「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

徳川園の花

徳川園のこのごろ

 清涼を求めて庭園内をゆっくり散策してみました。この日は丁度、人前結婚式も行われ、お福分けを戴けるという幸先の良いスタートとなりました。
 瑞龍亭近くでは、鹿威しやつくばいなどから流れ落ちる澄んだ水の音に癒され、茶室から一望できる龍仙湖、緑地保全地区の風景は、水彩画を思い出させてくれ、贅沢な寛ぎのひとときを作ってくれました。
 龍仙湖では水辺で戯れる鳥と錦鯉の動、スイレンの周りを静かに揺らす波の静、夏休みの最後を楽しむ子供の歓声があたりに響き渡っていました。そして里山ではスイフヨウが太陽に向かって大きく咲いていました。スイフヨウは、朝に白く咲き、時間とともにピンク色に変化し、夕方から翌朝にかけて赤くなって花を終えます。その色合いの変化は“酔っ払っている”ように見えることから酔芙蓉(スイフヨウ)と呼ばれています。
 大曽根の瀧から虎の尾に進むと、いつもは気づかない所から、チッチッチッ、ジィージィーと鳴く虫の音、遠くの瀧から流れる水も、この辺りではサラサラと流れるせせらぎに変わっています。街の喧騒を忘れ思わず足を止めてしまう、至福のひとときを過ごすことも出来ます。行き交う人々との自然に交わされる挨拶や「この花は何?」「静かね、心が休みますね!」と、会話を楽しみながらの散策もなかなか良いものですよ。訪ねた日は丁度雨の降った後でしたので、「足元に気をつけて!」の気遣いの声が交差する、嬉しい一コマもありました。
 虎仙橋には枝垂れアサガオが風に揺れていましたし、園内のあちこちで鉢植えの色とりどりのアサガオがお出迎えしてくれます。時にはゆっくり、じっくり味わいながらの初秋の散策も乙なものだと思いますがいかがでしょうか?
☆毎週金曜日13:00〜15:30(受付は15:00)まで、定時ガイドを行っております。お気軽にお声かけ下さい。

@CIMG5398湖面に茶室 @CIMG5383光悦灯籠とつくばい
水面との競演 光悦灯籠とつくばい
@CIMG5382スイレン鯉 @CIMG5374水辺
紋様を描いて 水音が心地よく
@CIMG5365スイフヨウ CIMG5408虎仙橋
穏やかな朝に・・ 静寂
@CIMG5394アサガオ鉢 @CIMG5298枝垂れアサガオ
一服の涼!? ゆるやかに揺れながら

徳川園あれこれ 銘板を訪ねて

高村光太郎“新緑の頃”の一節に「5月、6月の日本列島は隅から隅まで濡れて出たやうな緑のお祭・・」というくだりがあります。園内は萌え立つ新緑ばかり、まさに万緑の世界です。渡る風が次々と描く波紋、大曽根の瀧や龍門の瀧、虎の尾を流れるせせらぎと、負けずに躍動する水、緑と水の競演で最高のおもてなしをしてくれます。思いっきり深呼吸してみるのも良いのではないでしょうか?
龍仙湖では、今年孵ったカルガモの雛が、鯉と戯れたり、湖面を元気よく泳ぎまわり、来園者の方々の目を奪っています。「かわいい〜」の声にあっという間に人だかりが出来ています。最初は11羽いた雛も今は1羽しか見つけられません。大自然の厳しさを見せつけられるようでもあります。せめて、この1羽が元気に育つことを見守りたいと思います。薫る風、目に染みる新緑、そちこちからの水の音・・名跡、徳川園の今をお楽しみ下さい。

今回は、黒門から広場周辺をのんびり散策してみました。蝶、蜻蛉も初夏の空を舞っている、その視界に銘板が入ってきました。注目していないと通り過ぎてしまいそうですが、メーグルバス停に向かう道路脇に設置されています。明治以降の大曽根邸の変遷を伝えています。当時あったユウカリの木は今も蓬左文庫西南の角に残り、時代の移り変わりを今も見守っています。
蓬左文庫(注1)のエントランスホールは登録有形文化財(建造物)ですが、見学することも出来ます。書架は15000冊の古典籍を所蔵し、検索・閲覧することも出来ます。ここでは、過去から現在への変遷を文字で示してくれますよ。

☆当会では、毎週金曜日の午後1時から3時半(受付は3時)まで、定時ガイドを行っております。お気軽にお声かけください。

CIMG4248 CIMG4242新緑と瀧
彩りを添えて 苔も一役
CIMG4325  CIMG4300
鯉と仲良し? 親鳥に守られて
CIMG4157 CIMG4236
尾張徳川家の歴史が・・・ 蓬左文庫

徳川園のこのごろ 折々の花3”春爛漫”

新たな門出の時期に相応しく、桜も一番の見ごろを迎えています。普段、気づかない所に、思いがけず立派な桜が想像以上にあり、あちこちで存在を知らせています。若葉と一緒に、或いは新芽と前後して一斉に花を付け百花爛漫です。
徳川園も黒門から続く東海桜は満開、枝垂れ桜も咲き始め、園内は急激に明るくなったように思います。愛知県の木「ハナノキ」も鮮やかに咲いています。
山里周辺ではサンシュユ、ミツマタ、キクモモ・・・山のゾーンでは新緑に映える大曽根の瀧が際立ち、人気を集めています。海のゾーンに向かう小径では、ミヤマシキミ、フッキソウなどの可憐な花が語りかけています。龍仙湖周辺では、ロッカクヤナギの新芽が春風に踊っています。ボタン園では春の陽気に誘われて早くも咲き始めたボタン、ウンナンオウバイ、雪柳、枝垂れ桜、子福桜、白山吹などなどが、今を盛りと競っています。茶室からの展望も、最高のローケーションと相まって隠れた見所です。戸を開け放って景色と馥郁(ふくいく)たる香りに、至福の時を過ごされてはいかがでしょう。
4月9日(土)からは、当園一大イベント「ボタンまつり」が始まります。正に春爛漫・・・の今です。詳細はこちらからどうぞ

☆当会では毎週金曜日13:00〜15:30(受付は15:00)、定時ガイドを行っております。

CIMG3587東海桜 CIMG2209胞衣塚
満開の東海桜 胞衣塚も桜に抱かれて
CIMG2252子福桜 CIMG3397花の木
可憐な子福桜 県花、ハナノキ(3月末)
CIMG3615ミツマタ@ CIMG3721ミヤマシキミ
ミツマタ ミヤマシキミも道案内
CIMG3264サンシュユ CIMG2459ボタンと西湖堤27,4
サンシュユ ボタン(昨年の様子)

 

 

徳川園のこのごろ

2月19日は二十四節気の雨水で(注1)、お雛様を飾ると良い日とされているそうです。由来は諸説あるようですが、一つは日本神話からきているようで、日本書紀に出てくる罔象女神(みつはのめのかみ)は水神(注2)で、地方や地域によっては、子授けや安産の神として崇められていることからのようです。
因みに今、「文化のみち」では、ひな巡りスタンプラリーが行われ、スタンプを集めるとお雛様の台紙が完成します。各所で趣向を凝らしたお雛様が待っていますので、是非お楽しみください。
徳川園に於いても、黒門口、瑞龍亭、四睡庵など・・で可愛いお雛様が、そっと皆さまとの出会いを待っていますよ。見つけてくださいね。
そして、あちらこちらでも、春の息吹が感じられるようになってきました。里山では白梅が見ごろを迎え、福寿草もそっと咲き始めました。四睡庵北側では、白芯卜伴(はくしんぼくはん)、岩根絞りなどの椿が静かに咲いています。気づかずに通り過ぎてしまいがちですが、大曽根の瀧からの階段脇には樒(しきみ)の白い花が楚々と咲いていますし、足元に目を凝らすと、逞しい草花の新芽を見つけられると思います。
最近、“今日はゆっくり散策したくてきました”の言葉を多く聞きます。日常の喧騒から離れたい、自然の中で静かにひとときを過ごしたい、という願望が強いのでしょうか。時には、そんなまったり・・ゆったりの時を過ごされてみてはいかがでしょう。
当会では毎週金曜日、13:00〜15:30まで園内ガイド(無料)を行っております。お気軽にお声かけください。

CIMG3089瑞龍亭雛 CIMG2898スタンプラリー
瑞龍亭のお雛様 スタンプを集めると・・・
CIMG2884青軸 CIMG3084露地
白梅 露地で仲良く紅白梅
CIMG3099白芯卜伴 CIMG2873岩根絞り
白芯卜伴 岩根絞り
CIMG3102福寿草 CIMG3086ゴモジュ
福寿草 御門樹(ゴモジュ)

注1:雪が雨に変わり、春に向かっていく節目。昔は雨水をさかいに農作業の準備を始めた
注2:雪解け水が流れる川は昔、女性たちが炊事や洗濯をしに集まる場所で、その水は「生命を支えて育てる」という根源でもあり、信仰の対象でした。罔象女神は日本の代表的な水の神様で、水=母神と考えられていた

徳川園のこのごろ

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

黒門の前には門松、しめ縄(注1)が飾られ、その圧倒的な存在感は流石と言わせるものがあります。徳川園の門松は、徳川家康が始めたといわれる「そぎ(注2)」の入った竹と笹、そして松(左右に雄松と雌松)、梅結び(注3)というシンプルなものですが、それでいて、思わず襟を正させるものがあります。
園内は、2日から「徳川園のお正月」が開催されましたので、お福分けをいただこうと出かけてみました。2日には福引きとお汁粉が振る舞われ、龍門の瀧では、新春の運試し「難関突破の沢渡り」が行われました。老若男女、とりわけ受験生が果敢に挑戦し、見事に渡り切ると、難関突破証明書が手渡され、周囲からは温かい拍手と歓声が上がりました。
3日には、新春万歳(尾張万歳 注4)が開催され、門付け、御殿万歳、獅子舞、そして今年は新作も披露され、会場は笑いの渦に包まれました。
また2日からは冬ボタンまつりも始まり、例年に無い穏やかな陽ざしの中、藁囲いに抱かれ花の王様は、気高く咲き誇っていました。「冬牡丹 千鳥よ 雪のほととぎす 蕪村(注5)」の一句を思い出しました。雪の中で見る牡丹も風情がありますが、遠からず寒波がやって来るのかも知れませんね。牡丹まつりは2月21日(日)まで開催されています。
この一年が、皆さまにとって幸せな一年となりますようお祈り申し上げます。
☆当会は、1月5日(火)からご案内を始めさせていただきます。皆さまのお越しをお待ちしております。

CIMG2250 CIMG2251 CIMG2286
荘厳に 梅結び 茶室も新春の装い
CIMG2309 CIMG2292 CIMG2279
気品を漂わせ 居並ぶ姿は・・ 難関突破証明書が・・
CIMG2459 CIMG2476 CIMG2516
尾張万歳 獅子舞 勢揃い

注1:注連縄また標縄とも書き、神事に神聖な場所と下界を区別すために張る縄。新年に悪気が入らないよう家の出入り口に張ったりする。万葉集に標縄の例が見られる(言語由来辞典)
注2:金城温古録によれば、家康が唯一敗北した三方ヶ原の戦いで、武田信玄に対して次は斬るという念が始まりといわれている。
注3:梅の花を縄で結んだもの
注4:尾張万歳は、長母寺の住職であった無住国師が、仏教を説いて万歳を作り、分かり易い言葉にして歌えるようにしたのが始まりといわれている。江戸時代から正月や祝い事の席で演じられてきた。当時の尾張徳川家大曽根邸内(現在の徳川園)で演じられたという記録もある
注5:その意味は「冬牡丹が咲き、遠くには千鳥の声も聞こえる。牡丹は本来夏の花であるから、あの千鳥の声も珍しい雪中のほととぎすに聞きなされることよ」

« 1 2 3 12 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.