「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します

ブログ

西川秋次と旅した鞄・・展示のお知らせ

【西川秋次邸見学】

 本年6月某日、西川秋次邸の見学会が行われました。「西川秋次邸が解体される?!」との報に接したことがきっかけで、折衝を重ね、お孫さんのご好意により実現しました。

 当日は西川邸の歴史や解体になった経緯、西川家に伝わる「炎のピアノ」の由来などのお話を丁寧に説明していただき、普段の秋次氏の人となりを知る大変貴重な時間となりました。
 今後の解体予定は判然としていないようですが、当時を偲ばせる門はそのまま残ると伺いホッとしました。貴重な建造物は、将来に残して欲しいと願うばかりです。

 西川秋次氏の人生は豊田佐吉翁との出合いから始まり、豊田家の繁栄を目指す生涯であったと思われます。佐吉翁を大将と呼び常にそばに寄り添い、佐吉翁からは絶対の信頼を得ていた方です。また、佐吉翁の兄弟(平吉・佐助)や、佐吉翁の子ども(喜一郎・愛子)の良き相談相手でもあったようです。発明王佐吉をひたすら支え、陰ひなたなく尽くす温厚な人柄が目に浮かびます。
 晩年は、佐吉翁の美挙にならい、自分自身の力で奨学会「財団法人西秋奨学会」を設立し、若者の育成にも貢献しています。佐吉翁から秋次氏へと以心伝心、静かに引継がれた善意の証しでもあるのでしょう。 

 お話しをいただいた後、邸内の見学をさせていただきましたが、往時を偲ばせる重厚な家具、多岐に亘る書物、そのほか数々の貴重品があり、佐吉翁ご夫妻の写真には、秋次氏が思いを寄せられた深さが感じられました。それらは、30余年の上海時代をも思いおこさせるに十分な品々でした。
 そして、最後に今なお健在の「炎のピアノ」での素晴らしい演奏があり、見学会の最後は懐かしい童謡の大合唱となりました。

 数多くの遺品の中に、秋次さんと共に旅をしたイニシャル入りの旅行鞄がありました。この鞄、幾つもの認可を経て佐助邸に置くことに決定、現在は「旧豊田佐助邸」2階洋館和室に展示されています。是非当時に思いを馳せ、秋次さんと一緒に世界の旅を楽しんでみてください。(西川秋次の生涯、当会資料参照)

    西川秋次邸門   佐助邸に展示された鞄
  若き日の佐吉ご夫妻     玄関でお出迎え
  100余年前のピアノ   素晴らしい音色と共に
     鬼瓦   モダンなアーチも・・

徳川園のこのごろ

 7月7日は七夕です。「笹の節句」「星祭り」との別名もあり、江戸時代に五節供(注1)の一つに定められた季節の節目のことです。七夕の星物語は織姫・彦星で有名ですが、ルーツを辿ると中国で二人の逢瀬を祝い「乞巧奠(きっこうでん)」という行事が催されたのが始まりのようです。遣唐使によって日本に伝わり宮中行事に取り入れられ、江戸時代に民間行事として広がったものだそうです。この五節供の全てが奇数日(3月3日、5月5日・・)の邪気を祓うために植物が深く関わっていることに気づきました。7月7日(旧暦)の夕方で、七夕!ちょっと興味に誘われて園内を散策してみました。
「合歓木の 葉ごしもいとへ 星のかげ 松尾芭蕉」

 今、園内には来園者が書かれた七夕飾りが、風に吹かれてサラサラとゆれています。昔・むかし、子供の頃、短冊に願いを込めて書いたこと・・夏の縁台が目に浮かびます。

 龍門橋の脇では、平安時代の柚ノ木灯籠(写し)とスイレンがお出迎え、その先ではモッコクが可愛い白い花を咲かせています。虎仙橋を渡る風と緑陰が梅雨の鬱陶しさを吹き飛ばしてくれます。笹ユリも大きく蕾を膨らませ、梅雨明けを待っているようですし、菖蒲田の脇では、蓮の花が咲いていますよ。見つけて下さいね。

 龍仙湖では水カンナや半夏生、ヤブカンゾウが目を楽しませてくれます。今年孵ったマガモの雛(3羽)も大きく成長し親ガモと見間違えそうですが、さすが母鳥、時々、子に優しく寄り添っていました。鯉の餌をちゃっかり横取りしたり、お茶目に鯉の背中に乗りサーフィン!・・愛嬌を振りまく姿に、周辺は大きな笑い声が広がっていました。
 里山のゾーンでは、ハクウンボク、マユミなどが青い実を付け、花とは違う風情を醸し出していますし、苔と石のコラボそしてせせらぎは、暫くの間、喧騒の世界を忘れさせてくれます。
 いつもは脇役の石垣を覆うヒトツバや蔓性植物なども園内演出に一役買っています。時にはマイナスイオンを感じながら歩を進めるのも良いかも知れませんよ。楽しみ方は、「みんな違ってみんないい」ですね。
 徳川園では15、16日(土・日)には宵祭りが開催されます。詳しくはこちらからどうぞ。

  柚ノ木灯籠とスイレン   風にたなびく七夕飾り
    水カンナ     ハンゲショウ
  鯉とマガモの親子   静かな時を刻んで
    ハクウンボク    陽に光るマユミ

 注1:七草、雛まつり、こどもの日、七夕、菊祭りをいう

 

鈴木政吉と安斎院

 当会では、来館された方々に寄り添えるガイドを心掛けていますが、その他に「ガイボラ文会」と称して、各人が地道に調べ探求した結果を発表しながら、お互いに学び合う場を定期的に設けています。
 東区が生んだ偉人の一人に「人生をヴァイオリンにかけた創造者」である鈴木政吉がいます。今回は鈴木政吉がヴァイオリンの製作の過程で出会い、糸を紡いでいく中で知った、当会と関係あるお寺と場所にスポットを当ててみたいと思います。

 6月文会は『「ヴァイオリンの音色に魅せられて」受け継がれた鈴木政吉の志』のお話で、幾つもの驚きと感動に圧倒されました。特に興味を覚えたのは、鎮一がドイツ留学の折りに、徳川義親氏との出会いがあったからという場面です。そして大好きなアインシュタインと政吉、鎮一との間に親交があり、更に鎮一が留学中、アインシュタインと一緒に演奏したことは驚愕でした。 

 「えっ?!あの徳川園(旧尾張徳川大曽根邸)を名古屋市に寄贈された義親様との繋がりにまたまたびっくりでした。そして東寺町に「曹洞宗 安斎院」がありますが、その総門を明治41年に政吉が寄付(注1)されていることも然りです。偉大だったと誰しもが認める方がぐっと身近に迫ってきました。この思いがけない糸を手繰ってみたくなり、安斎院から徳川園への散策に出かけてみました。

 安斎院も、ゆとりを持って心静かに向き合ってみると、境内(門外から観賞)も静寂の中で静かに時は流れており、真っ青な空にゆったり流れる白い雲、掃き清められた境内ではヴァイオリンの音色が流れているかのように感じたのは私だけでしょうか。

 総門は重厚さで存在感もあり、そこに施されている鳳凰の彫刻は今にも羽ばたいていきそうです。塀には、ちょこんと二人の僧が優しく見つめています。これは中国唐代中期の高僧「寒山、拾得(かんざん、じっとく)」だそうです。様々な説もあるようですが、これに豊干(ぶかん)を加えた四睡図(注2)は禅の境地を示すもので、お釈迦様と文殊菩薩・普賢菩薩とも言われているそうです。森鴎外の著した「寒山拾得」を読まれてみるのも面白いかも知れません。この四睡図に関連づけて徳川園の里山にも「四睡庵」があり、穏やかな空間を演出しています。そして、この四睡図の図柄が日光東照宮にも彫刻されているとのこと・・ご存知でしたか?
 次から次へと、夢の広がっていくこんなルートの散策は如何でしょうか。

     安斎院門      鳳凰彫刻
    寒山拾得     塀と緑陰
   水琴窟と四睡庵     文会の様子
  松山公園の花     アメリカデイゴ

注1:木札(棟札)が現存している 
注2:画題の一つで、中国唐代の三人の僧と一匹の虎が寄り添って眠っているところを表している  

「筒井町天王祭 湯取車」見てある記

 去る6月2、3 、4 日に東区筒井町、出来町一帯で天王祭が開催されました。清々しい絶好の祭り日和に、賑やかな祭囃子や、豪快な方向転換など活気溢れる町がそこにはありました。名古屋東照宮祭と関係しているとの情報を得、興味津々で筒井町天王祭「湯取車(ゆとりぐるま)」の曳行に密着してみました。

   この山車は、東照宮祭礼車として桑名町(現、中区丸の内2)が万治元年(1658)に新造し、幾度かの改造を経て天保2年(1831)に情妙寺前(現、筒井町四丁目あたり)が譲りうけたものだそうです。東照宮祭には9輌の名物山車があったそうですが、昭和20年の戦災により全て焼失してしまいました。筒井町の湯取車は、東照宮祭の歴史を担う現存する唯一の山車で、初めて屋根がついた山車だそうです。

 人形は屋台に大将人形(安倍晴明)、巫女人形、太鼓打ち人形、笛吹き人形(鼻こすり)が乗り、湯気を象徴として「湯の花」と呼ばれる白紙の細片が釜から吹き上がる場面は見応えがあります。「湯取車」の謂れは神子(みこ)が湯取神事を行うからくり人形を乗せているのでその名があり、別名「神子車」とも呼ばれたそうです。

 水引幕は昼と宵で異なり、昼には大幕の「猩猩緋・緑・紺」の縱継幕と雲竜の刺繍をあしらった水引幕、宵には大幕の「猩々緋」と水引幕の「麒麟・鳳凰・亀」を用いられています。この水引幕に注がれた情熱・技量だけでも、じっくり観賞するのに値すると思います。

 山車曳行は、揃いの袢纏、子供の浴衣姿が一層華やかさを演出しています。出会いやからくり人形の舞、山車の見事な方向転換やドンデンが行われる度に、大きな歓声が沸き起こっていました。
 夜間曳行では、堤燈が多く取り付けられ幽玄の世界へと誘ってくれます。「湯取車」と「神皇車」の二輛曳行や、仄明かりの中でのからくり人形の舞は、一味違った趣を醸し出していました。

 圧巻は楽日行われた徳川園での5輛の山車揃えでしょう。また、10月には「名古屋まつり」の一環で繰り広げられる山車揃えがあります。江戸時代を彷彿とさせる光景は、見応えも十分ですよ!(参考文献:名古屋の文化財、市山車報告書、名古屋祭。湯取車HP参照)

    町内曳行      屋根神様 
    水引幕 雲竜       水引幕
  湯取神事 からくり   徳川園 山車揃え
   筒井町 2輛曳行   見所・・方向転換

名古屋東照宮を正式参拝しました

 本年4月頃、名古屋東照宮を訪れた際、御本殿が近いうちに補修工事に入ることを伺い、さらに工事着手前に内部を拝見させていただけることになりました。
 そして去る5月22日(月)、名古屋東照宮を正式参拝する機会に恵まれ、その上、宮司様から名古屋東照宮の起源や、東照宮御鎮座400年記念にいたる歴史などについて、詳細に且つ具体的に大変貴重なお話しを伺うことができました。

 名古屋東照宮の創建は元和5年(1619)に尾張徳川家初代藩主、徳川義直により名古屋城三之丸に社殿を創建された。創建当時の建物は国宝であったが、戦災に遭い消失してしまい現在の本殿は、義直公の正室高原院殿(春姫様)の霊廟(注1)を移築したものであることなどのお話しを伺うことが出来ました。 

 境内に入ると、先ず手水舎で身を清め、ご本殿へご案内いただきました。
ご拝殿においては、宮司様のご指導、ご指示に従い神事は厳粛な雰囲気の中で執り行われました。
 拝殿内の随所に浅野家(春姫様の実家)の家紋が刻まれていることも初めて知ることでした。初めて見るその荘厳さにただただ感嘆するばかりでした。
 内陣の天井画は狩野探幽派の絵師の作品であり、室内に施された彫刻の一つひとつに当時を彷彿とさせるものがあり、その見事な彩色に往時を偲ぶことができ、貴重な体験にもなりました。

 「名古屋祭」は東照宮創建の1年前(1618)、名古屋城の一角で家康の三回忌を祀ったことから始まりました。のちに魂を御輿に移し、元和6年(1620)御旅所を、若宮八幡社の北に設け神幸行事を行ったのが始まりとのことです。この神幸行事が山車祭のルーツであるとのことでした。戦前は、各町内から9両の「からくり山車」が出て、名古屋の町を練り歩く盛大な祭礼だったそうです。
 1輛目が東照宮に着いたとき9輛目はまだスタートしていなかったという逸話も残っているそうです。残念ながら、この山車も戦災で焼失し、現在は神事のみが残り、毎年4月16日舞楽奉納,翌17日(注2)に大祭が行われています。16日に行われる舞楽は、幽玄の世界へと誘ってくれるほどの舞が奉納されます。必見の価値はあると思います、是非一度ご覧ください。

 壮大な歴史の変遷や当時の生活を偲ぶ貴重な研修の場となりました。宮司様から濃やかなご配慮を頂き、そして多くを学ぶことが出来たこんな機会をいただけましたことに、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
(東照宮の栞参照)

   名古屋東照宮    正式参拝の様子
 内陣天井画(狩野派作)      小組天井
  随所に浅野家の家紋   当時の山車祭の様子
 
 東照宮御大祭(舞楽奉納)  東照宮御大祭(舞楽奉納)

注1:慶安4年(1651)建立。昭和35年県重文に指定
注2:家康の命日

« 1 2 3 4 70 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.