つい先日の大型連休中に展示の場は設けられましたが、老若男女、多くの方々に立ち寄っていただき、その場でも「今とむかし」をめぐる人間模様が写し出されていました。

 ナゴヤドームでは野球の試合があり、ある有名なグループのコンサートが開催されていたようで、地下鉄駅から続く通路には人が溢れ、思いもよらない光景が写し出されていました。休日の楽しみ方は、各人様々でまさに“みんな ちがって みんないい”ですね。

 東文化小劇場で開催されている公演「戦後を語り継ぐ第4弾「約束」」の観劇後に立ち寄って行かれる方は、興味深げに丹念に作品を読まれ、当時を偲んでおられるようでした。また親子連れの方は、昔の様子を優しくそして懐かしそうにお話され、お子様は「え!路面電車が・・・」「ここはどこ?」と興味津々の様子でした。展示の場は温かな空気が漂い、歴史を伝える恰好の場となっていました。このようにして、次の世代に伝承されていくんだなと実感しました。

 当時からずっとこの近くにお住まいという方から、昔の様子や変遷を詳しく伺うことができました。その急激な変貌の様子を伺うにつけ、或いは小学校の変遷を尋ねられたり、建物の写真を見て、この場所は何処ですか?との質問を受ける度に、会話を楽しみながらも、大きな宿題をいただくこともありました。またまた貴重な学びの場を体験することができました。

 この展示を見ている内に大きな気づきもありました。展示物を作成した後にも幾つかの変化があること知りました。伝承と共に、まだまだ見逃せない“今“があること、永い歴史の中では小さな出来事も全てに意味があることを知りました。理由は地震対策であったり、高齢化であったり、建物の耐久性の問題であったりと千差万別ですが、「相田みつお」の言葉にもありますが「今を大事に」していきたいと痛感した展示会でした。皆様からいただいたアンケートを活かし、今後の活動に繋げて行きたいと思います。貴重なご意見ご感想ありがとうございました。

  展示作品の数々・・   時空間を移動?! 
   会話も弾んで    作品に見入って
     道案内?!     天に向かって