「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します

豊田佐助邸

豊田佐助邸のイメージ

自動織機の豊田佐吉の三弟豊田佐助の住居です。
火曜日、木曜日、土曜日の10:00から15:30まで常駐ガイドをしています。

文化のみち二葉館

文化のみち二葉館のイメージ

ここには、日本の女優第一号の川上貞奴と電力王福沢桃介が暮らしていました。
火曜日、木曜日、土曜日の10:45と13:20の2回。定時ガイドをしています。

徳川園

徳川園のイメージ

2005年万博の前年11月に開園された「池泉回遊式」の大名庭園です。
金曜日の13:00から15:30まで常駐ガイドをしています。

ブログ

”伝説の足跡”を訪ねて2「大幸八幡社」

 「紫陽草(アジサイ)や 藪を小庭の 別座敷(松尾芭蕉)」
 アジサイは花の色が度々変わることから七変化、萼片が4〜5個あるので四葩(よひら)とも言い“しぶく雨”との語らいはいかがでしょうか。
 雨が似合うアジサイの時期ですが、雨にまつわる伝説が今も息づいている大幸八幡神社(東区大幸4)を訪ねてみました。
 その昔、矢田川の堤防下にありながら、水の恵を受けられないまま田畑が枯れ、当地の住民は困っていました。そこへ旅の途中、通りがかった八幡太郎義家が内情を知り、ある場所に矢をさすと水が湧き出したという話が伝承されています。今でも本堂の東側には水の湧き出た跡が留められています。丁度アジサイと寄り添うように置かれていました。「水は天下からもらい水」と昔の人の心も偲んでいきたいものですね。
(さらに…)

”伝説の足跡”を訪ねて「長久寺」

 「天蓋の ごとく菩提樹 咲きにけり(那須茂竹)」 
 長久寺には境内にある大きな菩提樹に包まれるように「庚申塔」があります。その昔「三尸(さんし)の虫」にまつわる伝説があり「庚申待(庚申会)」という会を庚申の日に行う風習がありました。毎年8月28日に行われる庚申祭の謂われは、災厄を避けようという道教の教えで、無病息災を祈るということです。以前(2010年頃まで)は夜店なども出て盛大な行事でしたが、今は行われていないそうです。残念ですね。
当時の様子はこちらからもご覧いただけます。
http://higashibgv.com/町の話題/1568
http://higashibgv.com/町の話題/1576   
(さらに…)

二葉館、橦木館、旧佐助邸 合同展示会のお知らせ

 名古屋地方は統計史上2番目の早さの梅雨入りとなりました。在宅時間が多い昨今、雨に打たれて生き生きと輝く青葉、若葉や花々にほっと安らぎを感じつつ、展示会会場へのお誘いです。

 コロナ禍の今ですが、文化のみち3館を巡る「産業の歴史パネル展」を開催出来る運びとなりました。毎年の展示会を“楽しみにお待ち頂いている方”も“そうでない方”にも、ひとときの和みと学びの時を共有したいと、ただ今完成に向け追い込み中です。(社会情勢に鑑みガイドは控えさせていただきます)
 町並み保存地区の中にある「文化のみち二葉館」・「文化のみち橦木館」・「旧豊田佐助邸」合同での展示会は初めての企画ですが、それぞれに関連した歴史、関わった人々を丹念に掘り起こしながらの作品です。講演会(要申込)、クイズラリーも用意しました。頭の体操を兼ねての参加はいかがでしょうか。
期 間:令和3年6月16日(水)〜6月27日(日)(月曜日休館)
時 間:10:00〜17:00(佐助邸は15:30まで) 
(二葉館、橦木館は有料(割引共通券あり)、佐助邸は無料)
(さらに…)

蔵王の森「片山神社」を訪ねて

「青空の 中に風吹く 薄暑かな (村瀬青々)
 薄暑(はくしょ)とは少し暑さを感じる頃、一年中で一番気候のいい季節であり、新緑が萌え、陽の光が急に強くなってくる頃です。肌をかすめていく風の心地よさを実感して、天狗伝説のある蔵王片山神社を訪ねてみました。

 片山神社は、かつては樹勢旺盛で蔵王の森と呼ばれ“蔵王さん”と親しまれていたそうです。伝説(昔話)によると江戸末期に天狗が住んでいたということで、これが今の神田明神のお囃子に繋がるという言い伝えです。そんな異空間を持つ境内の不思議を探ってみたく訪れました。境内を整備中の宮司さまからは貴重なお話も伺いました。

(さらに…)

徳川園のこのごろ「端午の節句」

 「せうぶさす 貧者がけぶり 目出度さよ(小林一茶)」
 5月5日は立夏、そして五節句の一つ「端午の節句(こどもの日)」です。
 端午の節句は、もともとは中国の行事でかなり古くに日本に伝わったようです。菖蒲や蓬(よもぎ)を軒に挿し、ちまき・柏餅を食べて邪気を祓う行事です。近世以降は男児のいる家では鯉のぼりをたて、甲冑や武者人形を飾り成長を祝う日となりました。現在は子どもの日として祝日になっています(第二次世界大戦後)。
 徳川園冠木門に「軒菖蒲(軒端の菖蒲)が飾られるとの情報を得、出掛けてみました。由来を学び伝統行事に触れる貴重な場に遭遇しました。

(さらに…)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.