「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します

ブログ

徳川園のこのごろ

 万葉集に、秋の七草を詠った「秋の野に 咲きたる花を 指(および)折り かき数ふれば 七種(ななくさ)の花。萩の花、尾花、葛花、撫子の花、女郎花(おみなえし)また藤袴、朝貌(がお)の花。注1」(山上憶良)の名歌があります。
 ここ徳川園内でも秋が直ぐそこまで近づいてきています。間もなく秋本番・・爽やかな秋を探しに出かけてみませんか。

 里山周辺では、今、ヤブランの群生が見頃を迎えていますし、四睡庵近くでは、スイフヨウ(酔芙蓉)が咲き始め、朝は白、昼は薄桃色から桃色に、夕方には紅色へと変化し、名の如くお酒に酔う風情、時間の経過とともに花の色を変えています。時には自然の見事さを観察してみてはいかがでしょう。
 四睡庵では、静かに水琴窟の音色を楽しんでください。高い澄んだ金属音が、日常の煩雑さを忘れさせてくれますよ。

 一方、大曽根の瀧の音は躍動感と逞しさを教えてくれ、マイナスイオンが溢れているようです。足元をサラサラ流れる川沿いでは、ミソハギ、オミナエシ、ワレモコウ、さらにはキキョウやツユクサなどの可憐な花が、今を盛りと咲き競っています。普段では気づかずに通り過ぎてしまいがちですが、この園の中では小さな秋を見つけてくださいね。
 瑞龍亭内露地周辺にはハギやススキが秋を告げ始めました。鹿威しも澄んだ音で瑞龍亭へと誘ってくれます。ここ瑞龍亭で、初秋の空気を存分に吸い込んで、待ち望んだ一時を味わってみて下さい。
 中秋の名月(10/4)には夜間開園もあります。詳細はこちらからどうぞ

☆当会では毎週金曜日13時から15時30分(受付は15時)までガイドを行っております。お気軽にお声かけください。

   澄んだ音色の水琴窟   楚々と咲くタマスダレ
 雨にも負けず(酔芙蓉)    秋草(ミソハギ)
   秋の七草(ハギ)  秋の七草(オミナエシ)

 

注1:秋に花の咲く草の中から代表的なものを7種選んだもの。このアサガオは今のアサガオという説と,ムクゲ,キキョウ,またはヒルガオと諸説あるが、一般的にはキキョウを指すのが有力。覚え方は「ハスキ(ー)なおふく(ろ)」「オスキナフクハ」など語呂合わせで覚えると忘れないかも。

 

新美南吉の世界を訪ねて

 8月23日は処暑、また「綿柎開(わたのはなしべひらく)注1」とも言うそうです。その昔の、子供の頃の田園風景に、白い綿の実を見たような気がしますが、現在はまず見当たりません。

 何気なく通りかかった文化のみち二葉館で、予てより噂を聞き楽しみにしていた「児童文学リバイバル展 新美南吉の世界をたずねて」を見つけ見学してきました。もとより大好きな作家「新美南吉」、彼の世界を更に深く知りたいと想い、勇んで会場に入りました。
 「南吉」というと「ごんぎつね」「でんでん虫の悲しみ」「手袋を買いに」などの童話と共に、知多半島にある矢勝川の彼岸花が頭をかすめました。

 その作品は教科書にも取り上げられていますし、童話だけでも123編ほどあるそうです。子供から大人まで誰もが楽しめ、その多くはふるさとを題材にしていて、身近にいる動物を登場させ、方言なども取り入れているのが長く愛される理由でしょうか。これからも、親から子へ、子から孫へと語り継がれていくことでしょう。
 今まで名古屋には関係はない作家と思っていましたが、就職のお世話をした先生や、教え子が中部児童文学で活躍するなど、意外にも名古屋との関わりのあることを知りました。急に彼の存在がグッと近づいてきたようで、嬉しくなりました。

 丁度、“夏休み!子どもの「ステンド硝子アート教室」”も開催されており、残り少なくなった夏休みの課題解決の一助に、貴重な体験の場として楽しんでいるようでした。
 夏休みも残り少なくなってきましたが、去る19日に開催されたワークショップでは、「たからのこびん」作りが行われていました。ちょっとだけ覗くつもりが、それぞれの方の個性豊かな作品に接し、「たからのこびん」作りに熱中する姿に感動し、引き込まれて時の経つのも忘れ見続けていました。付き添ってみえた親御さんも、その経過に満足された様子で、見守りながら一緒に楽しまれているようでした。

 時には童心に返って、昔懐かしい絵本を手に取ってみるのは如何でしょう?心癒される時間が取り戻せるかも知れませんよ。
南吉展についての詳細はこちらからどうぞ
 注1:綿を包むガクが開き始める頃。綿の実がはじけ白いふわふわが顔をのぞかせた様子。

 

      写真提供:二葉館    半田市観光HPより(矢勝川)
   ”たからのこびん”制作中     まどにかざるときれいだよ!

石造物を訪ねて

 「つくつく法師 いつもどこでも 遠き声」と詠われるようにツクツクホウシの鳴き声がかすかに聞こえるようになってきました。
 ずっと気になっていた、舎人公園の東にある谷汲山観音院室寺(泉3)の石仏を訪ねてみました。最初に目に付くのが門前にある石塔「谷汲山」ですが、普通の寺標とは異なり特徴のある形をしています。慶応2年(1866)の文字が読み取れ、随分古いものであることが分かります。前回ご紹介した、百度石も元和2年(1616)でしたので、かなり歴史のあるお寺なのでしょう。

 現在の観音院室寺(泉3)境内は、今でこそかなり小さくなっていますが、戦前までは、かなり広く、隣にある舎人公園も寺域であったとのお話でした。
 浄土宗のお寺で本尊は十一面観世音菩薩立像で、境内には江戸時代後期の西国三十三観音信仰(注1)の石仏が整然と並び、静かに見守ってくれているようです。三十三とは観音様が三十三の姿に身を変えることからきているのだそうです。

 信仰の始まりは平安時代の中頃からで、江戸時代に庶民信仰として盛んになったとのことです。本来は西国の各寺を巡礼するのですが、やむを得ない理由で現地に足を運べない人のために、簡易的に一箇所に札所や石仏を並べ参拝する風習になったと言われています。観音院室寺も三十三箇所を模した石仏が並んで最後の33番を見ると「谷汲山」になっています。
 ☆当会では、皆様のご要望に合わせて依頼ガイドを行っております。詳細はガイドからお進みください。

     谷汲山の石塔    名陽図会
  後列左から一番・・・ 左が33番谷汲山の文字

 

注1:本来は、一番札所は那智青岸渡寺から始まり、三十三番札所は岐阜谷汲山華厳寺で満願となる。

百度石を訪ねて

 立秋も過ぎ「立秋の 雨はや一過 朝鏡(中村汀女)」と詠われているように、風の流れや日の光、雲の動きに微妙な変化が見られる・・のは、秋を待ち焦がれる願望のせいでしょうか。もちろん8月のイメージは、蝉時雨や厳しい暑さ、お盆を前に毎年報道される「戦後○○年」ではないでしょうか。そんなことを考えながら訪ねた神社で百度石(注1)を見つけ、“その昔どんな思いで人々はこの石に願いをかけたのだろう?”と頭をよぎりました。

 最初に立ち寄った神社で、いきなりその形の違いに気づきました。まだ他にも色々あるのだろうかと疑問が湧き、東区内の社寺を丹念に巡って見ようと思いました。すると新たな出会いや発見があり、楽しみ方も意外に多岐に亘り、どんどんと広がることに気づきました。それぞれの社寺の歴史や謂われと共に、石造物をたどって見るのも楽しいのではないでしょうか。

 百度石をじっくりと見ると、円柱や四角柱など様々な形があることが分かりました。四角柱頭部は平らであったり、先が尖っていたり微妙な変化をしています。そして彫られた文字も様々で、丁度境内におられたお庫裏様や宮司様にお尋ねしましたが、特に形や字を指定したという記憶は無いそうです。“みんな違って みんないい”ですかね。

 全国的にみると、数を数える為に上部に数え玉、算盤玉が付いているものや、お寺さんのご本尊様との関わりで様々なタイプがあり、地域の習わしなども反映されていることもあるようです。今回は東区内の限られた範囲でしたが、少し範囲を広げるとまた新しい発見があるかも知れませんね。

 百度石建立が元和2年と思われる古い観音院(泉3)、明治の片山神社(芳野町2)、含笑寺(東桜3)、大正の松山神社(泉3)、東充寺(東桜2)、片山八幡神社(徳川2)等々を歩きました。須佐之男神社(出来町3)では普通60〜80㎝といわれる高さが、125㎝もあり、幅も21㎝で区内随一だと教えていただきました。円柱形の冨士神社(東桜1)など特徴があることを知りましたが、全ての社寺に設けられるわけではなく、存在しないところも幾つかありました。この寺院めぐりの道すがら、街路樹の木陰で一息入れつつ、目に入る花々は一服の清涼剤になってくれました。
☆当会では皆様のご要望に添ったガイドを行っております。お申し込みは「ガイド」からお進みください。

注1:広辞苑では、頼み事を叶えてもらうため、社寺に参りその境内の一定距離を100回往復し、その度に拝することとあります。古くから日本の民間信仰であり、文献的初出は吾妻鏡の記述から、鎌倉時代初期にはお参りがあったようです。石は火災や災害にも強く歴史の生き証人になってくれることも多いようです。

 観音院室寺(風化も散見)    冨士神社(円柱形)
 含笑寺(篆書体・てんしょたい    神明社(隷書体)
  七尾天神(頭部は丸み)     須佐之男神社
    路地に彩り     モミジアオイ

文化のみちのステンドグラスを訪ねて

 梅雨明けの青空の下、文化のみち二葉館主催の「文化のみち、ステンドグラス建築探訪ツアー」に参加してきました。
 コースは、二葉館→名古屋陶磁器会館→橦木館→主税町記念堂(元,カトリック主税町教会)→市政資料館でした。そこに住む人の思い、時代背景など特徴を巧みに取り入れられ、感嘆や驚きの声がしばしば聞かれる、とても存在感のあるものでした。東区は貴重な遺産の宝庫と言われており、その一旦を垣間見る思いで、将に興味津々、新たな発見やいくつかの課題も見つかる貴重なものでした。時には大正ロマン漂う建造物や、味わい深いステンドグラスとゆっくり向き合ってみませんか?

先ずは二葉館大広間のステンドグラス。長い旅から戻った「初夏」の一部(向かって右下部分、注1)が、本来の場所に収まった優雅さと重厚さが、大正浪漫を漂わせています。貞奴さんも安堵されているのではないか・・フッとそんな気がしました。館内には、踊り子、アルプス、もみじ(注2)など幾つかの素晴らしいステンドグラスがあり、これらは名古屋に残る物としてはかなり古いと思われるようです。陽ざしや室内の照明による変化を楽しむのも一興ではないでしょうか。

 名古屋陶磁器会館は、当時のままのステンドグラスが静かに来館者を迎え、館内には歴史を刻む品々が陳列され、陶磁器の歴史を紐解くことができます。陶磁器産業発展のために、大いに貢献した井元為三郎氏の功績も偲ぶことができます。
 井元為三郎邸の橦木館では、ドイツ、オーストリアに興ったデザインとアール・デコを彷彿させるデザインがさりげなく使われ、玄関には八星の玄関灯、幸福の青い鳥など当時の流行を取り入れた作品が目に付きました。

 名古屋市市政資料館(旧名古屋控訴院地方裁判所)は、ネオバロック様式で、当時の建物では札幌と名古屋だけにしか残っていないようです。ステンドグラスは大階段にあり、北壁には公平さを表す天秤、天井には日輪、お天道様がデザインされ、建物との調和は一層の重厚さが感じられました。
 一つひとつを丹念に観察されるもよし、建物との融合性や荘厳さを肌で感じられるもよし、それぞれの感性でお楽しみくださいね。(宇野辰雄の世界、当会資料参照)
注1:詳細はこちらからご覧ください
注2:「竜田川」というもみじの葉が水辺に落ちるという日本の伝統的モチーフ

   二葉館「初夏」      アルプス
     踊り子       もみじ
   橦木館「青い鳥}      欄間
    陶磁器会館玄関    市政資料館「天秤」

« 1 2 3 4 71 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.