「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

町の話題

ひとりある記 5 白山神社

 各地で「観測史上最大量の積雪」の情報も時々伝えられています。名古屋でも数日前には一面の銀世界となり、道端の寒椿や公園の木立も雪をキャンパスに見事な文様を描き出していました。
 今回は、いつもは横目で見ているだけの白山神社(矢田2)ですが、拝殿の欄干に十二支の彫刻を施した板がはめ込まれていると聞き、訪ねてみました。
 はやる気持ちを抑えて、手順を踏みながら真摯な気持ちで拝殿へ参りました。そこに有りました! 本殿中央には見事な彫刻が早速周回してみました。「えっ?数が足りない」と疑問に感じ、おもむろに拝殿の中を見ると重厚な干支の彫刻があり、納得しました。後で宮司さまから「皆さん外だけ見て、足りないとよく言われますよ」と教えていただき少しほっとしました。何時もはお参りするだけですが、ゆっくり味わって見るのも良いものですね。今年の干支の彫刻はどこに嵌められているか、探してみてくださいね。

(さらに…)

ひとりある記 4 「片山神社 焼納祭」

 新年1月14日、片山神社(芳野二)において、焼納祭(左義長)が行われました。これは神事であることを宮司様から伺い、心静かに参加させていただきました。
 焼納祭とは左義長とも言われ、正月の松飾りや注連縄、古神札、かきぞめなどを焼納することで、この炎にあたるとその年を健康で無事過ごすことができると伝えられているものです。神聖な境内での神事は粛々と執り行われ、その後お焚上げが始まりました。これは数時間続けられるそうで、三々五々集まった人たちは談笑しながら炎との対話も楽しまれているようでした。昨年納められた絵馬も焼納、きっと皆さん願い事が叶ったことでしょうね。その語らいの中で、地方色豊かな「どんど焼き」や昔話を聞かせていただき、その昔、私も祖母と行った懐かしい思い出と重なり、先人の知恵や風習を伝承する大切さを実感しました。
(さらに…)

ひとりある記 3

 みなさん、お揃いで新しい年をお迎えになったことと存じます。
 「一年の計は元旦にあり」と言いますが、この言葉には続きがあるってご存知ですか?年始にあたって調べてみました。二つの説が有力と言われています。一つは「中国、馮應京(ひょうおうきょう)、月令広義」説と、もう一つは、三本の矢で有名な毛利元就が長男、隆元に書いた手紙(教訓)説です。それは、「一年の計は春(年始め)にあり、一月の計は朔(ついたち)にあり、一日の計は鶏鳴にあり」です。いずれも一番最初が大事ということでしょう。みなさまは、今年にどんな計画や方針を立てられましたか?年内に、それが成就できることを願っています。
 私はその一つに、今年も東区の素晴らしさを発信していきたいと思っています。

(さらに…)

ひとりある記 2

 2017年の世相を一字で表す今年の漢字が、「北」に決まりました。応募総数は15万3,594票のうち、「北」は7,104票を集めたということです。
 北朝鮮のミサイル発射騒動、九州北部豪雨、プロ野球北海道日本ハム所属の大谷翔平選手の移籍や清宮幸太郎選手の入団、キタサンブラックという駿馬・・・が注目され選ばれたそうです。
 清水寺の森貫主は、「北は互いに背きあっている字。皆が向き合い、話し合う努力を続けていくことを大切にして欲しい」と語っています。向き合い寄り添うことが、ガイドにも通じるのではないか、そんなことを考えながら、短日の師走の町を歩いてみました。

(さらに…)

ひとりある記1

 いきなりですが「4596(2015年末時点)この数字が何かご存知ですか?
  “数字で知るナゴヤ“愛知県内にあるお寺の数だそうで、古都、京都や奈良よりはるかに多く全国一だそうです。新聞に掲載されていたのですが、ちょっと驚きでした。愛知県は観光資源が少ないなど、とやかく言われておりますが、少し角度を変えれば、素晴らしい文化遺産や建造物が豊富であると言えるのでないでしょうか。
(さらに…)

« 1 2 3 4 26 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.