「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します

豊田佐助邸

豊田佐助邸のイメージ

自動織機の豊田佐吉の三弟豊田佐助の住居です。
火曜日、木曜日、土曜日の10:00から15:30まで常駐ガイドをしています。

文化のみち二葉館

文化のみち二葉館のイメージ

ここには、日本の女優第一号の川上貞奴と電力王福沢桃介が暮らしていました。
火曜日、木曜日、土曜日の10:45と13:20の2回。定時ガイドをしています。

徳川園

徳川園のイメージ

2005年万博の前年11月に開園された「池泉回遊式」の大名庭園です。
金曜日の13:00から15:30まで常駐ガイドをしています。

ブログ

生涯学習まつり2017 報告2

 暦の上ではもう冬、遠くの地からは雪の便りも届いてきます。年賀はがき、おせち料理の広告を見ますと、年の瀬を感じます。
 そんな11月11、12日(土・日)、生涯学習まつり2017「行ってみよう、見てみよう、やってみよう」が、東生涯学習センターで開催されました。季節の炊き込みご飯、力作のパネル展、渾身の絵画・俳句や暖かな手作り作品の披露などがありました。さらには頭脳の働きも要求される体験コーナーなど、工夫を凝らしたイベントが全館で繰り広げられ、歓声とどよめきがあちこちから聞こえてきました。
(さらに…)

歩こう文化のみち 報告1

 去る11月3日(金・祝)第18回「歩こう文化のみち」が開催されました。この会を毎回楽しみにしておられる方も、初めての方も・・秋晴の穏やかな陽射しに誘われて、散策に、イベント巡りに、スタンプラリーにとそれぞれの楽しみ方を満喫されたようです。 「文化のみちとは、名古屋城から徳川園までのエリア」で、この日は普段は見られない県庁や市庁舎も一般公開されました。各会場とも趣向を凝らし、おもてなしの心で溢れていました。 (さらに…)

文化のみち界隈 Ⅳ 名古屋陶磁器会館

 今回は、東区から始まった名古屋の陶磁器産業。輸出陶磁器の拠点施設として建設された名古屋陶磁器会館をご紹介します。
 昭和7年(1932)に名古屋陶磁器貿易商工同業組合の事務所として建てられ、その後、昭和24年(1949)に名古屋陶磁器会館が設立された際、同業組合から受け継がれ現在に至っています。特に建築は名作で登録有形文化財になっています。会館1階のギャラリースペースでは、名古屋で絵付加工された製品の数々を見ることができます。また会館の南庭には、当時組合長で会館建設に尽力した井元為三郎氏の胸像が建てられ、今も静かに見守っています。 (さらに…)

お知らせ2 生涯学習まつり

 「ときめきの風は東から“生涯学習まつり2017“」が11月11日〜12日(土、日)、東生涯学習センターで開催されます。
 館内においては、日頃の学習成果の発表やパネル展示され、手の運動、頭の体操、若返り??の体験コーナーなどもあり、将に「と・き・め・き」満載。各団体が知恵を出し合った苦心の作が発表されます。時あたかも食欲、読書、体育、芸術の・・秋、学びのひとときを心地よいこの地で楽しみませんか!
(さらに…)

お知らせ Ⅰ 「歩こう文化のみち」

 恒例となりました「歩こう文化のみち」が、11月3日(金・祝)に開催されます。東区の一帯で様々な工夫をこらしたイベントが企画されています。
 旧豊田佐助邸において、写真パネル展示3企画、館内ガイドを行います。また、「輸出陶磁器産業の面影を訪ねて」の建造物巡りも同時に行われ、毎年好評を博している「尾張万歳」公演も予定しています。秋たけなわの1日を皆さんでお楽しみください。

(さらに…)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.