「ときめきの風は東から“生涯学習まつり2017“」が11月11日〜12日(土、日)、東生涯学習センターで開催されます。
 館内においては、日頃の学習成果の発表やパネル展示され、手の運動、頭の体操、若返り??の体験コーナーなどもあり、将に「と・き・め・き」満載。各団体が知恵を出し合った苦心の作が発表されます。時あたかも食欲、読書、体育、芸術の・・秋、学びのひとときを心地よいこの地で楽しみませんか!

 当会では、「歩こう文化にみち」に続き、’語り継ごう「東区ゆかりの近代産業’「陶磁器輸出産業の隆盛」「中部の近代輸出産業」のパネル展示をし、併せて「魅力ある文化のみち」のパネルも展示します。その昔、盛んであった陶磁器産業の「今とむかし」を回顧し、語り合いませんか?東区の当時の様子や貴重な体験などの東区の文化遺産を、次世代へ正しく伝承していくための「語り場」となればいいなぁと思っています。

 体験コーナーでは「ジグソーパズル」も用意しました。ご来館の皆様に楽しんでいただけるように、東区のベストポイント(担当者独断!)を選出しました。「ここはどこ?」・「どこにあるの?」・「あ〜知ってる、知ってる」の言葉が飛び交うよう、インスピレーションを働かせ、向き合ってみて下さい、新しい何かに出会えるかも知れませんよ。更に完成したあかつきには、何か良いことが起こるかも・・・。

 12日(日)の13時半から、“東寺町めぐり”を行います。ご一緒に、清須越しの疑似体験をしてみませんか。
※当日受付、玄関前で13:20まで 
 集合場所もセンター玄関前で、定員20人になり次第終了です。

 東生涯学習センターは尾張徳川藩の御下屋敷でした。ご存知知でしたか?当時を物語る案内標識がセンター入口にあります、見つけて下さいね。
 名古屋城の東の防衛拠点として、清須から約40ヵ寺が移転し東寺町となりました(因みに南側には大須周辺に南寺町があります)。時代の移り変わり、特に戦後は急速な都市化によって大きく変遷しましたが、今なおあちこちに当時を物語るものが残っています。400年の歴史が静かに流れている寺町をご一緒し、秋の一日を散策してみましょう。思いがけない発見があるかもしれませんよ。
 詳細は、チラシをご覧下さい。また、行事予定からもご覧いただけます。

  楽しい企画がいっぱい!   400年の歴史を訪ねて
  展示作品の数々    話は弾んで・・
   手作りコーナー   語らいの場も楽し
  地図を辿ってみると   へちま薬師ガイド