東区にまた一つ新しい銘板が設置されました。市電が走っていた昭和40年代の風景を紹介するものです。場所は矢田南4にある矢田第2公園、名城大学ナゴヤドーム前キャンパスの直ぐ西側です。遙かむかしから現在に至るまでの時の経過を、遺跡を知り新たな建造物を確認しながら、目まぐるしい変遷を辿ることが出来ると思います。

 暫くキョロキョロと当時を想像しながら周囲を眺めていますと、「どうしたの?」との声、銘板に書かれた当時の様子を尋ねると「昔はね、あそこにはこんなお店があって、まだ田園風景の広がる静かな所でしたよ・・」と当時の様子を懐かしそうにお話ししてくださいました。

 交通網一つをとっても、市電から地下鉄(名城線)へ、JR大曽根駅からは「ゆとりーとライン」も走る町へ変遷しています。そして近代的な建物ナゴヤドームの地下には、「ナゴヤドーム前矢田」行きの電車を収容し点検する巨大な地下車庫があるそうです。興味津々の私と、当時から近くに居を構えて見えているおじさんとの会話に、道行く人も立ち止まり「そうそう」と相槌、ひとしきり“話”の輪ができ貴重な時間になりました。

 現在当会では、「東区・街並み 今とむかし」のパネル展示を企画し、現在準備中です。来る4月25日(火)から5月7日(日)まで、市民ギャラリー矢田において開催を予定しています。これは文化小劇場、セレクトシリーズと連携で行うものです。
 この展示は数年前にも開催しましたが、大変好評で大勢の方々から貴重なお話を伺い、当会にとっても大きな学びの場となりました。今回は、以前の展示に新作品も加え一段と充実させ、皆様との出会い、ふれ合いの場所となることを念じて奮戦中です。

 記憶の中の大切な「あんな話・こんな話・そんな話など・・」を語り合いませんか。それが未来へ語り継がれ、やがて大きな遺産となるのでしょう。
 いつの日か新旧の融合された町並みが整い、この地の歴史と伝統が、永く語り継がれていくことでしょう。
 皆様のお越しをお待ちしています。

    名城大と銘板     懐かしい市電
むかし・・むかし・・  今はゆとりーとライン
  どんな変遷かな??   近代的な建造物に
    悠然として   町を彩るコブシ