過日、毎年11月3日に開催してきました「歩こう文化のみち」は、本年は中止する旨お知らせしましたが、これに代わるものとして、「特別企画」を計画しました。この企画は、3密排除をベースに安全対策を取り入れながら「今だから出来る」から検討立案し、開催する運びとなりました。
 申し上げるまでもなく、東区は尾張徳川家との関わりも深く歴史や貴重な遺産の宝庫です。そこで、尾張徳川家と菩提寺である建中寺の歴史を紐解く三つのコースを準備いたしました。
 歩きながら「今とむかし」を散歩してみませんか・・。それぞれに募集人員もあり、参加される方々のご理解とご協力をいただくことにはなりますが、新しい出会い、学びを求めてご応募下さい。

 「コース」
1、尾張徳川家の歴史を丁寧に確認しながら、地下鉄桜通線「高岳駅」から建中寺(徳川家の菩提寺)までを歩きます。(11/2(月)・10:00〜12:30)
 徳川家とのつながりや、「えっ!ホント!?」なんていう思いがけない事に出会えるかもしれませんよ。宗春寺ってご存知ですか?

2、地下鉄桜通線「車道」から建中寺界隈を経由して徳川園黒門まで歩きます。(11/4(水)・10:00〜12:30)
 建中寺周辺の寺院にまつわる歴史を解き明かしながら、ガイドの目から見た、とっておきの話もあるかも知れませんよ。当日のお楽しみ!徳川園の黒門は明治に建てられた尾張徳川邸の薬医門です。

3、地下鉄桜通線「車道」からちょっと秘密めいた?特別コースです。今回初めてガイドを行います。(11/6(金)10:00〜12:00)
 当時の面影を連想しつつ「今」を重ねて歩きます。宗春の菩提所はどこでしょうか?江戸時代に思いを馳せて歩いて見るのはいかがでしょう。

☆申し込みは先着順となっておりますので、お早めにお申し込み下さい。現況や今後のコロナ禍の状況により催行できない場合もあることをご承知おき下さい。

☆お問い合わせ・お申し込み:info@higashibgv.com 
☆申し込み:ご希望コースNOとお名前  締切:10/24(土)