秋も本番となり澄み渡る青空をバックに、それぞれの草木が個性豊かな色合いで自己主張しています。
 私たちの活動する東区は、名古屋における歴史、文化、芸術、産業、教育の原点であり中心地といわれています。「文化のみち」(注:前回報告と合わせてご覧下さい)には貴重な建造物が多く残されていますが、残念なことに、時代の変遷と共に変貌を余儀なくされています。そんな中、今年度は活動の一環として「東区・戦後今とむかし」展を、「東生涯学習センターまつり」や「歩こう文化のみち」で開催してまいりました。このおかげで、多くの皆さんとの交流を深めることが出来ました事、この場を借り深く感謝申し上げます。 
 そして、この度「名古屋市民ギャラリー矢田 第5展示室」でも、11月20日(火)から12月2日(日)まで、同様の展示会の開催をすることになりました。また[東区文化のみちガイドボランティアの会]も11年目を迎えますので、「10年の歩み展」を同時に紹介させていただきます。
 幼い頃の思い出や、懐かしいあの道・あの場所の記録をご覧になったり、変貌の流れを確認されるために、展示室へお越しになりませんか。お待ちしています。

CIMG2089
東区大幸南1-1-10
「東区 戦後今とむかし展」 第5展示室   名古屋市民ギャラリー矢田 カルポート東3階