋?)のいたずら?!粋な計らい?!でしょうか。また鳥やトンボ、蝶などの飛び交う園内で、忘れられようとしている里山の風景を存分に楽しんで下さい。
 当会では毎週金曜日、午後1時から3時半まで定時ガイドを行っております。また皆様の日程に合わせた「依頼ガイド」も行っております。お申し込み、詳細は
こちらまでどうぞ
注1:無料貸出期間は終了。6月17日(火)〜7月13日(日) 有料(100円)

CIMG0934和傘と菖蒲縮 CIMG0859西湖と菖蒲縮
      和傘も彩りを添えて・・   茶室瑞龍亭から一望(右奥が菖蒲田)
CIMG0935半夏生とスイレン縮 CIMG0948シモツケ縮
    鯉の産卵場所?(半夏生)           シモツケ
CIMG0633立葵縮 CIMG0957紫陽花と灯籠縮
       塀に寄り添う立葵        灯籠と紫陽花が仲良く