「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

花情報

佐助邸あれこれ

 師走という文字どおり12月は、あっという間に過ぎようとしています。恒例になった、一年の世相を漢字一文字で表す漢字は「金」が選ばれました。オリンピックでの金メダルラッシュやアメリカ大統領の「金」髪、首都の金銭をめぐる話題などからだそうです。

 私どもの身近にある「金」からの連想で最初に浮かんだのは、佐助邸の襖です。見事な襖絵が各部屋に設えられており、佐助邸の見所の一つです。豪華絢爛ではありませんが、落ち着いた佇まいは往年の佐助さんを彷彿とさせてくれます。奇しくも今年は洋館築後百年を迎えた年でもあり、記念展示も開催されるなど、節目の年でもありました。特に洋館二階にある襖絵には多くの方々が関心を寄せられ、時に感嘆の声も聞かれました。洋と和の織りなす微妙な調和が、独特な空間をつくり出し、それぞれの思いを拡げているように思えました。

 また和館にある襖と取っ手、欄間の調和などを、時にはじっくりとご覧いただくのはいかがでしょう。年齢層ごとに「懐かしいなあ」と正座してゆっくり味わう人、側に寄って「すごいねえ」とじっくり観賞する人、それぞれの感慨も違うようですが、想いは古き良き時代へと繋がっているようです。

 そんなことを考えながら、当会の今年の漢字は何だったろう?「超、挑、進、・・?」と思いを巡らせています。当会も時代の波に乗り遅れないように学びの場の充実、新たなITへの挑戦など・・に取り組み、切磋琢磨し、たとえ僅かでも前進したいと思っています。

☆佐助邸では、「火・木・土」10時から15時30分まで、ガイド係が常駐し、ご案内をさせていただいております。お気軽にお声掛けください。

cimg3835%e6%b4%8b%e9%a4%a8%ef%bc%92%e9%9a%8e cimg6593%e5%8f%96%e3%81%a3%e6%89%8b
  欄間との見事な調和   重厚さを演出
cimg54752%e9%9a%8e%e8%a5%96 pb290648%e5%9c%b0%e8%a2%8b
  部屋を際立たせて   地袋(楚々と・・)
cimg5910 cimg5913%e8%b1%8a%e7%94%b0%e5%ae%b6%e3%82%b0%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%9f%e3%83%aa%e3%83%bc
  築後百年展示(建物)   歴史を紐解いて
cimg6480 cimg6580
  ピラカンサの花と実   庭園の装い

秋の彩りを求めて

 桜紅葉(さくらもみじ)という言葉をみなさんはご存知でしょうか?桜って紅葉するの?そんな素朴な疑問から・・・晩秋の町を散策してみました。
 名古屋市内で最初に咲くと言われている「オオカンサクラの並木(注1)」、桜は春のものと思いきや、秋にも見事に色づいていました。鮮やかな原色と言うわけにはいきませんが、折からの風にも負けじと多くの葉が揺れていました。「紅葉の 色きわまりて 風を経つ 」(蕪村) の句のような鮮やかな紅葉(もみじ)、イチョウ並木の黄葉(銀杏黄葉)に目を奪われがちですが、少し視点を変えて散策してみると、初紅葉(はつもみじ)、草紅葉(くさもみじ、注2)、満天星紅葉(どうだんもみじ)・・・など日本の美しい言葉の主に出会うことができます。そして足元でも色が織り成す新しい世界を発見することもできます。路の片隅でひっそりと、そして美しく色づく雑草の営みにしばし目を奪われていました。
 友人から落ち葉「袢纏木(はんてんぼく)」の名を聞き、思わず葉を手に拾いあげていました。葉の形が袢纏に似ていることから命名されたユリの木の別名ですが、なるほどと納得、そして感心することしきりでした。ユリの木には、まだまだ他の呼び名もあるようです、みなさんでもお楽しみください。
 季節の微妙な変化、絶妙な呼称、深まりゆく秋、人の感性に一番フイットする時節なのでしょう。 喧騒の中で過ぎる日常ですが、時には心静かに立ち止まって、過ごしてみてはいかがでしょう。

cimg6547%e6%a1%9c%e7%b4%85%e8%91%89%e3%80%81%e6%a1%9c%e4%b8%a6%e6%9c%a8 cimg6215%e5%85%ac%e5%9c%92
  桜紅葉(桜並木)   公園を色取って・・
cimg6552%e6%ba%80%e5%a4%a9%e6%98%9f%e7%b4%85%e8%91%89 cimg6573%e8%8d%89%e7%b4%85%e8%91%89
     満天星紅葉       草紅葉
cimg6575%e8%a2%a2%e7%ba%8f%e6%9c%a8 cimg2224%e7%89%87%e9%9a%85%e3%81%a7
   袢纏木も一役    見事なコントラスト

注1:東区泉2丁目と3丁目を隔てる南北の道路 
注2: 雑草類など草木類の紅葉

徳川園のこのごろ

 日本各地から色鮮やかな紅葉の便りが発信されますが、紅葉とは葉にとって散っていくための準備のようです。紅葉の盛りに、色づいた葉が、ハラハラと散る・・・その風情を「紅葉(もみじ)且つ散る」というのだそうです。 
 徳川園は、今、正にその姿が園内のあちこちで見られます。青空に透ける赤・橙・黄・緑・・・、そして複雑な色合いが人びとの目を楽しませ、思わず手に取ってしまうほどの鮮やかさです。

 そんな華やかな彩りの中、薄桃色の可憐な「子福桜」が花を付けていたり、サザンカや寒椿が遠慮がちに咲き始めました。立ち止まってゆっくり眺める人、家族写真を撮る人などなど、園内は夕暮れとともに賑わいを見せておりました。この日は、夜間開園(27日で終了)が開催され、老若男女が点灯の瞬間を待ちわびておりました。そして点灯されたほのかな灯りは幽玄の世界を作り出し、見事なまでの光のコラボレーションに感嘆の声が上がっていました。
 今年は瀬戸市立祖母懐小学校児童の「陶の灯り」の作品が温かく足元を照らしてくれていました。ホッと和む傍らで、一つひとつを鑑賞しながらの談笑される姿が、平穏と平和を象徴しているようで、とても印象的でした。

 昼夜を問わず湖面に描かれる芸術作品は、人びとを郷愁の世界へと誘ってくれます。園内各所で見られる照り映える照紅葉(てりもみじ)を眺めながら、去りゆく秋を楽しんで下さい。
 当会では、毎週金曜日13時から15時30分(受付は15時)定時ガイドを行っております。お気軽にお声かけ下さい。 

cimg6208%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88 cimg6149%e9%be%8d%e9%96%80%e6%a9%8b%e3%81%8b%e3%82%89
    趣の薄紅葉     水との競演
cimg6193%e6%b0%b4%e9%9d%a2%e3%81%ab%e3%82%86%e3%82%8c%e3%81%a6 cimg6187%e5%ad%90%e7%a6%8f%e6%a1%9c%e3%81%a8%e7%81%af%e7%b1%a0
     自然の美   子福桜も一役かって
img_0275%e7%81%af%e3%82%8a%e3%81%ae%e6%bc%94%e5%87%ba img_0301%e6%9a%96%e8%89%b2
   幽玄の世界へと    暖色の「陶の灯り」

 

歩こう文化のみち 報告

 今日(11月7日)は立冬です。東北・北海道からは雪の便りも聞かれるようになり、大自然は猛威をふるう傍ら、着実に四季を刻んでいきます。
 去る11月3日(木・祝)に開催された「歩こう文化のみち」は、久しく無かった雲一つ無い好天にも恵まれ、大勢の人々がスタンプラリーや、各所で開催されたイベントを心ゆくまで楽しまれたようです。
 当会でも「旧豊田佐助邸洋館築後百年記念」「東区の見所」の展示を行いましたが、老若男女、数多くの方々がお越しになり、去りゆく秋のひとときを、ゆっくり過ごされていました。会員にご質問をいただく場合もあり、会員の説明に納得される光景もあちらこちらで見られました。真剣な眼差しは、見学より必死に勉学される姿そのものでした。
 大正浪漫を懐かしんでおられるような年配の方、豊田家の系譜に関心を深めて見えるような方、東区の貴重な建造物に接して、やっぱり“大切に保存して欲しいわ”と共感してくださる方と、思い入れや見方は人それぞれのようでしたが、活気あふれ笑顔いっぱいの会場でした。素敵な出会いから発展し、楽しい交流の場となったようでもありました。
 アンケートにも快く応じてくださり、この企画をして良かったなとしみじみ思った一瞬でした。この場で頂いた一つひとつのご意見を大切に、今後の活動に活かしていきたいと思います。
 小学生のお子さんからは、「お家の中が迷路みたいで面白かったよ」と意外な感想があったり、縁側で休憩される方もおられ、それぞれの方が気の向くままに過ごされた楽しいひとときでした。
 毎年、和室で繰り広げられていた尾張万歳は前評判も高く、先刻ご存知の方々は開始するずっと前に座って待機されていました。更に太鼓の音に誘われて詰めかける方で、たちまち満員御礼!「門付万歳」「御殿万歳」「三曲万歳」での太夫と才蔵の掛け合いに拍手と笑顔、時々起こる爆笑に“福”をいただけたのではないでしょうか。
☆旧豊田佐助邸洋館築後百年記念展示は12日(土)まで開催しております。当時の建築に触れてみられてはいかがでしょうか。会員一同、皆様のお越しをお待ちしております。

%ef%bc%a0cimg6000%e5%ba%83%e9%96%93 cimg5964%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88
   記念展示ガイド    アンケート協力・・
%ef%bc%a0cimg5934%e6%98%a5%e7%94%b0 %ef%bc%a0cimg6014%e5%a4%a7%e5%ae%ae%e6%95%99%e4%bc%9a
   旧春田邸ガイド      教会ガイド
cimg6020%e7%99%be%e8%8a%b1%e7%99%be%e8%8d%89%e5%a4%a7%e6%a9%8b %ef%bc%a0cimg6032%e6%9e%97%e4%ba%8c%e8%91%89
   百花百草ガイド    二葉館ガイド
cimg6070%e5%b0%be%e5%bc%b5%e4%b8%87%e6%ad%b3 %ef%bc%a0cimg5954%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%b3%e3%83%93%e3%83%aa%e3%82%a2150%e5%b9%b4
笑いの渦が・・(尾張万歳) 150年のブーゲンビリア

徳川園のこのごろ

 清涼を求めて庭園内をゆっくり散策してみました。この日は丁度、人前結婚式も行われ、お福分けを戴けるという幸先の良いスタートとなりました。
 瑞龍亭近くでは、鹿威しやつくばいなどから流れ落ちる澄んだ水の音に癒され、茶室から一望できる龍仙湖、緑地保全地区の風景は、水彩画を思い出させてくれ、贅沢な寛ぎのひとときを作ってくれました。
 龍仙湖では水辺で戯れる鳥と錦鯉の動、スイレンの周りを静かに揺らす波の静、夏休みの最後を楽しむ子供の歓声があたりに響き渡っていました。そして里山ではスイフヨウが太陽に向かって大きく咲いていました。スイフヨウは、朝に白く咲き、時間とともにピンク色に変化し、夕方から翌朝にかけて赤くなって花を終えます。その色合いの変化は“酔っ払っている”ように見えることから酔芙蓉(スイフヨウ)と呼ばれています。
 大曽根の瀧から虎の尾に進むと、いつもは気づかない所から、チッチッチッ、ジィージィーと鳴く虫の音、遠くの瀧から流れる水も、この辺りではサラサラと流れるせせらぎに変わっています。街の喧騒を忘れ思わず足を止めてしまう、至福のひとときを過ごすことも出来ます。行き交う人々との自然に交わされる挨拶や「この花は何?」「静かね、心が休みますね!」と、会話を楽しみながらの散策もなかなか良いものですよ。訪ねた日は丁度雨の降った後でしたので、「足元に気をつけて!」の気遣いの声が交差する、嬉しい一コマもありました。
 虎仙橋には枝垂れアサガオが風に揺れていましたし、園内のあちこちで鉢植えの色とりどりのアサガオがお出迎えしてくれます。時にはゆっくり、じっくり味わいながらの初秋の散策も乙なものだと思いますがいかがでしょうか?
☆毎週金曜日13:00〜15:30(受付は15:00)まで、定時ガイドを行っております。お気軽にお声かけ下さい。

@CIMG5398湖面に茶室 @CIMG5383光悦灯籠とつくばい
水面との競演 光悦灯籠とつくばい
@CIMG5382スイレン鯉 @CIMG5374水辺
紋様を描いて 水音が心地よく
@CIMG5365スイフヨウ CIMG5408虎仙橋
穏やかな朝に・・ 静寂
@CIMG5394アサガオ鉢 @CIMG5298枝垂れアサガオ
一服の涼!? ゆるやかに揺れながら

« 1 2 3 4 24 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.