当会が常駐ガイドを行っている「旧豊田佐助邸」が、23年10月17日「市の地域建造物資産」に認定されたという嬉しいニュースが中日新聞に掲載されました。(35件認定)
 その「旧豊田佐助邸」は大正時代の建築様式を伝える建物として認定されています。
 白い瀟洒な洋館と落ち着いた和館の絶妙な組み合わせ、その館には現在のように冷暖房器機の無い時代、さまざまな工夫を凝らした先人の知恵が詰まっています。又、ガス灯など当時を彷彿させる貴重な品々も多く残っていて、これらをそっくり後世に残していただけるものと思います。
★「認定地域建造物資産」とは?
 名古屋市が進める「歴史街づくり戦略」の一環。築50年以上で国や県の重文指定などを受けていないことが条件で、歴史・文化的価値や所有者の意向を踏まえ、6月頃から選定を進めてきた・・・。認定されると修繕費などが市の助成の対象になるほか、専門からでつくる「なごや歴まちびと」が保存・活用のための無料相談に応ずる。(中日新聞抜粋)

CIMG9326ブログ縮小4 CIMG9438ブログ縮小@
    大門から洋館を臨む    優しい佇まいの和館と瀟洒な洋館
@P6250208連子 IMAGE117ガス灯@
  無双連子窓を爽やかな風が通り抜ける    温かな温もりのあるガス灯