芸術、食欲、スポーツ、行楽・・と、色々の言葉が頭に付けられる秋、地元東区の生涯学習センターでも、「ときめきの風は東から生涯学習まつり2015」が開催されます。
来る10月24(土)25日(日)両日、このセンターで活動している諸団体が、日頃の成果を発表・展示し、また体験コーナーも設け、音楽や寄席など趣向を凝らした楽しい催しも予定されています。
当会は3階体育室で、「東区戦後の70年 〜今とむかし〜」「東区文化のみちの見所」とガイド活動のパネル展示、ミニバック作り(注1)を行います。
今年は戦後70年、「私たちの戦後70年」を語り合うコーナーも設けます。じっくり腰を据えて、懐かしいあの時、あの場所、あの人などの貴重な思い出を是非お聞かせください。意外に、どこかに共通項があるかもしれませんよ!
また、25日(日)は、清須越し(注2)で設置された「東寺町(注3)巡り」のガイドを行います。(当日、先着20名様に限定、定員になり次第終了します。お早めにどうぞ)
ここ生涯学習センターは、江戸時代は尾張徳川家の御下屋敷があった場所ですし、ご案内する東寺町は、清須越しで東の防衛のためここに移って来た所です。あれから400年、大都市の中にありながら、古からの風情・歴史を脈々と引き継ぎ残されています。幾多の変遷を経て、ここでも「今とむかし」を垣間見ることが出来ると思います。
その昔のちょっといい話や、えっ!ほんと!のこぼれ話まで、出来る限りの説明・案内をさせていただきます。勉学の秋になるかも知れませんよ。

東祭り縮 東寺町巡り縮
楽しい企画がいっぱいあるよ 東寺町巡りの旅へ・・・
PB120255東祭り展示縮 CIMG9649ガイド縮
昨年の展示の様子 展示の説明
御下屋敷@ PB130337照遠寺縮
センター入口にある標識、見つけてね 照遠寺楼門(建立当時の門)

注1:不要になったパンフレットやカレンダーから可愛いバックを作ります
注2:慶長15年(1610)に始まった名古屋城築城により清洲にあった寺をそっくり移した
注3:清須越しで防衛上の見地から広い境内を持つ寺院、約40ヶ寺が東区東桜周辺に配置された