文化のみちとは、名古屋の歴史的な遺産の宝庫といわれる名古屋城から徳川園にいたる一帯をいいます。今回は文化のみちの“はる”を辿って見たいと思います。 

 名古屋城は、ただ今「名城桜まつり」を開催中で、恒例のライトアップも行われています。(4月9日まで)
 市政資料館ではトウカイサクラ、ソメイヨシノ等々の数種類の花とモダンな建物とが見事に調和しています。桜の下で昼食をとる会社員風の人の姿も見られます。そんな時、新しい品種の幼木を見つけました。市政資料館の北側フジ棚近くに「啓翁桜(ケイオウサクラ」が植樹されていて、気品ある花を咲かせていました。
 主税町公園から主税町記念堂へと歩を進めていますと、萌えだした若葉の緑と花々が、春風の中でささやき合っているかのようでした。

 橦木町にある山吹小学校沿いの桜並木は人びとの足を止め、その下をゆっくり観賞され、撮影ポイントを探す人びとは思わず笑顔になり、明るい会話が交わされていました。
 主税町でも塀越しの木々が新緑と花が競演、足元では満開のチューリップやレンギョウが至福の時を提供しています。
 白壁では桜、ハクモクレン、アカメなどが道行く人にそっと語りかけてくれます。
 文化のみち二葉館では、桃介ゆかりの三色桃が咲き始めました。何となく心がウキウキとしてきます。

 ちょっと足を延ばして徳川園へ。黒門からはトウカイザクラが優雅に咲き誇り、美術館への道案内をしてくれています。この地はまさに”はるらんまん”です。
 ゆっくり・・まったり・・長閑な春を楽しんではいかがでしょうか。
 当会では、皆様のご要望に合わせて依頼ガイドを行っております。詳細はガイドからお進み下さい。

  青空に悠然と(名城)      気品高く
   市政資料館と桜    橦木町の桜並木
   主税町を彩って    白壁に趣を添えて
   二葉館の三色桃  優しくお出迎え(徳川園)