「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

お知らせ

下街道を歩く3「本覚寺」

 今回は下街道の途中にあるモダンな建物「本覚寺」を訪ねました。永正12年(1515)に江州(現滋賀県)で「妙子庵」として建立されたのが始まりで、その後、甲州(現山梨県)から清州へ移り清州越しで大曽根坂上に移転「本法寺」と改めました。現在地(旧大曽根坂下)へは正保5年(1648)に移り「本覚寺」となりました。震災、戦災によって焼失し再建、平成3年に新たに建立した現代風の寺院となりました。尾張藩六代藩主継友により尾張藩御目見地、永代聖人地となりました。尾張徳川の由緒寺院といった歴史を大切にすることもあり、「東区ふれあい・いきいきサロン」に認定され、地域の方々との繋がりや交流を大切にしている寺院だということを痛感しました。 
(さらに…)

旧豊田佐助邸 再開のお知らせ

 旧豊田佐助邸及び春田邸は6月2日(火)より再開することになりました。当面、火、木、土曜日に当会が常駐して、皆さんをご案内する予定です。 

 現況を鑑み多少の制約(写真参照)はございますが、コロナウイルス対策を十分に行い、より一層楽しんで頂けるよう鋭意企画検討中です。ただ、三密などの配慮もあって、直接でのガイドは今暫く難しいと思います。その分は資料などの充実を図ることで補って参りたいと思います。暫くの間自宅待機を強いられた気持ちを晴らすべく是非お出かけ下さい。
 大正時代の素晴らしい建物ですので、古きよき時代を実感して下さい。皆さまのご来館をお待ちしております。
 尚、「文化のみち二葉館」・「文化のみち橦木館」の半券をお持ちの方は、当館でのチェックを省略いたします。
(さらに…)

春たけなわの今

 新型コロナウイルス感染防止対策で「緊急事態宣言」が発令され、外出自粛等が発表されました。ウイルス菌の猛威は驚嘆ですが、その反面、大自然の営みに見えない力強さを感じ、心身のリフレッシュにもなっているように思います。
 健康を保つための重要項目の一つに散策が挙げられています。軽い運動を念頭に、樹木や草花から溢れるパワーと癒やしの栄養をいただきながら歩いてみました。散策コースに加えていただいたり、誌上散策で目の保養にして頂ければ幸いです。
 当会も時節柄ガイドは中止しておりますが、情報を共有しながら自然の溢れるエネルギーを感じて頂ければ幸いです。
◎「緊急事態宣言」により文化のみち(名古屋城から徳川園の範囲)は5月10日まで閉館を延長させていただいております。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。今後の日程の詳細は各館のHPなどでご確認下さい。
(さらに…)

徳川園のこのごろ「お知らせ}

「冴え返り 冴え返りつつ 春なかば(西山泊雲)」
 いつもと変わらぬ四季の流れや景色が、免疫力を高めるのに役立っているのではないかと思いますがいかがでしょうか。 
 徳川園は開園しておりますが、ガイドは「コロナウイルス感染拡大防止」もあり、3月中はお休みさせていただいております。ご理解とご了承をお願い申し上げます。
 日毎に春めく園内は、「まず咲くからと名のついたマンサク」を始め、県木である「ハナノキ」が真紅色の花をつけ優しく微笑んでいるようです。色とりどりの椿も園内のあちらこちらで自己主張しています。この椿、種類の多さにびっくりします。是非探してみてくださいね。
(さらに…)

旧豊田佐助邸「臨時休館」のお知らせ

 休館期間:2月29日(土)から3月15日(日)(予定)

 旧豊田佐助邸は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため上記の期間閉館いたします。
 なお、3月15日(日)以降につきましては現在のところ不明です。
 詳細は、名古屋市のホームページ「新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた施設の休館等の情報について」をご覧ください。

 ご来館を予定していただきました方には大変申し訳ございませんが、現況を鑑みご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
 1日も早い収束を祈りたいと思います。

 

1 2 3 16 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.