「東区文化のみちガイドボランティアの会」が名古屋市東区「文化のみち」の魅力を紹介します
ブログ

活動の様子

名古屋東照宮を正式参拝しました

 本年4月頃、名古屋東照宮を訪れた際、御本殿が近いうちに補修工事に入ることを伺い、さらに工事着手前に内部を拝見させていただけることになりました。
 そして去る5月22日(月)、名古屋東照宮を正式参拝する機会に恵まれ、その上、宮司様から名古屋東照宮の起源や、東照宮御鎮座400年記念にいたる歴史などについて、詳細に且つ具体的に大変貴重なお話しを伺うことができました。

 名古屋東照宮の創建は元和5年(1619)に尾張徳川家初代藩主、徳川義直により名古屋城三之丸に社殿を創建された。創建当時の建物は国宝であったが、戦災に遭い消失してしまい現在の本殿は、義直公の正室高原院殿(春姫様)の霊廟(注1)を移築したものであることなどのお話しを伺うことが出来ました。 

 境内に入ると、先ず手水舎で身を清め、ご本殿へご案内いただきました。
ご拝殿においては、宮司様のご指導、ご指示に従い神事は厳粛な雰囲気の中で執り行われました。
 拝殿内の随所に浅野家(春姫様の実家)の家紋が刻まれていることも初めて知ることでした。初めて見るその荘厳さにただただ感嘆するばかりでした。
 内陣の天井画は狩野探幽派の絵師の作品であり、室内に施された彫刻の一つひとつに当時を彷彿とさせるものがあり、その見事な彩色に往時を偲ぶことができ、貴重な体験にもなりました。

 「名古屋祭」は東照宮創建の1年前(1618)、名古屋城の一角で家康の三回忌を祀ったことから始まりました。のちに魂を御輿に移し、元和6年(1620)御旅所を、若宮八幡社の北に設け神幸行事を行ったのが始まりとのことです。この神幸行事が山車祭のルーツであるとのことでした。戦前は、各町内から9両の「からくり山車」が出て、名古屋の町を練り歩く盛大な祭礼だったそうです。
 1輛目が東照宮に着いたとき9輛目はまだスタートしていなかったという逸話も残っているそうです。残念ながら、この山車も戦災で焼失し、現在は神事のみが残り、毎年4月16日舞楽奉納,翌17日(注2)に大祭が行われています。16日に行われる舞楽は、幽玄の世界へと誘ってくれるほどの舞が奉納されます。必見の価値はあると思います、是非一度ご覧ください。

 壮大な歴史の変遷や当時の生活を偲ぶ貴重な研修の場となりました。宮司様から濃やかなご配慮を頂き、そして多くを学ぶことが出来たこんな機会をいただけましたことに、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
(東照宮の栞参照)

   名古屋東照宮    正式参拝の様子
 内陣天井画(狩野派作)      小組天井
  随所に浅野家の家紋   当時の山車祭の様子
 
 東照宮御大祭(舞楽奉納)  東照宮御大祭(舞楽奉納)

注1:慶安4年(1651)建立。昭和35年県重文に指定
注2:家康の命日

東区・街並み 今とむかし展示 報告

 つい先日の大型連休中に展示の場は設けられましたが、老若男女、多くの方々に立ち寄っていただき、その場でも「今とむかし」をめぐる人間模様が写し出されていました。

 ナゴヤドームでは野球の試合があり、ある有名なグループのコンサートが開催されていたようで、地下鉄駅から続く通路には人が溢れ、思いもよらない光景が写し出されていました。休日の楽しみ方は、各人様々でまさに“みんな ちがって みんないい”ですね。

 東文化小劇場で開催されている公演「戦後を語り継ぐ第4弾「約束」」の観劇後に立ち寄って行かれる方は、興味深げに丹念に作品を読まれ、当時を偲んでおられるようでした。また親子連れの方は、昔の様子を優しくそして懐かしそうにお話され、お子様は「え!路面電車が・・・」「ここはどこ?」と興味津々の様子でした。展示の場は温かな空気が漂い、歴史を伝える恰好の場となっていました。このようにして、次の世代に伝承されていくんだなと実感しました。

 当時からずっとこの近くにお住まいという方から、昔の様子や変遷を詳しく伺うことができました。その急激な変貌の様子を伺うにつけ、或いは小学校の変遷を尋ねられたり、建物の写真を見て、この場所は何処ですか?との質問を受ける度に、会話を楽しみながらも、大きな宿題をいただくこともありました。またまた貴重な学びの場を体験することができました。

 この展示を見ている内に大きな気づきもありました。展示物を作成した後にも幾つかの変化があること知りました。伝承と共に、まだまだ見逃せない“今“があること、永い歴史の中では小さな出来事も全てに意味があることを知りました。理由は地震対策であったり、高齢化であったり、建物の耐久性の問題であったりと千差万別ですが、「相田みつお」の言葉にもありますが「今を大事に」していきたいと痛感した展示会でした。皆様からいただいたアンケートを活かし、今後の活動に繋げて行きたいと思います。貴重なご意見ご感想ありがとうございました。

  展示作品の数々・・   時空間を移動?! 
   会話も弾んで    作品に見入って
     道案内?!     天に向かって

豊田佐吉生誕150年 見学会

 当会の常駐する旧豊田佐助邸は、佐吉の弟の住まいで、兄佐吉を側面から支えた豊田綱領の一つ、「華美を戒め、質実剛健たるべし」の言葉の如く、決して派手さはないが、良い材料を使い入念な仕事がされており、至る所に佐助さんの人柄が偲ばれる建物です。
 来邸者をご案内するときは、当然の如く発明王である長兄、佐吉氏のお話をすることがしばしばあります。そこで今回は「佐吉生誕150年」という節目でもあり、しっかり学ぶには相応しい機会と捉え、生家でもある湖西市にある「佐吉記念館」と、名古屋市西区にある「トヨタ産業技術記念館」での研修・見学会を実施しました。

 去る3月中旬に訪問した生家では、有名なことば「障子をあけてみよ 外は広いぞ」のモデルとなった立派なお庭を拝見させていただくこともでき、当時を垣間見られた思いがしました。展示室での発明の過程や、失敗を恐れずに夢を追い続けた強い信念に胸を打たれました。特にこのご案内がとても素敵で、丁寧で分かりやすい説明に「なるほど!」と感心することしきりで、多くの「気づき」をいただけたことでも大変意義ある見学会となりました。

 また4月19日には、トヨタ産業技術記念館で特別展が開催されており、佐吉氏の志と努力の足跡、そしてそれを支えた多くの人びとを知る貴重な場となっています。
 さらに、歴史的に評価された赤煉瓦の建物を遺産として保存していること、自動織機の発明に取り組んだ豊田商会事務所、豊田グループ館等などをご案内いただきました。初めて見聞きすることも多く、また「そうだったんだ!」と感銘を受ける場面もあり、学ぶべきことの大切さを痛感させられることばかりでした。この特別展では、日頃は見られない愛用の鞄などゆかりの品々の展示もあり、佐吉氏の人となりを知る良い機会となりました。
 一つ一つの積み重ねが、今後のガイドの一助になるといいなあと思った貴重な一日でした。

 ☆「東区・街並み 今とむかし(注1)」・「トヨタグループを支えた人たち」“グレートファミリー豊田家の歩み”の展示も同時に行います。皆様のお越しをお待ちしています。
注1:日時 4月25日(火)〜5月7日(日)10:00〜16:00
   場所 市民ギャラリー矢田 (こちらからもご覧いただけます

   佐吉記念館を訪ねて  佐吉の生家(復元)   
産業技術記念館見学会の様子    豊田商会事務所
   150年特別企画展   佐吉の志を辿って・・・

文化財を訪ねて・・文化のみち二葉館

 国の「登録有形文化財」に登録されている「文化のみち二葉館」において、「ふたばの日(注1)」の催事が開かれました。このイベントも今年で12回目となり、朝早くから長蛇の列ができ、皆さんの関心の深さを窺い知ることができました。
 館内では、貞奴さん愛用の雛人形や着物コレクションに、感嘆の声が聞かれ、興味津々の様子でした。「これは?」「すごいねえ!」「手書き?えっ本当なの」などの感嘆の声があちこちで聞かれ、しばしば人だかりが出来ていました。こんな状況の下、当会メンバーのガイドは一層熱を帯びているようでした。

 大広間で行われた「和三昧」では、名古屋の伝統芸能「正調名古屋甚句」の中、本邦初公開となる貞奴さん愛用の三味線で「貞奴甚句」が演奏されることを知ると、会場からは一斉に歓声が沸き上がりました。フッと貞奴さんの姿がダブったのは私だけでしょうか?

 舞踊ではしっとりと舞う姿に魅了され、落語の語り口に大きな笑いの渦が波打っていました。「マリンバ」演奏では、明るく楽しいメロディに老若男女が拍子を取りながら、楽しまれる様子はとても微笑ましく、皆さんの笑顔が印象的でした。和と洋の素晴らしいコラボレーションに、誰もが至福の時を過ごされたのではないでしょうか。

 また、3月26日まで「没後10年 エッセイから読み取る素顔の城山三郎」展を開催しております。普段見られない資料やゴルフ道具なども展示され、新しい城山三郎さんに会えるかもしれませんよ。

 3月11日には、名古屋で最初に咲くといわれる桜並木を楽しむ企画「早咲き!桜みちまつり2017」も開催されます。一歩一歩、春の足音が近づいてきているのでしょう、「はる」の響きに、肌を刺す風も心なしか和らいできているように感じますが、いかがでしょう!!
 二葉館の歴史やイベント詳細についてはこちらからご覧ください。

CIMG7001列 CIMG7026格式の高い一揃え
  早くから列が・・・   格式の高い一揃え
CIMG7003羽織 CIMG7120満員御礼?!
     羽織と帯    満員御礼?!
CIMG7092貞さんの三味線 CIMG7099端唄
 貞奴愛用の三味線紹介     端唄・甚句演奏 
CIMG7111舞踊 CIMG7078落語
    妖艶な舞   笑いの渦が・・・

 注1:平成17年(2005)2月8日開館。会館の愛称「二葉」と語呂が合うことから「ふたばの日」として毎年催事を開催している

 

 

 

 

文化財を訪ねて 「愛知県庁本庁舎」

 大寒(1月20日)も過ぎ一年でも一番寒い頃となり、冷気のみでなく肌を刺す伊吹おろしが厳寒を印象づけています。そんな寒波に負けまいと、当会の熱気溢れる見学・研修会を国指定重要文化財でもある「愛知県庁本庁舎」で行いました。

 県庁舎は、名古屋城、市役所(注1)と共に観光客の人気スポットで、これらが隣接し建ち並ぶ景観は見事で、思わずシャッターを押したくなると思います。

 この愛知県庁本庁舎、外観は城郭風の屋根を載せた帝冠様式で一際目を引き、外壁は白の花崗岩貼、黄褐色のタイルの使用は愛知県が陶磁器どころであるいうことを示しているのだそうです。何気なく見ていた建物が、本当は愛知県を象徴するに相応しい格調高い建物であったことを知り、感銘を受けつつ納得しました。
 正面玄関には一般的に見られる中央階段はなく、一瞬目を疑いましたが、これは執務の利便性に重きを置いたもので、「日の字」になっているということでした。整然と置かれているものの細部に目を向けると、どれもが一工夫されていることを実感出来るのではないでしょうか。ご案内してくださる職員の方からの濃やかな説明の一つ一つを噛みしめながら、「ここにはどんなことが隠されているのだろう?」と期待は膨らみ、いつしか必死に聞こうとしている自分がいました。
 議場では議長や議員の気分を味わい、正庁の今昔(注2)の詳細を知り、その昔を想像してしまいました。知事室は竣工当時からこの場所にあり、天井や柱上部には花や植物などの装飾が施されていました。また防災対策本部では、県民のための様々な取り組みを丁寧に説明いただき、今問題提起されている「東南海沖地震」への不安も少し軽減したような気がしました。県民の安心、安全を考え、目立たない所で続けられている真摯な努力を垣間見た思いがしました。
 創建当初から変わらぬ外見、その中で新たなものへ懸命に取り組む姿がある美しい建造物であることを実感しました。

@CIMG6815正面 @CIMG6871屋上から @CIMG6869市庁舎、県屋上から
  愛知県庁舎    屋上から  屋上から(市庁舎)
@CIMG6909知事室 @CIMG6825議場 @CIMG6845防災対策本部
  知事室   議場    防災本部
@CIMG6897創建当時の丸窓と窓飾り @CIMG6887壁の彫刻飾り文様 CIMG6920正面玄関から
 丸窓と窓飾り   彫刻飾り  正面玄関から

注1:市庁舎の様子はこちらからもご覧いただけます
注2:創建当時は正庁でしたが、平成14年から26年は災害対策本部として使用、その後自治センターにその機能が移され、平成27年に正庁へ復活した

1 2 3 15 »

開館日とガイド実施時間

◆旧豊田佐助邸
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~15:30
ガイド常駐日:火、木、土
◆文化のみち二葉館
月曜日休館(祭日が月曜日なら翌日)
開館時間: 10:00~17:00
定時ガイド: 火、木、土
10:45、13:20の2回
30~40分
◆徳川園
月曜日休園
開園時間: 9:30~17:30
定時ガイド: 金曜日
13:00~15:30

投稿月別記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.