「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

花情報

徳川園のこのごろ 新年を迎え

 あけましておめでとうございます。

 今年は「亥(己亥)」年です。亥はいのししの象形文字からで、根ざす、きざすという意味があるようです。諸説あるとは思いますが、ある文献には「本来の十二支は動物ではなく植物の生長の様子を表すもの」であったと書かれていました。田の神、作物の神とも言われているようです。亥は十二支の最後なので、植物の生命力が種子の中に閉じ込められ、いずれ果実になる状態で、何か起こることの予感される年でもあるそうです。私共も、大きく変遷する社会情勢を見据えながら、培った基盤を大切に、更なる飛躍への足がかりとなることを願い皆様への発信を心がけていきたいと思います。本年もどうぞよろしくお願い致します。「一人はみんなのために みんなは一人のために」
(さらに…)

徳川園のこのごろ

 花芽を付けた後に色づき枯れた葉を落とす、この自然の営みに感動します。樹木の冬支度が着実に行われ、この環境に適さないソテツなどには、菰巻により来たるべき冬への準備が進められています。先日は実際の菰巻の現場に遭遇、折良く来園された方々も職人さんの「あ・うん」の呼吸と、見事な匠の技に感嘆の声が上がっていました。
 龍仙湖畔と紅葉とのコラボは絶妙ですし、その近くでは「子福サクラ」が可愛い花を付け、風花(注1)のようで冬の時期を彷彿させてくれます。
 ハクサンボクや千両、万両、十両(ヤブコウジ)などの赤い実が人々を優しく見守ってくれていますし、白色の百両の実が、師走の風に揺れ足元で踊っています。探してみてくださいね。
(さらに…)

寺社探訪9 片山八幡神社 標札

 小雪(しょうせつ)も過ぎ、「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」と言われるように街路樹が、赤・黄・橙・・の絨毯を敷きつめています。枯れ葉の舞う音を楽しみながら、片山八幡神社に「標札」が設置されたと聞き訪ねてみました。「標札」は本殿横に狛犬と仲良く並んで設置され、狛犬もちょっと得意顔に見えました。

 片山八幡神社は戦国時代に焼失し、頽廃した時代を経て元禄8年(1695)に尾張二代藩主光友が再興しました。その理由は名古屋城の鬼門(北東)に当たるためだそうです。平成8年からは、神輿行事も光友公の諡号「瑞龍院」から“瑞龍みこし“が始まり、今年も市内最大級の神輿行事が執り行われました。時には、ゆっくりと歩を進めてみて下さい。
(さらに…)

「生涯学習まつり2018」 報告2

 去る11月17、18日(土、日)両日、東生涯学習センターに於いて、「生涯学習まつり」が開催されました。秋の恒例行事として毎年開催されているものですが、日頃の活動の結晶の展示や、諸々の発表が行われました。特に体験コーナーは、どのブースも大いに盛り上がり活気に満ちておりました。食欲の秋は健在で、秋の味覚「炊き込みご飯」には行列が出来ていました。

 当会は、本年が明治150年であたることから「東区ゆかりの偉人・賢人・有名人」のパネル展示、更にサイコロで「偉人・賢人・有名人を探せ」で楽しんでいただける工夫をしたり、日頃の活動エリアの紹介展示をしました。展示は、毎年楽しみに来てくださる方、「初めて知ったよ」と熱心に読まれる方、ガイドを受けて納得される方と観賞方法は様々ですが、実り?の秋を満喫していただけたように思いました。
(さらに…)

町ある記 「さりゆく秋」

 空の色や雲の表情にも秋の気配を感じ、ピリッと緊張感漂う外気に誘われて”まちあるき”をしてみました。
 「わたつみの豊旗雲に入日射し、今夜(こよひ)の月夜(つくよ)さやけかりこそ 」(天智天皇、万葉集)に詠まれているように、春とは異なる景色、雰囲気を愛でてみるのも一興ではないでしょうか。

 今年は酷暑の夏の影響か、木々の葉の傷みが酷いように見受けられ、紅葉の進み具合も少し乱れているように感じます。それでも確実に深まる秋を演出する自然には脱帽です。 “真っ青な空”と“たなびく雲”が晩秋を告げています。足元の草花は、過ぎゆく秋と一緒に、夏の名残りも同居、来たるべき冬に備えているようです。季節の移ろいを、実感されるのは如何でしょうか。
(さらに…)

« 1 2 3 4 32 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.